1. トップ
  2. エンタメ
  3. 韓国、日本とプレミア12同組に「今回は奇妙な日程ではない」と反応…なぜ?「スポンサーの力が…」

韓国、日本とプレミア12同組に「今回は奇妙な日程ではない」と反応…なぜ?「スポンサーの力が…」

  • 2024.4.19
  • 6420 views

今回は、日本を訪問してすぐ台湾に向かう日程はなさそうだ。

世界野球ソフトボール連盟(WBSC)は4月18日(日本時間)、今年11月に開催する第3回プレミア12の組み分けを発表した。

韓国は日本、台湾、キューバ、ドミニカ共和国、オーストラリアと同じグループBに入った。

グループBの試合はほとんど台湾で行われるが、1試合だけ違う。開幕戦のみ、日本で行われる。

来る11月13日、バンテリンドームナゴヤで日本対オーストラリアの開幕戦が行われる。

残りの試合は、11月14~18日に台湾の台北ドームと天母棒球場で行われる。WBSCは「詳細日程は追って発表する」と発表した。

2019年大会は“千葉ショック”も…

今回の発表を受けて思い浮かんだのが、2015年の初代大会だ。

当時、韓国は札幌で日本との開幕戦を戦い、すぐ台湾に移動したことがある。

韓国側は日程に不満を持っていたが、仕方なかった。

とある人物は「スポンサーの力」と言っていた。多数の日本企業がスポンサーとして乗り出したためだ。

奇妙な日程ではあったが、韓国は動揺せずに初代優勝国へ上り詰めた。

当時、まだ21歳の大谷翔平を前面に押し出した日本が優勝を狙っていた。「既定事実」と見て“MVP”大谷に合わせて準備までした。

しかし、準決勝で韓国が日本相手に大逆転ドラマを描き、決勝に進出した。そして、決勝ではアメリカを破り頂点に立った。MVPはキム・ヒョンスだった。

2019年の第2回大会は準優勝に終わった。

この時は韓国も開催国で、高尺(コチョク)スカイドームは試合でも使用された。当然、海外で予選は行わなかった。「おかしな日程」もなかった。

当時はスーパーラウンドで台湾に0-7で敗れる“千葉ショック”を経験するなど、厳しい日程を消化した。

それでも最後まで勝ち進み、決勝では日本に3-5で敗れた。初回に3点を入れたが、さらなる追加点はなく逆転を許した。

プレミア12
(写真提供=Penta Press/アフロ)2019年プレミア12での日韓戦

そんなプレミア12が5年ぶりに再開される。

プレミア12はWBSC男子野球世界ランキング1位から12位まで参加する大会だ。

韓国は同ランキングで現在4位。グループBでは日本が1位、台湾が5位、キューバが8位、ドミニカ共和国が9位、オーストラリアが11位と続いている。

一方、グループAにはメキシコ(2位)、アメリカ(3位)、ベネズエラ(6位)、オランダ(7位)、パナマ(10位)、プエルトリコ(12位)が同居している。

A組とB組の1~2位チームはスーパーラウンドに進み、日本の東京ドームに向かう。

スーパーラウンドは11月21日から23日に行われる。3位決定戦と決勝は11月24日で、場所はやはり東京ドームだ。

元記事で読む
の記事をもっとみる