1. トップ
  2. ファッション
  3. 【SEIKO】セイコー ルキア「歴代60モデル」ずらり 1995~2024年…時代ごとのデザイン、まるでトレンドの現代史

【SEIKO】セイコー ルキア「歴代60モデル」ずらり 1995~2024年…時代ごとのデザイン、まるでトレンドの現代史

  • 2024.4.17
  • 149 views

女性に寄り添う腕時計…色とりどりの「29年史」

「LUKIA Garden-花と光に包まれた特別な時間-」に展示されているルキアの歴代モデル
「LUKIA Garden-花と光に包まれた特別な時間-」に展示されているルキアの歴代モデル

セイコーが展開する女性向け腕時計ブランド「LUKIA(ルキア)」の魅力を伝える展示会「LUKIA Garden-花と光に包まれた特別な時間-」が、2024年4月17日(水)からJR原宿駅前の商業施設「WITH HARAJUKU」内で開催されています。

同施設1階のスペース「Seiko Seed」会場内には、5つのコンテンツ(見どころ)が用意されていて、気になる一つは「ヒストリカル60+ PAPER EDEN」。1995(平成7)年のブランド誕生から今日までの29年間に販売されてきた歴代のルキアが一堂に展示されています。

「LUKIA Garden-花と光に包まれた特別な時間-」
「LUKIA Garden-花と光に包まれた特別な時間-」

60本もの腕時計は、フェイスの形状や文字盤のデザイン、カラー、バンドの素材、全体のサイズ感……など実に多彩。20年以上前のモデルが今あらためて新鮮に見えるなど、29年にわたり愛されてきたブランドの歴史を一望できる貴重な機会になっています。

同社デザイン部のマネージャー、半田真紀子さんは、

「ルキアは、時代時代ごとに女性の気分や潜在的なニーズ、社会の機運などを詳細にリサーチをした上でデザインしてきました。そのときどきの女性に寄り添い、内面や思いを写し取ってきたものですので、女性たち自身の歴史とも言えそうですね」

と解説しました。華やか、クール、シンプル、個性的、シャープ、柔らかなど、次々と変化を遂げる歴代モデルを眺めながら、懐かしい時代に思いをはせるのも面白いかもしれません。

※ ※ ※

展示コンテンツはほかに、五十音が割り当てられたピアノの鍵盤の7音を押すと花をイメージした7色が画面に映し出される「光のフラワーガーデン」や、自分自身の肌・瞳・髪の色や体形から似合うルキアを見つけられる「あなただけのセイコー ルキア」、約1500本の生花を使った巨大なインスタレーションなど。

7月6日(土)までの会期中、11~20時まで無休(入場は19時45分まで)。入場無料。最終日翌日の7月7日(日)11時からは、生花のインスタレーションから作ったドライフラワーのミニブーケのプレゼントも。

(LASISA編集部)

元記事で読む
の記事をもっとみる