1. トップ
  2. エンタメ
  3. 【ZEROBASEONE(ゼロベースワン)】日本初ファンコンサートをレポ!

【ZEROBASEONE(ゼロベースワン)】日本初ファンコンサートをレポ!

  • 2024.4.17
  • 500 views

3月23日、24日に神奈川・Kアリーナ横浜で開催されたZEROBASEONE(ゼロベースワン)のファンコンサート「2024 ZEROBASEONE FAN-CON IN JAPAN」。日本単独公演はグループにとって初! そんな貴重な公演2日目、昼公演の模様を詳細にレポートします!

会場は横浜・みなとみらいに昨年秋に開業したばかりの“Kアリーナ横浜”。会場の最寄り駅に到着すると、お祝い広告が駅や街に溢れコンサートが始まる前から胸が高まります。それもそのはずZEROBASEONEは3月20日に1stシングル「ゆらゆら -運命の花-」で日本デビューを果たしたばかり。デビューを祝う駅広告やトラック、会場の外もお祝いムードが漂い、ZE-ROSE(ゼローズ/ZEROBASEONEのファンの総称)の皆さんの喜びが伝わってきます!

上山陽介 (C)WAKEONE /  LAPONE Entertainment)

「In Bloom(Japanese ver.)」

シアーなベールの向こう側に佇むメンバーのシルエットが浮かびあがると会場から歓声が沸き起こりしばらくして、モノトーンのスーツに身を包んだメンバーが登場。疾走感溢れる軽快なナンバー「In Bloom(Japanese ver.)」から公演スタート! リッキーの鮮やかなレッドヘアに目を奪われます!

上山陽介 (C)WAKEONE /  LAPONE Entertainment)

上山陽介 (C)WAKEONE /  LAPONE Entertainment)

上山陽介 (C)WAKEONE /  LAPONE Entertainment)

「Take My Hand」

続いて「Take My Hand」。高音の美しいボーカルが際立つこの曲。繊細ながら激しいダンスと安定感のある歌唱に聞き惚れてしまいます。曲の最後、カメラに大きく抜かれたジャン・ハオのあまりの美しい表情に会場からはため息も。

上山陽介 (C)WAKEONE /  LAPONE Entertainment)

上山陽介 (C)WAKEONE /  LAPONE Entertainment)

上山陽介 (C)WAKEONE /  LAPONE Entertainment)

「CRUSH(Japanese ver.)」

センターステージに場所を変え、披露したのは「CRUSH(Japanese ver.)」。強烈ながらパワフルなパフォーマンスにZE-ROSEの掛け声もより大きく、熱を帯びていきます。

上山陽介 (C)WAKEONE /  LAPONE Entertainment)

上山陽介 (C)WAKEONE /  LAPONE Entertainment)

上山陽介 (C)WAKEONE /  LAPONE Entertainment)

「New Kidz on the Block」

メンバーの個性を表現したVCR映像を挟み、ウォッシュの効いたデニムに白シャツ、爽やかな少年のような衣装に身を包んだメンバーたちが再び登場。「New Kidz on the Block」を披露。

上山陽介 (C)WAKEONE /  LAPONE Entertainment)

これぞファンコンサート!ゲームコーナー

上山陽介 (C)WAKEONE /  LAPONE Entertainment)

メインステージとセンターステージを繋ぐ花道に巨大なすごろくのマスが登場し、ゲームコーナーへ。ピンクの【ハートゥービーチーム】は、キム・ギュビン、ソン・ハンビン、ジャン・ハオ。ブルーの【エネルギー満タンチーム】はキム・ジウン、キム・テレ、パク・ゴヌク。イエローの【Marry Youチーム】はソク・マシュー、ハン・ユジン、リッキー。この3チームに分かれてゲームがスタート。

与えられたミッションをクリアするごとに駒を進め、最初にゴールしたチームが優勝というゲーム。

【ハートゥービーチーム】のミッション“BOYS PLANET チャレンジ”では、オーディション番組「BOYS PLANET」の課題曲であった「Hot Summer」が流れ3人は完璧なダンスを魅せ会場を大歓声に包み、最終的に9人全員でキレキレなダンスを披露してくれました。

上山陽介 (C)WAKEONE /  LAPONE Entertainment)

他にも写真のポーズを完璧に真似する「人生4カットチャレンジ」、3人で果物のオレンジをほっぺに挟み60秒以内に運ぶ「オレンジストリートチャレンジ」、駒の位置を他チームの場所とチェンジできる「乗り換えチャレンジ」など、メンバーのキュートな魅力とバラエティの才能が溢れるさまざまなミッションが与えられました。

上山陽介 (C)WAKEONE /  LAPONE Entertainment)

「MELTING POINT」

続く「MELTING POINT」では、スマホでの撮影が可能に! そしてメンバーがステージを降りてアリーナやスタンドを練り歩きながら歌う、サービス満点なサプライズ演出も。

「Kidz Zone」

センターステージに登場したスタンドマイクで歌うのは「Kidz Zone」。音に合わせジャンプしながら会場を盛り上げ、円陣を組んで歌ったりと、メンバー全員がとても輝いていました!

上山陽介 (C)WAKEONE /  LAPONE Entertainment)

「I LOVE…(Official髭男dismカバー)」

難易度の高いOfficial髭男dismの楽曲から「I LOVE…」をカバー。本当にたくさん練習量が伺える完璧な歌唱、伸びやかな美声で会場を魅了。その後のトークでは「みなさんいかがでしたか? 歌詞の内容がZE-ROSEに会えたZEROBASEONEの気持ちに合っていたので選びました」と選曲理由を明かしてくれました。

「ゆらゆら -運命の花-」

本編最後の曲は「ゆらゆら -運命の花-」。揃う掛け声で会場がひとつに。蝶々の紙吹雪が舞い散るステージで歌うメンバーは美しく、満開の桜のように暖かいピンクのペンライトが会場全体を染めた!

上山陽介 (C)WAKEONE /  LAPONE Entertainment)

-アンコール-

「Here I Am」

暗転するなり始まるゼベワンコールに呼ばれ「Here I Am」でメンバーが登場。白のTシャツ&デニム、耳つきのニット帽やベレー帽など、これぞアンコールの醍醐味!といったスタイルで、メインステージを駆け回ります。EDM調のメロディに会場の熱気も最高潮に。

「Jelly Pop」&「Our Season」

パステルカラーの風船が降る中「Jelly Pop」を。「Our Season」ではセンターステージが高くせり上がり、2階席、3階席の観客により近い場所で挨拶してくれました!

上山陽介 (C)WAKEONE /  LAPONE Entertainment)

「秋、木の葉が落ちる頃、韓国を皮切りに世界中のZE-ROSEに会いに行きます!」そんな希望を与えてくれるコメントを残して公演は終了。名残惜しそうに最後までステージの端から端まで丁寧に挨拶して周り、オンラインで視聴しているファンのために「また会いましょう」とカメラに向かって挨拶する姿が印象的でした。

2時間越えの豪華すぎるファーストファンコンサートとなった本公演。1回しか訪れない貴重な瞬間を会場とオンラインを通じ世界中のファン共にしたZEROBASEONEは、この秋どんな姿を魅せてくれるのか、今から期待しかありません!

セットリスト

1.In Bloom(Japanese ver.)

2.Take My Hand

3.CRUSH(Japanese ver.)

-VCR-

4.New Kidz on the Block

-GAME-

5.MELTING POINT

6.Kidz Zone

7.I LOVE…(Official髭男dismカバー)

8.ゆらゆら -運命の花-

-アンコール-

9.Here I Am

10.Jelly Pop

11.Our Season

日本デビュー曲が大ヒット中!

ゆらゆら -運命の花-

:

元記事で読む
の記事をもっとみる