1. トップ
  2. エンタメ
  3. 「どうしよう…」娘が14歳で妊娠発覚…母の想いに加護亜依が号泣「気持ちがすごくわかる」

「どうしよう…」娘が14歳で妊娠発覚…母の想いに加護亜依が号泣「気持ちがすごくわかる」

  • 2024.4.18
  • 59247 views
【写真・画像】14歳で出産した美女、相手とは結婚できず別れるも…現在の姿にさらば森田「幸せや~」 1枚目
ABEMA TIMES

14歳で出産し、現在22歳になった娘の母親が登場。娘の妊娠当時の気持ちを明かし、加護亜依が「お母さんの気持ちがすごくわかる」と号泣した。

【動画】14歳で出産した当時の姿(複数カットあり)

『愛のハイエナ2』は、 “愛”をテーマに人間の『欲望』をあぶり出し、つい覗き見したくなる“瞬間”にしゃぶりつく遠慮を知らないドキュメントバラエティ。ニューヨーク(嶋佐和也、屋敷裕政)がMCを務め、さらば青春の光(森田哲矢、東ブクロ)がレギュラー出演。この日のゲストには高山一実と藤崎奈々子が登場した。

2006年、ドラマになり話題となった『14歳の母』。当時、性交同意年齢は13歳。中学生で妊娠、出産するケースもあり、当時の14歳以下で出生数は41人。ドラマではさまざまな葛藤が描かれていたが、実際の14歳の母はその後どんな人生を送っているのか調査した。リポーターとして加護亜依が登場した。

お話を聞かせてくれたのは、三浦星さん(以下、あかりさん)。出産したのは2015年で現在は22歳だという。ブラウンのロングヘアをゆるく巻いた髪型、襟元にフリルがついた白のブラウス、黒の超ミニスカート姿のあかりさん。小顔で小麦色の肌のあかりさんは、しっかりメイクはしているが表情にはまだ少し幼さが残っていた。

【写真・画像】14歳で出産した美女、相手とは結婚できず別れるも…現在の姿にさらば森田「幸せや~」 2枚目
ABEMA TIMES

妊娠がわかったときは「ビックリはしたけど、嬉しい気持ちしかなかった」というあかりさん。加護から「不安がなかったのか」と質問されると「子供すぎてなにもわかってなかった。もう産んでやる、みたいな」と明かした。最初は両親からは反対されたが、あかりさんの出産の意思が強いことが伝わり、みんなで支えていこうという体制に変わっていったという。両親の協力もあり、中学3年の4月に無事、女の子を出産した。

【写真・画像】14歳で出産した美女、相手とは結婚できず別れるも…現在の姿にさらば森田「幸せや~」 3枚目
ABEMA TIMES

ここで、あかりさんの母であるまりさんと2人の娘が登場した。まりさんは、21歳であかりさんを出産。周囲よりは早い出産で、育児をしながら葛藤することも多かったという。まりさんは「周りの友達が遊んでいたらいいなと思いながら育児をしていたこともあったし、色んな感情があったから、あかりがいろんな葛藤に耐えて育児をしていけるのか、体も心配しました」と当時の気持ちを明かした。

すると加護は両手で顔を覆い「なんか、泣けるね」と目に涙を溜めた。「うれしいけど、自分の子供が一番大事だからっていうお母さんの気持ちがすごくわかる」とコメントした。

元記事で読む
の記事をもっとみる