1. トップ
  2. 杢代和人、三浦涼介、『君とゆきて咲く』レギュラーキャストに! 隊士たちが笑顔で集う“青春感”満載のポスター完全解禁

杢代和人、三浦涼介、『君とゆきて咲く』レギュラーキャストに! 隊士たちが笑顔で集う“青春感”満載のポスター完全解禁

  • 2024.4.18
  • 67 views
ドラマ『君とゆきて咲く~新選組青春録~』メインビジュアル (C)テレビ朝日 width=
ドラマ『君とゆきて咲く~新選組青春録~』メインビジュアル (C)テレビ朝日

前田拳太郎と奥智哉がダブル主演し、4月24日スタートするドラマ『君とゆきて咲く~新選組青春録~』(テレビ朝日/毎週水曜24時15分)より、最後のレギュラーキャストとして杢代和人、三浦涼介の出演が、17日深夜放送の『放送直前!イケメン隊士がドラマの魅力全部伝えるSP』内にて発表された。また、これまで花びらで隠されていたビジュアルの未解禁キャストの写真がすべて明らかとなり、満開の桜の下、隊士たちが笑顔で集う“青春感”満載のポスタービジュアルが完全解禁された。

【写真】仮面ライダーバッファを演じた杢代和人、『仮面ライダーオーズ/OOO』アンク/泉信吾役の三浦涼介が参戦! 新撰組隊士を演じるキャスト陣

本作は、手塚治虫氏の隠れた名作『新選組』を初映像化&2クール連続放送で送る一大プロジェクト。歴史上の人物も多数登場するが、メインとなるのはオリジナルキャラクターとして描かれる2人の若き隊士、鎌切大作(前田拳太郎)と深草丘十郎(奥智哉)。2人は熱い友情で結ばれながらも、時代の波にほんろうされ、やがて白刃を交えることに…。

彼らがたどる過酷な運命を、脚本家・坪田文と演出・河合勇人が美しくも鮮烈に描写。また、斬新な殺陣パフォーマンスや従来の時代劇にはない流麗な“剣舞”を織り交ぜ、幕末を閃光(せんこう)のごとく駆け抜け、はかなく散っていった新選組隊士たちの青春をいまだかつてない視点とスタイルでエモーショナルにつづっていく。

『仮面ライダーリバイス』(2021~22年)で共演した前田と奥がダブル主演を務めるほか、高野洸、永田崇人、阪本奨悟、藤岡真威人、簡秀吉が出演。さらに、『人生が変わる、シン・時代劇オーディション「真剣SHINKEN」~新選組への道~』で、応募総数800名の中から才能を見出された羽谷勝太、柊太朗、庄司浩平、上野凱の4人も躍動する。

今回、特番で発表された新キャストのひとり、杢代和人は『仮面ライダーギーツ』(2022~2023年/テレビ朝日)で野心家の吾妻道長/仮面ライダーバッファを演じた。彼が本作で演じるのは、オリジナルキャラクター・松永新之丞(まつなが・しんのじょう)。裕福な武家育ちながら、生家の没落により新選組に流れ着いた美貌の新人隊士で、争いを好まぬ、心やさしき男というキャラクターだ。

杢代は「演じる前はいろいろと模索したのですが、言葉や歩き方、所作の美しさを意識したときに役に近づくことができたと感じています」と手ごたえを明かす。時代劇は初挑戦ながらタイムスリップした感覚で演技に没頭しているとも語り、「あまり時代劇に触れたことがない皆さんも、ぜひ僕たちと新たな世界観を一緒に楽しんで、このドラマにどっぷり浸っていただきたいです。隊士同士のぶつかり合いや青春、かけがえのない愛も描かれるので物語にも注目して見て頂きたいですしし、殺陣や剣舞など日本ならではのドラマの魅力にもハマっていただけたら! みなさんと2クールを一緒に楽しみたい」と視聴者に呼びかけた。

そして、『仮面ライダーオーズ/OOO』(2010~2011年/テレビ朝日)のアンク/泉信吾役で強烈な存在感を放ち、近年では舞台『呪術廻戦』(2022~2024年)で五条悟を演じるなど数々の話題作で実力を発揮する三浦涼介が、新選組の頭取・芹沢鴨役で登場。

本作で描かれる芹沢は、目的のためなら手段を選ばない策士。三浦は「若いころに演じていたら、もっととげとげしいキャラクターになっていたかと思いますが、少なからず経験を積み重ねてきた今、またひとつ新しい表現が見せられるのではと思っています。この芹沢鴨という役が、僕の新たなターニングポイントになる予感がしています」と、これまでの新選組作品では見たことがない、妖艶で凄みの際立つ芹沢鴨像を構築している。

三浦はフレッシュなキャストたちにとって、“ライダー界のカリスマ的存在”。「共演者のみなさんが、僕が出演していた『仮面ライダーオーズ/OOO』を“見ていました!”と笑顔でお話ししてくださるんですよね。うれしさもありつつ、当時見てくださっていた方々がもう20歳を超えているのか…と思うと、恐怖すら覚えていて…(笑)。彼らと一緒にお仕事する機会をいただき、身の引き締まる思い。全力でこの役を全うしたいですね」と、後輩たちに背中を見せていく決意を語っている。

さらに、新たに新選組隊士たちを“組分け”したXアカウントが開設。“新人隊士=桜”“中堅隊士=藤”“幹部隊士=梅”という3つのチームにわかれたアカウントでは、番組全体のアカウントよりも、キャストに“接近”したとっておき情報が発信される。各チームは以下の通り。

【新選組 新人隊士=桜】
鎌切大作(前田拳太郎)、深草丘十郎(奥智哉)、松永新之丞(杢代和人)、南無之介(羽谷勝太)

【新選組 中堅隊士=藤】
原田左之助(柊太朗)、斎藤一(庄司浩平)、沖田総司(藤岡真威人)

【新選組 幹部隊士=梅】
土方歳三(阪本奨悟)、山南敬助(永田崇人)、芹沢 鴨(三浦涼介)、近藤勇(高野洸)

シン・時代劇『君とゆきて咲く』は、テレビ朝日にて4月24日より毎週水曜24時15分放送。

杢代和人と三浦涼介のコメント全文は以下の通り。

※手塚治虫の「塚」は旧字体が正式表記

■杢代和人(松永新之丞役)

――出演が決まった際の率直な感想を教えてください

僕自身、初めての時代劇なのですが、僕の年代で時代劇に挑戦できるなんてなかなかないことだと思うので、衝撃でビックリしました。新選組の一員になれるというワクワク感も大きかったです。

――ご自身の役柄の印象や、演じる上で意識していることを教えてください

新之丞は、“上品さ”をまとった新人隊士。演じる前はいろいろと模索したのですが、言葉や歩き方、所作の美しさを意識したときに役に近づくことができたなと感じました。

――時代劇ならではの難しさ、面白さはどのようなところでしょうか?

楽しいのは、やっぱり役に入り込めるところです。セリフもセットも現代とは違うので、杢代和人という自分の存在を忘れて役に入り込むことができます。セットも豪華なので、タイムスリップしたような感覚でお芝居できるのは魅力のひとつです。

反対に難しいのは、脚本を読んでいてわからない言葉が出てくるところです。読み方、イントネーションなどをしっかり調べて覚えて挑まなければなりません。殺陣も見てすぐに真似できるものではなく、長い年月をかけての鍛錬が必要なものだなと思い知りました。この時代を生きていた方々は、日々精進されていたんだろうなと感じています。

――撮影現場の雰囲気はいかがですか?

とても雰囲気いいです! 同世代で集まっていることもあり、お互いにいい刺激を受け合っています。撮影が終わるとみんなで話しながら帰ったり、ごはんを食べたりして…まさに青春のような毎日です。

――視聴者のみなさまへメッセージをお願いいたします!

時代劇に触れたことがない皆さんも、ぜひ僕たちと新たな世界観を一緒に楽しんで、このドラマにどっぷり浸っていただきたいです。隊士同士のぶつかり合いや青春、かけがえのない愛も描かれるので物語にも注目して見て頂きたいですし、殺陣や剣舞など日本ならではのドラマの魅力にもハマっていただけたら! みなさんと2クールを一緒に楽しみたいですね。

■三浦涼介(芹沢鴨役)

――出演が決まった際の率直な感想を教えてください

ただただ、光栄に思いました。僕自身、東映京都撮影所で撮影する作品でレギュラーをいただくのは、今回が初めて。これまで、お邪魔するたびにスタッフのみなさんがやさしくしてくださったので、今回は京都のみなさんとの楽しい日々がいつもより長く続くんだな、と思うとすごくうれしかったですね。

――ご自身の役柄の印象や、演じる上で意識していることを教えてください

芹沢鴨は、強い男ですね。すべてのものを軽く斬っていく感覚があります。自分が若いころに演じていたら、もっととげとげしいキャラクターになっていたかと思いますが、少なからず経験を積み重ねてきた今、またひとつ新しい表現が見せられるのではと思っています。この芹沢鴨という役が、僕の新たなターニングポイントになる予感がしています。

あとは、共演者のみなさんが、僕が出演していた『仮面ライダーオーズ/OOO』を「見ていました!」と笑顔でお話ししてくださるんですよね。うれしさもありつつ、当時見てくださっていた方々がもう20歳を超えているのか…と思うと、恐怖すら覚えていて…(笑)。彼らと一緒にお仕事する機会をいただき、身の引き締まる思い。全力でこの役を全うしたいと思っています。

――時代劇ならではの難しさ、面白さはどのようなところでしょうか?

僕自身は幼いころから時代劇を見て育っていますが、ここ数年、若い方たちが時代劇に触れる機会も少なくなってきました。だからこそ、この作品には「よくぞ企画してくださった!」という思いがあります。魅力的なキャストのみなさんをはじめ、衣装やヘアスタイル、メイクなどすべてひっくるめて時代劇の面白さをまた新たな形で知っていただけるものと思います。

難しい部分でいうと、時代劇ならではの言葉やイントネーションでしょうか。でも間違えたところはスタッフさんがやさしく教えてくださいますし、みんなで助けあいながら作品をつくっています。

――撮影現場の雰囲気はいかがですか?

東京での仕事はどんどんスタッフさんが入れ替わっていく感覚がありますが、京都のみなさんって、違う作品の現場でもお会いすることが多いんです。お互いリスペクトしあいながら、すごくいい空気感で作品づくりをさせていただけるなと思っています。

あとは、とにかく若い俳優さんたちが素直にまっすぐお芝居されているのが、見ていて本当に頼もしいですね。僕もみなさんからいろいろ吸収していきたいなと思っています。

――視聴者のみなさまへメッセージをお願いいたします!

この作品は時代劇という世界を、新たな世代の方たちに知っていただける機会になると思います。「いやぁ、時代劇か…」と思っている人こそ楽しんでいただけるはずですし、歴史を学ぶ、よいきっかけになればと思いますので、ぜひぜひご期待いただければ! 僕も芹沢鴨という役をみなさまにお届けするべく、精一杯やらせていただきます。

元記事で読む
の記事をもっとみる