1. トップ
  2. レシピ
  3. 甘くて食べやすい!生で食べられる【水ナス】レシピ11選~保存法やおいしい食べ方をご紹介

甘くて食べやすい!生で食べられる【水ナス】レシピ11選~保存法やおいしい食べ方をご紹介

  • 2024.4.17
  • 580 views

長ナス、丸ナス、白ナスなど、種類が豊富な「ナス」は和洋中問わず使える万能野菜。中でも、みずみずしく甘みがあり、生食できるのが「水ナス」です。

今回はナスの中でも甘くて食べやすい「水ナス」の美味しい食べ方や保存方法をご紹介します。夏に欠かせない万能野菜をぜひ味わってくださいね。

■「水ナス」ってどんなナス?

・おいしい「水ナス」の見分け方

ヘタが黒く、実の色が濃い紫色でハリの良いものを選びましょう。手に取ったとき、弾力がありずっしり重みがあるものを選んでください。

・水ナスの保存方法

みずみずしさが大切な「水ナス」は寒さや乾燥に弱い野菜です。乾燥を避けるため新聞紙などに包んで保存袋に入れ、冷蔵庫の野菜室で保存しましょう。冷蔵保存する際は、輪切りにし、空気に触れないように保存袋に入れ冷凍庫へ。約1ヶ月程度保存できます。

■ 一番美味しい食べ方「旬の水ナス 簡単漬物」

サクサクした食感が特徴の「水ナス」は漬物にするととてもジューシー。冷蔵庫で1時間以上漬けましょう。前の晩に漬けておくと朝おいしく食べられます。みずみずしさをぜひ味わってください!

旬の水ナス 簡単漬物

【材料】(2人分)

水ナス 1個(150g)

水 50ml

塩 小さじ 1

昆布(5cm角) 1枚

【下準備】

1、水ナスはヘタを取り、縦半分に切る。切り口を下にして、横幅1cmくらいに切る。

【作り方】

1、耐熱容器に水と塩を入れ、ラップをしないで電子レンジで1分加熱する。塩が溶けるように混ぜる。

2、密封ができる厚手の袋に水ナスと(1)、昆布を入れ、袋の上からそっと揉む。空気を抜いて封をし、冷蔵庫で1時間以上置く。

時間が長いほうが良く浸かります。前の夜や朝のうちに作っておくことをお勧めします。

3、水ナスを取り出し、器に盛る。

【このレシピのポイント・コツ】

電子レンジは600Wを使用しています。

■生食でおいしい!【水ナスサラダ:5選】

・ナスのヨーグルトサラダ

プレーンヨーグルト、粒マスタード、マヨネーズのドレッシングでナスを和えました。「水ナス」で作る時は、アク抜きの必要がないので切って和えて完成です。さっと作れるヘルシーなサラダです。

・ナス入りコールスローサラダ

キャベツ、キュウリ、ミョウガに大葉など、野菜それぞれの甘みが味わえるサラダです。ナスも生で食べましょう。炒めたベーコンの塩気が絡まり美味。最後に味を見て塩コショウで調整してください。

・ナスのエスニックサラダ

レシピでは長ナスを使うためレンジでチンする工程を含みますが「水ナス」はそのままレンチンせず使えます。「水ナス」の甘みがエスニックソースとよく合います。ナッツを入れて食感のアクセントをプラスしましょう。

・ナスの梅かつおサラダ

「水ナス」で作る場合は茹でずにそのまま使いましょう。梅かつおでさっくり混ぜて完成のサラダは、お通し感覚で。餃子や天ぷらなどの副菜にオススメです。

・薬味たっぷりナスのサラダ

大葉、ミョウガなど薬味をたっぷり使ったサラダはお口直しにピッタリ。このまま素麺に乗せても良いですね。ラー油の量はお好みで調節してください。

■生食でおいしい!【水ナスアレンジ:5選】

・ナスとトマトのカルパッチョ

オリーブオイルとバルサミコ酢で作るカルパッチョ。水ナスはレンチンせずそのまま使ってOK。水ナスの瑞々しさを存分に味わえる一品です。

・ナスのカツレツ

水ナスのジューシーさが味わえる食べ応え満点のバジルが香るカツレツです。何もつけなくてもおいしいですが、お好みでレモンを絞ったりケチャップやソースを添えて。白ワインに合いますよ。

・ナスの無限ナムル

水ナスで作る場合は、お好みの大きさに切るか手で割くなどして、ゴマ油ベースの調味液と和えるだけ。少しおくと味がなじみます。火もレンジも使わず作れるため、あと一品欲しい時にオススメです。

・味がしみてトロトロ!ナスの煮浸し

レシピでは長ナスを使いますが、水ナスでもおいしく作れます。トロトロの水ナスがダシを吸ってさらにジューシーに!味わい深い一品です。温かくても冷やしてもどちらもおいしく食べられます。

・夏野菜deトマトつけパスタ

オリーブオイルでソテーした水ナスがジューシーなつけ麺ならぬつけパスタ。一皿で夏野菜をたくさん摂取できます。つけダレは温かいうちに食べても、冷蔵庫で冷やして食べてもGOOD! お好きな方で味わってください。

これから旬を迎える水ナス。サラダだけでなく漬物や煮ても良し、焼いても良し活用範囲の広い野菜です。お酒のおつまみにもオススメ。お好みの食べ方で旬の味を楽しみましょう。

(豊島早苗)

元記事で読む
の記事をもっとみる