1. トップ
  2. おでかけ
  3. 草彅剛、愛する娘と引き裂かれその絆に胸を打たれる…『碁盤斬り』感動&緊迫シーン捉えたスポット映像

草彅剛、愛する娘と引き裂かれその絆に胸を打たれる…『碁盤斬り』感動&緊迫シーン捉えたスポット映像

  • 2024.4.17
  • 3924 views
草彅剛、愛する娘と引き裂かれその絆に胸を打たれる…『碁盤斬り』感動&緊迫シーン捉えたスポット映像
(C)2024「碁盤斬り」製作委員会

高さ約3メートル×幅15メートル、超特大ビジュアルが新宿駅西口改札外通路に

草彅剛が主演する映画『碁盤斬り』より、父娘の絆に胸を打たれる【感動編】、緊迫感溢れるシーンの連続に息をのむ【復讐編】の15秒スポット映像2種類と、草彅演じる柳田格之進の新ビジュアルを紹介する。

本作は、古典落語の名作をもとに描く、武士の誇りを賭けた感動のリベンジ・エンタテイメント。草彅が冤罪に貶められた浪人・柳田格之進役に挑み、時代劇を初めて手掛ける白石和彌監督との強力なタッグが実現した。共演には清原果耶、中川大志、奥野瑛太、音尾琢真、市村正親、斎藤工、小泉今日子、國村隼ら錚々たる顔ぶれが集結する。

浪人・柳田格之進は、身に覚えのない罪をきせられた上に妻も亡くし、故郷の彦根藩を追われ、娘の絹とふたり、江戸の貧乏長屋で暮らしている。しかし、かねてから嗜む囲碁にもその実直な人柄が表れ、嘘偽りない勝負を心掛けている。

ある日、旧知の藩士により、悲劇の冤罪事件の真相を知らされた格之進と絹は、復讐を決意する。絹は仇討ち決行のために、自らが犠牲になる道を選び…。父と娘の、誇りを賭けた闘いが始まる。

今回紹介するのは15秒スポット映像。主人公・柳田格之進と娘・お絹の絆に胸を打たれる【感動編】、キング・オブ・リベンジ草彅の圧倒的な存在感と緊迫感溢れるシーンの連続に息をのむ【復讐編】の2種類となる。ヒューマンドラマ、サスペンス、アクション…いくつものジャンルを味わえる本作ならではの映像だ。

あわせて紹介する新ビジュアルでは、草彅演じる柳田格之進が神妙な面持ちで復讐に向かって歩く旅姿が写し出されている。また、この新ビジュアルに加え、すでに解禁済みのティザービジュアル、本ビジュアルなどビジュアルなど全9枚を組み合わせた高さ約3メートル、横幅15メートルの超特大ビジュアルが、1日約210万人の利用者を誇る新宿駅の西口改札外通路にお目見えする。侍姿が目に留まるビジュアルとあって、海外からの観光客の撮影スポットになることは必至だ。菅笠姿の草彅から始まるビジュアルとなっているため、共に歩みを進めると、まるで強い意志を目に宿した格之進とともに新宿から新たな目的地を目指し、旅に出たかのような気持ちになれるはず。

さらに、本ビジュアルをあしらったムビチケ前売券(カード)が、5月3日より発売されることが決定した。特典は今回紹介したビジュアルの映画オリジナルポストカードとなる。

『碁盤斬り』は5月17日より全国公開。

元記事で読む
の記事をもっとみる