1. トップ
  2. グルメ
  3. カルディさん、お願い!来年も必ず出してください!!「1個約31円でコスパ最強」贅沢感ヤバい3選

カルディさん、お願い!来年も必ず出してください!!「1個約31円でコスパ最強」贅沢感ヤバい3選

  • 2024.4.18
  • 217 views

こんにちは。季節の味覚を満喫したいヨムーノライターの乃々です。

カルディは、季節限定の商品も数多く、次に行ったら欲しい商品がもう今年は終了していた……なんてこともしばしば。

最近はあたたかくなってきて、冷たいドリンクが飲みたくなって来る時期ですね。そこで今回は、季節を感じられるストロベリードリンク3選をご紹介します。

アレンジを楽しめる絶品シロップ!

ヨムーノ

商品名:クラフトストロベリーシロップ 価格(税込):247円 重量(内容量):195ml エネルギー:265kcal(100ml当たり)


カルディのクラフト系は本格派フレーバーが大注目のシリーズです。春は、「クラフトストロベリーシロップ」が登場していました。

ヨムーノ

福岡産のあまおうを使用した4倍希釈のシロップで、味見してみると甘酸っぱい!甘さと酸味のバランスがハマる味です。

ヨムーノ

牛乳割りにすると、牛乳のマイルドさがプラス。ガッツリ甘いというよりは、さっぱりめいちごみるくです。

ヨムーノ

炭酸水で割るとグラデーションが綺麗。炭酸でゴクゴク飲めます。 続いては飲み物以外の使い方も見てみましょう。

ヨムーノ

アイスクリームのソースとしても使えますよ。 バニラアイスにかければ、いちごみるくアイスに。

ヨムーノ

パンケーキにストロベリーシロップを混ぜて焼けば、いつもとは違うほんのりいちご風味のパンケーキになりますよ。もちろん食べる時は、ストロベリーシロップをかけて!いちごをトッピングすれば、いちご尽くしの贅沢なデザートになりますね。


・今回の味評価 ★★★☆☆ 理由:ほのかな甘さにハマります。飲み物としてだけではなく、ソースやお菓子にも使えて便利です。


お手軽に作れる本格派アイスティーを楽しもう!

ヨムーノ

商品名:ダージリンストロベリーティー ポーションタイプ 価格(税込):247円 重量(内容量):11g✕8p エネルギー:23kcal(1個11g当たり)


水で割るだけで簡単にアイスティーが作れる「ダージリンストロベリーティー ポーションタイプ」です。レモンティーバージョンも人気だったシリーズのストロベリーフレーバーです。

8個入りで、1個約31円とコスパも◎!

ヨムーノ

ポーションは13倍希釈。福岡県産あまおうのいちご果汁が使われています。

ヨムーノ

水120〜130mlにポーション1つで、ダージリンストロベリーティーの出来上がり。飲みたい時にすぐ作れて便利です。ダージリンのすっきりとした味わいに、ストロベリーの香りとほのかな甘み、酸味にほっとひと息つけるドリンクです。

ヨムーノ

ティーソーダにするのもおすすめ。いちごを浮かべれば、もはやデザートです。


・今回の味評価 ★★★★☆ 理由:飲みやすくリピートしたいです。来年も出てほしい!


冷やして飲みたい「北海道炭酸水 ストロベリー 北海道恵庭の天然水使用」

ヨムーノ

商品名:北海道炭酸水 ストロベリー 北海道恵庭の天然水使用 価格(税込):110円 重量(内容量):500ml エネルギー:0kcal


「北海道炭酸水 ストロベリー 北海道恵庭の天然水使用」は、北海道道産のすずあかねといういちごのエキスを入れた、北海道恵庭の天然水を使用した炭酸水です。

ヨムーノ

フタをあけたとたん、いちごの甘い香りがします。強炭酸のシュワッとした口当たりと、ほのかないちごの味で飲みやすい。いちごエキスは入っていますが、無糖ですっきりした味わいです。

炭酸水いちごを試してみました。シュワシュワのいちご風味の炭酸に本物のいちごを入れて贅沢。いちごは凍らせたものを入れるのもおすすめです。

・今回の味評価 ★★★☆☆ 理由:炭酸のストロベリーフレーバーです。パッケージがかわいいところがポイント高め。


カルディでいちごを満喫しよう

ヨムーノ

カルディのストロベリードリンク3選をご紹介しました。 春を味わえるいちごフレーバーのドリンクは、季節限定のものが多く、今を逃したら次に出会えるかは分かりません。気になるものを見つけたら、そのチャンスをお見逃しなく!

※価格などの情報は記事公開当時のもので、変更となる場合があります。また店舗により在庫の状況も異なりますのでご了承ください。

ライター:乃々

100均好きなwebライター

カルディと100均が大好きで、週2回ほどパトロールするwebライターです。趣味は歩くことと食べること!お得や限定品という言葉に弱く、流行りを見逃さないように日々リサーチを行っています。『森林活動ガイド』資格所有。

元記事で読む
の記事をもっとみる