1. トップ
  2. 恋愛
  3. 「一生俺のそばにいろ!」結婚に消極的だった男性が“プロポーズを決意したきっかけ”って?

「一生俺のそばにいろ!」結婚に消極的だった男性が“プロポーズを決意したきっかけ”って?

  • 2024.4.18
  • 2255 views

「一生俺のそばにいろ!」結婚に消極的だった男性が“プロポーズを決意したきっかけ”って?

結婚を希望している女性からすれば、結婚に消極的な男性に結婚を考えさせる工夫が必要なのかもしれません。 今回は、以前は結婚に対して消極的だった男性が結婚を考えるきっかけについてのエピソードを集めてみました。

彼女に他の男性の影を感じた

「彼女は、外見も性格も魅力的で誰とでもすぐ打ち解けることができます。その後、どちらも頑固で我を通そうとしたために大喧嘩に発展してしまったのです。喧嘩の行方が見えず、彼女が私の友人の同僚に相談したとき、彼は彼女に対して『そんなに喧嘩をしているのなら、僕がもらってもいい?』と言ってらしいのです。その言葉を聞いて、すぐに彼女と和解。そして、プロポーズしました」(31歳/男性) 無理に駆け引きをするのは危険ですが、彼に危機感を持ってもらうことは効果的かもしれませんね。

同棲生活を楽しむことができた

「両親の結婚生活はあまり順調ではありませんでした。なので、それが自分の結婚観に影響を与え『結婚はそれほどいいことではない』と感じていました。だからこそ、彼女が同棲の提案をしてきたとき『節約にもなるし、一緒に住むのも楽しいかもしれない』と思いました。そして実際、彼女との生活は予想以上に楽しく、大きな争いが起こることもほとんどありませんでした。その結果、彼女と一緒にすごすことが穏やかで、心地よいと感じ、結婚へのネガティブなイメージが消えていきました」(29歳/男性) 同棲が結婚のきっかけになることもありますよ。

彼女との別れが目前に迫った

「すでに10年間も交際していました。結婚しなくても問題なくやっていけると思っており、ますます結婚のタイミングが見えなくなってきて…。彼女の転勤の話を聞いたのは、彼女の30歳の誕生日の前日でした。悲し気に彼女は『結婚していないから転勤になっちゃった』と冗談交じりに話してきて『これからはもうあまり一緒にいられないかもしれない。別れたほうがいいのかな?』と泣きなが笑ったのです。その涙と笑顔を見て『君と一緒に行く。いまさらだけど、結婚しよう』と思わずプロポーズしました」(34歳/男性) 環境の変化がプロポーズを決意させる場合もあります。

きっかけは意外とささいなもの

男性が結婚を考えるきっかけは、ささいなことから生まれることがよくあります。 彼に対して新鮮な印象を持続させ、機会を逃さないよう努力しましょう。 自然に生まれたきっかけが、結婚へと繋がる可能性がありますよ。 (愛カツ編集部)

元記事で読む
の記事をもっとみる