1. トップ
  2. 恋愛
  3. JO1川西拓実、人見知りだけど実は…?「小中学生がやる様な事をしょっちゅうやっていた」共演者が暴露

JO1川西拓実、人見知りだけど実は…?「小中学生がやる様な事をしょっちゅうやっていた」共演者が暴露

  • 2024.4.19
  • 264 views
JO1川西拓実、人見知りだけど実は…?「小中学生がやる様な事をしょっちゅうやっていた」共演者が暴露
(C)むつき潤・小学館/「バジーノイズ」製作委員会

『バジーノイズ』完成披露試写会で川西拓実と桜田ひよりらが撮影振り返る

むつき潤の青春音楽漫画を映画化した『バジーノイズ』の完成披露試写会が開催され、W主演の川西拓実(JO1)と桜田ひより、共演の井之脇海、栁俊太郎、円井わん、風間太樹監督が登壇。撮影の裏話や作品への思いに加え、「音楽さえあればいい」という本作の主人公にかけて各自の「〇〇さえあればいい」も発表し、会場は大盛り上がった。

音楽以外何も持たない青年と、その音で世界が変わった彼女による、圧倒的共感度の青春ストーリー。マンションの管理人をしながら音楽以外なにもいらないと、一人だけのミニマムな生活をおくる青年・清澄を演じた川西。映画初主演作ゆえに「見ての通り…緊張しています」とキュートにはにかみながら、「映画初主演ということで思い入れもあって、一生忘れない映画になると思います。それを皆さんに早く見ていただきたいという気持ちです」と喜びを噛みしめていた。

完成した作品の感想を聞かれた川西は、「自分がまさか大画面のスクリーンに映し出されるとはこれまでの人生で思っていなくて、恥ずかしいと言いますか…。でも見てくださる方に絶対に後悔させない作品になったと思います。沢山チャレンジのあった作品ですが、チャレンジして良かったと思いました」と照れつつも手応えを得ていた。

清澄の音楽を聴いて初めて自分から好きなものを見つけ、世界が変わっていく女性・潮役の桜田。関西弁に挑戦したが「関東出身なので関西弁は聞き馴染みがなくて全部が大変でした。かといって方言だけに意識を向けると演技面がおろそかになるし、そのバランスが難しかった」と苦労を明かす。

ちなみに兵庫出身の川西からのアドバイスについて川西自身は、「僕のあの言葉があったから…」と金言を与えたと言い張るも、当の桜田は食い気味に「ないです! なんなら川西さんも方言指導を受けていました!」と大暴露。川西は「僕も東京に染まったのかなあ」と遠い目をしていた。

レコード会社に務めながら清澄たちと出会い、新たな葛藤が生まれていく航太郎役の井之脇。「好きな音楽と会社員としてやらなければいけないことの狭間で葛藤する様は僕自身もわかる。航太郎を演じたことで自分の中にあった気持ちが昇華されたところも」と役柄から影響を受けた様子。

清澄と共にバンドAZURの仲間となっていくベーシスト・陸役の栁は、ゼロからベース演奏に挑戦したが、「この映画をぶち壊さないよう、皆さんに助けられながら練習を頑張りました。でも指先に豆が出来るし…。大変でした」と苦笑い。

アジュールのドラマー・岬役の円井は、部活でドラム経験はあったというが、「楽譜を見て絶望しました(笑)。でも映画を見てプロの方々からヘタクソと思われないよう、責任感を持って演奏しました」と熱演を報告していた。

風間監督は「演奏の吹き替えは用意しないと宣言したので、ライブシーンは自分たちで実演をしてもらいました」とこだわったよう。「映画化にあたっては、タイムラインが忙しない音楽業界の今を投影することを大事にしました。主人公・清澄の作る音楽が登場人物の内省や心象を表現するものでありたいと、それを核にしながら脚本を作っていきました」と話した。

川西は自他ともに認める人見知りだそうだが、栁は「弟感があって、いたずらが好き。小中学生がやる様な、後ろからポンと叩いて知らん顔するみたいな事をしょっちゅうやっていた。だから人見知りと言うよりも、可愛げのあるピュアな子だと思った」と証言。

また、登壇者たちが、清澄のキャラクターにちなんで「●●さえあれば、他になにもいらない」を発表。川西は「音楽」といい、「昔から音楽が好きで、僕も清澄と同じように帰宅したら音楽を作ったり、練習したりを繰り返す毎日。いつもそばにある音楽は自分にとってそれくらい大切なものです」と答えた。

愛犬を飼っている桜田は「動物」、円井は「ネコ」、栁は「トモダチ」。一方、井之脇は「岩」と珍回答。理由を尋ねられると「僕は山登りが趣味で、長期の休みが出来たら大きな岩を登りたいくらいです。見るのも、触るのも、登るのも好き。携帯でも岩の画像を見て癒されています。岩はカッコいい。小さい岩よりも1000メートルくらいの岩が好き。あわよくば岩になりたい。岩役、待ってます!」と岩への愛を炸裂させていた。

最後に川西は「スタッフ・キャストみんなで死ぬ気で撮影した最高の映画になっています。絶対に後悔しないと思うので、ぜひ劇場で見てほしいです。音楽映画なので、映像を見て音楽を聴いて楽しんでもらえたら」とPR。

桜田は「とても繊細な映画で共感できるような作品になっています。圧巻の演奏シーンや出てくる音楽一つ一つ大切に作り上げた映画なので、何かを感じ取ってもらえたら嬉しいです」と期待。

風間監督は「僕は人間関係にいつも緊張したり、不安を持ってしまうような人間ですが、僕と同じような人がこの映画を見てその緊張の糸が少しでも緩んで皆さんに寄り添えればいいなと思って作りました。音楽と日常にある音に耳を傾け楽しんでいただきたいです」と呼び掛けていた。

『バジーノイズ』は5月3日より全国公開。

元記事で読む
の記事をもっとみる