1. トップ
  2. スキンケア
  3. 【肌トラブル時のスキンケア】クレイとハーブの力で肌を守る『アルジタル リファイニング バードッククリーム 』

【肌トラブル時のスキンケア】クレイとハーブの力で肌を守る『アルジタル リファイニング バードッククリーム 』

  • 2024.4.18
  • 118 views

yoiのビューティウェルネス特集、今回は季節の変わり目に多い、かゆみや赤み、ひりつきなどの肌トラブル、揺らぎがちな“肌トラブル”がテーマ。第6回は、『アルジタル』のリファイニング バードッククリームをご紹介します。

イタリア・シチリア島生まれの本格オーガニックスキンケアブランド『ARGITAL(アルジタル)』とは

『ARGITAL(アルジタル)』は、生物学者のフェラーロ博士が生まれ故郷シチリア島のグリーンクレイ(海泥)のすばらしさを伝えるために、1979年に設立したオーガニックコスメブランド。

製品づくりの原点となったのは、博士の幼少期の記憶。故郷シチリアにあるシクリの丘で、どろんこになりながら遊んでいたときのクレイのあたたかさや太陽に包まれるような心地よい感触。そして、そこで遊んでいた子どもたちの手足が滑らかで透明感があったことを思い出したのです。

グリーンクレイが採掘されるシクリの丘は、約1,600万年前は深い海の底でした。長い年月をかけて海由来の成分を蓄積したグリーンクレイ、南イタリアに湧き出る天然ミネラル水、バイオダイナミック農法・有機栽培で育てた植物、野生の植物など、肌が求める効能・効果を考えて素材を徹底して厳選。肌トラブルに悩む人が本来の美しさを取り戻すことを願って丁寧に作られています。

今回の最新アイテムは…【アルジタル リファイニング バードッククリーム 】

敏感肌 アルジタル リファィ二ング バードック クリーム 50mL ¥3960/アルジタル
アルジタル リファイニング バードッククリーム 50mL ¥3960/アルジタル

今回は、テカリやべたつき、毛穴や皮脂トラブルによる肌あれを予防する『アルジタル』の「リファイニング バードッククリーム」をピックアップします。

クレイとハーブの力で気になる肌トラブルに

「リファイニング バードッククリーム」は、ポツンと気になる肌あれや、テカリやべたつき、毛穴や皮脂トラブルを予防するフェイスクリーム。

過剰な皮脂を取り除こうと、ついつい洗顔などで取り去るケアをしてしまいがちですよね。アルジタルが提案するのは、肌質を見極めながら、肌に必要な保湿を与えてバランスのよい肌へと導く“保湿ケア”。

そこで、海由来のミネラルたっぷりのグリーンクレイに、イタリアの天然水、南米生まれのパワフルハーブ“サルサパリラ*1”や、必須脂肪酸が豊富な黄金色のオイル“ルリジサ種子油*2”など、厳選された植物成分を配合。さらに、商品名でもある「バードック」こと、私たちになじみの深い“ゴボウ”*3を配合しており、実はゴボウはアジアでは漢方、ヨーロッパではハーブとして、澄み肌&収れん作用の効能の高さでも知られています。

また、イヌリンやタンニンなど注目の美肌成分を含み、皮脂バランスを整えて必要なうるおいを蓄える力強い植物の根のパワーで肌を引き締め、清潔感あふれるなめらか肌へ。

*1:スミラックスメジカ根エキス(整肌成分) *2:エモリエント成分 *3:ゴボウ根エキス(整肌成分)

実際に美容ライターが使ってみた!お試しレビュー

実際に『リファイニング バードッククリーム』を試してみました。

フランキンセンス・フェンネル・ラベンダーなどのハーブの心地よい香りとともに、ベタつかずに、さらっと肌になじんでくれます。

私はUゾーンは粉ふき乾燥肌×Tゾーンは脂とり紙が手放せないという、Wパンチの混合肌なので、スキンケアは常に保湿と油分のバランスを考えてはいるものの、テカリやベタつきは日常茶飯事です。

ところが、『リファイニング バードッククリーム』に出合って、これまでしっとりとさっぱりのシーソーで揺れていた私の肌に革命が…! さっとひと塗りするだけで、本当に“ちょうどいい油分のベストバランスの肌”に仕上げてくれるのです。肌が内側からしっとりうるおっている感覚があるのに、表面はべたつきしらず。しかも、キメが整い毛穴レスな肌に見せてくれるというおまけ付き。

ちなみに、『アルジタル』のHPでは、“イタリア本国では、発売から20年以上たった今でも、ポツンと気になる肌トラブルや皮脂トラブルにお悩みの方に愛用されています”という記載があり、20年以上のロングベストセラーに驚きつつも、歴史ある『アルジタル』が気になって仕方ない、『アルジタル』沼が作動してしまいそうです。私のように混合肌やオイリー肌の人は、ぜひお試しを。

撮影/柳 香穂 画像デザイン/前原悠花 取材・文・構成/木土さや

元記事で読む
の記事をもっとみる