1. トップ
  2. グルメ
  3. 【城南区東油山】創業74年!大人気のとんこつラーメン!麺もたまらない♪

【城南区東油山】創業74年!大人気のとんこつラーメン!麺もたまらない♪

  • 2024.4.19
  • 5838 views

こんにちは!リビングふくおか・北九州Web地域特派員のゆーれんママです!今回は、ずっと気になっていたラーメン屋さんに行って参りました。

出典:リビングふくおか・北九州Web

というのも、創業はなんと!昭和25年!古希を超えて74年間愛され続けている「とらや 東油山本店」(とらや ひがしあぶらやまほんてん)というお店です。場所は、油山観光通り沿いの「油山団地東口」の信号そば、とてもわかりやすいところにありますよ。

出典:リビングふくおか・北九州Web

目の前と近くに専用駐車場があります。

超人気店!

いつも車がいっぱいだな~、とは思っていたのですが、この日は14時近くに行ったので空いてるかと思いきや、お店に入るとほぼ満席!

出典:リビングふくおか・北九州Web

この写真の下がカウンター席なのですが、満席でした。

70年以上も愛されているということを実感しつつ、テーブル席へ。レトロな壁紙がたまりませんね~。昭和も前半の頃の雰囲気が漂っています。

出典:リビングふくおか・北九州Web

メニューが豊富♪

こちらがメニュー表です。博多らしく、殆どがとんこつベースで、ちょっとアレンジが加わったメニューが色々ありますね。

出典:リビングふくおか・北九州Web

お得なセットも充実しています。

出典:リビングふくおか・北九州Web

本当においしい!

今回は初来店だったので、基本の「とらやラーメン」をいただいてみることにしました。とは言いつつも、博多っ子でない私は、太麺には目がなくて・・・(笑)。邪道なのかもしれませんが、とんこつラーメンを太麺でオーダーです。(太麺は+50円) 周りのお客さんが「バリカタで!」「替玉お願いします!」と細麺をさっと提供してもらって、ぱっと食べて替玉している中、マイペースに”食べたいものを食べる!”と我が道をいく私は(笑)、昭和の雰囲気を満喫しながらのんびり待ちます。因みに太麺は通常のラーメンよりも茹でるのに、6分ほど長くかかります。 いよいよ到着でーす!

出典:リビングふくおか・北九州Web

濃厚そうなスープを早速一口。見た目よりこってりしていなくて、どちらかというとかなりスッキリタイプ♪これは、とんこつ初心者さんもとっても食べやすそうですし、毎日食べても重くない感じです。 豚骨の中で、最も上品なスープが出る豚頭を使用し、2段炊き製法で2日間かけて煮込み、豚の持っているコラーゲンを十分に引き出したとんこつスープと先代から引き継いだ秘策の「もとだれ」を合わせることで、深い味わいがあるのにさっぱりとしたとんこつラーメンを追求したのだそうです。 卓上にはご覧のトッピングが用意されています。

出典:リビングふくおか・北九州Web

柚子胡椒や胡椒、ゴマなど。

ゴマを擦って入れ、紅生姜と壺に入った「秘伝のからみ」もトッピングしてみました。

出典:リビングふくおか・北九州Web

そして太麺をズズっ♪もっちもち~!!これが好きなんです♪(細麺も好きですが、太い麺が懐かしい東北人♪)

出典:リビングふくおか・北九州Web

麺はコシと口当たりを考えて配合された粉で、湿度を一定に保った部屋で作りだされていて、最もおいしい状態で食べられるように、毎日自社工場で製麺しているそうです。 そしてチャーシューは、この分厚さ!柔らかくて、お口に入れた瞬間とろけます~。チャーシューは豚肉の中で最も旨みがある上質なバラ肉を、開店以来継ぎ足された「たれ」でコトコトじっくりにこんでいるそうです。

出典:リビングふくおか・北九州Web

また、辛子高菜は、とんこつラーメンに合うように計算された、とらやオリジナルのもので、厳選高菜を使用。餃子は、生地に米粉を混ぜてパリッとした焼きあがりにこだわり、具は生姜入りであっさりと仕上げているそうです。 「鳥栖でお店を始めた先代に教えてもらって、ここでお店を開いて25年になります。」と店主の川出(かわで)さん。 是非長きにわたって愛され続けている「とらや」のラーメンを食べに行ってみてくださいね。

・とらや 東油山本店(とらや ひがしあぶらやまほんてん) ・福岡市城南区東油山2-4-7 ・092-873-5514 ・11:30 ~14:30 18:00~0:00 ・ 定休日 正月のみ

元記事で読む
の記事をもっとみる