1. トップ
  2. 恋愛
  3. 恋人の両親「結婚するなら帰化して」重い決断を迫られる|国籍問題で破局しかけた話

恋人の両親「結婚するなら帰化して」重い決断を迫られる|国籍問題で破局しかけた話

  • 2024.4.17
  • 4164 views

このお話は、著者・おとさん(@oto_ppu)によるエッセー作品です。国籍の違いから、恋人と破局しかけ、それを乗り越えた体験を描いています。両親の説得を続ける恋人からの電話に、気持ちを強く持とうとするおとさん。「絶対何とかするから」と言ってくれる恋人でしたが、安堵はしつつもおとさんの気持ちは晴れません。そして時は過ぎ、恋人と話し合える週末を迎えます。『国籍問題で破局しかけた話』第14話をごらんください。

国籍の問題が頭から離れず、何も手に付かないおとさん。長い一週間を過ごしました。せっかく天気が良くても遊びに行く気にもなれない、そんなおとさんに恋人は報告します。

恋人が時間をかけ、両親と話し合った結論は、「おとさんが日本国籍を取得すれば結婚を認める」というものでした。

それを聞いたおとさんの反応は…。

国籍に関する、それぞれの考え方を描く作品

このストーリーは、生まれながらに日本に住む韓国人として生活してきた、おとさんの国籍に関するお話です。信頼する彼と同棲を決める道のりの中で「国籍を日本に移してほしい」という周囲の声に困惑するおとさん。悩みながらも自らの国籍と向き合います。

日本に国籍を移す「帰化」とは、法務省によると以下のようなことを指す言葉です。

帰化とは、その国の国籍を有しない者(外国人)からの国籍の取得を希望する旨の意思表示に対して、国家が許可を与えることによって、その国の国籍を与える制度です。日本では、帰化の許可は、法務大臣の権限とされています(国籍法第4条)。

もともとおとさんには国籍へのこだわりはありませんでしたが、韓国籍であるというだけで結婚に反対されてしまう現実に傷つき、反発するワンシーンも。国籍がどこの国にあったとしても、おとさんの心も姿も変わらないのです。

誰もが自分のルーツに誇りを持ち、認め合える世界が理想ですが、家庭や個人によって考え方に違いがあるのも事実。お互いの考え方を受け入れ、相手の立場を大切にする関わり合いができるといいですね。国籍をめぐるおとさんやご家族の描写をきっかけに、価値観について考えさせられる作品です。

著者:もも

元記事で読む
の記事をもっとみる