1. トップ
  2. 恋愛
  3. 立て替えさせてレシートをもらう「手口」ママ友のカモにされた話

立て替えさせてレシートをもらう「手口」ママ友のカモにされた話

  • 2024.4.18
  • 1999 views

皆さんはママ友と金銭の貸し借りをした経験はありますか?やむを得ず貸し借りや立て替えをした経験はあるかもしれません。お礼をしてすぐ返済するなど誠実な対応をすれば大きな問題になることはありませんが、悪意を持った人が関わると大変なトラブルになることも…。今回はお茶代を建て替えてあげた主人公が体験したママ友との金銭トラブルを描いた作品です。ツムママ(@tumutumuo)さんの『ママ友の財布』をご紹介します。

仲良くなりたくて建て替えたお茶代だった

カモ田さんは夫の転勤により、慣れない土地に引っ越してきました。そこで、同じ幼稚園ママのクレ子に声をかけられます。明るく親切そうなクレ子と仲良くなりたいと思ったカモ田さん。

カモ田さんは、クレ子に誘われてカフェに入り楽しい時間を過ごします。しかし、帰り際。クレ子の様子がおかしいことに気が付きます。なんと財布を忘れたというのです。カモ田さんはとりあえずまとめて会計をすることに。しかし、これがトラブルの始まりでした。

お金にルーズなママ友にもやもや

引っ越して周囲に知り合いがいない中、気さくに声をかけてくれる人がいたらうれしいですよね。カモ田さんはずっとママ友が欲しかったこともあり、孤独な園生活に不安を抱えていました。

そこに声をかけてきたクレ子。カモ田さんはどんなにうれしかったことでしょう。だからこそ、お茶代の建て替えにもすんなり応じました。しかし、なかなか返す様子がないクレ子に、だんだん不安が強まっていきます。

お金にルーズな人は、本当に信用していいのか不安になりますよね。ママ友の素性や価値観がよくわからない状態で金銭的なやりとりをするのは、できる限り避けた方がよいでしょう。

お財布を持っているのに、返す素振りのないママ友

意外と気軽にしてしまうこともある、ちょっとした立て替え。お金の貸し借りはたとえ少額だとしても、誠心誠意対応したいものです。お金を返す素振りがなかったり、催促されてもうやむやにするような人は信用できないですよね。

お金のやりとりには、その人の本質が見え隠れします。相手がどんな人なのかを見極め、どのようなお付き合いをするのかを冷静に判断したいものですね。

著者:ゆずプー

元記事で読む
の記事をもっとみる