1. トップ
  2. おでかけ
  3. 【G7のパスポート保有率ランキング】日本は17%で最下位!77%の1位はどこ?

【G7のパスポート保有率ランキング】日本は17%で最下位!77%の1位はどこ?

  • 2024.4.18
  • 17287 views

日本のパスポートは世界最強といわれています。「2024年版ヘンリー・パスポート・インデックス」で第1位となっており、世界227のうち194の渡航先にビザなしでアクセスできます。一方で、日本人のパスポート保有率は約17%と低い傾向にあります。では、世界各国のパスポート保有率は、どのくらいでしょうか? G7(カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、日本、英国、米国)のパスポート保有率ランキングを紹介します。

G7パスポート保有率ランキング

G7のパスポート保有率を調べたところ、このようなランキングになりました(イタリアのパスポート保有率について信頼できるデータを見つけることができなかったため、ランキングから除外しています)。

1位 英国 77%

2位 カナダ 70%

3位 フランス 48%

4位 ドイツ 41%

5位 米国 36%

6位 日本 17%

G7の中では英国が1位で、約77%の人がパスポートを持っていることがわかりました。英国では、パスポートを保有する人が、2011年の4,250万人(75.7%)から2021年には4,570万人(76.7%)に増加しているそうです。

2位はカナダで約70%、次でフランスとドイツは半数近くがパスポートを保有していることがわかります。意外に米国が少なく、保有率は約36%でした。

日本のパスポート保有率は世界に比べてかなり低い

一方、日本は約17%で最下位です。日本のパスポートは世界最強で、世界227のうち194の渡航先にビザなしでアクセスできるにもかかわらず、保有率は2019年の23.8%から3年連続で下がり、2023年には17.0%となりました。

ちなみに、そのほかの国や地域のパスポート保有率を見てみると、台湾が約60%、オーストラリアは約53%、韓国は約42%とされており、それらと比較しても、日本の数字はかなり低いことがわかります。

なお、台湾の観光庁にあたる交通部観光署では2024年4月1日(月)〜30日(火)の期間、パスポート(旅券)を新規申請・更新する日本人に対し、日本と台湾間の往復航空券を抽選で5,000円割り引くキャンペーンを実施しています。

詳しくはキャンペーンページをご覧ください。

[参照]

International migration, England and Wales - Office for National Statistics

IRCC Minister Transition Binder 2023: Passport Program - Canada.ca

French and German tourists turn their back on Brexit Britain | Brexit | The Guardian

Besitz eines gültigen Reisepasses 2021 | Statista

Only one-third of Americans have a valid US passport|YouGov

Passport facts 2022-23 | Australian Passport Office

令和5年旅券統計 – 外務省

元記事で読む
の記事をもっとみる