1. トップ
  2. グルメ
  3. 人気俳優マシュー・モリソンが大阪に「この話には飛びついた」

人気俳優マシュー・モリソンが大阪に「この話には飛びついた」

  • 2024.4.18
  • 134 views

ドラマ『glee/グリー』のシュースター先生役で知られる俳優マシュー・モリソンが、ブロードウェイミュージカル『シカゴ』大阪公演(4月18~21日)に出演するために来日。大阪での開幕直前、取材会に登壇した。

ブロードウェイミュージカル『シカゴ』来日公演で、敏腕弁護士ビリー・フリン役を演じるマシュー・モリソン(4月18日・大阪市内)

1998年にミュージカル『フットルース』でブロードウェイデビューした後、『ロッキーホラーショー』や『ヘアスプレー』など著名な作品で活躍し、2009年放送開始のドラマ『glee/グリー』で全世界に名を轟かせたマシュー。そのブロードウェイ仕込みの卓越したダンステクニックや歌唱力で、ミュージカルドラマとしての『glee/グリー』をヒットに導いた立役者とも言われている。

その後、一時はテレビの世界に身を投じるも、主役として再びブロードウェイに返り咲くなど、ミュージカルファンにとっては目を離せない存在のマシューだが、今回は日本公演限定で『シカゴ』に初出演。リチャード・ギアが映画版で演じた悪徳敏腕弁護士ビリー・フリン役で日本のファンを魅了する。

「日本/大阪でしたいこと」を聞かれたマシュー、そんな記者には「ひとつだけ、大阪で何かするとしたら?」と茶目っ気たっぷりに逆質問をしていた(4月18日・大阪市内)

「これまでも日本には(歌手として)たびたびコンサートなどで訪れていたのですが、このようなショーのキャラクター(役柄)として出演するのは初めて。この話が来たときは飛びつきました。日本は長年支えてくれている場所で、縁も感じている特別な場所」と、喜びをあらわにしたマシュー。

そして、「マシューにとって『シカゴ』はどんな作品?」という質問には、「僕にとってはレガシー(伝説)で、憧れの俳優もたくさん出ている名誉のある作品」と回答し、彼が同カンパニーのなかで唯一初参加のキャストであること、そして一般的には「踊らない」とされているビリー役だが、そこにダンスも掛け合わせたかったことなど、作品にまつわるさまざまなエピソードも語られた。

ちなみにマシューは、同公演を通して日本、そして大阪に長く滞在できることも楽しみのひとつだといい、「作品には集中しながらも、食べられるものは可能な限り食べ尽くしたい!」と意気込み、初日公演へと向かって行った。

ブロードウェイミュージカル『シカゴ』の大阪公演は、4月18~21日に「オリックス劇場」にて(生演奏・英語上演・日本語字幕付き)。チケットはS席1万5000円、A席1万円ほか、平日は各1000円引き(現在発売中 ※公演スケジュールは公式サイトにて)。

ブロードウェイミュージカル『シカゴ』

期間:2024年4月18日(木)~2024年4月21日(日)
会場:オリックス劇場(大阪市西区新町1-14-15)
料金:【土日】S席1万5000円、A席1万円、B席7000円【平日】1万4000円、9000円、6000円

元記事で読む
の記事をもっとみる