1. トップ
  2. レシピ
  3. 実は巨人の選手が発案者! 「カツカレー」が誕生した意外なストーリー

実は巨人の選手が発案者! 「カツカレー」が誕生した意外なストーリー

  • 2024.4.18
  • 7061 views

明治初期、西欧風に改革がなされ、街に最先端の〝はじめて〞のものが集まった銀座。その感動は今も変わらず受け継がれている。銀座をルーツに持つ、おいしいものや場所を、甲斐みのりさんと訪ねました。〈銀座スイス〉のカツカレーについての物語です。

甲斐みのり 文筆家

かい・みのり/旅、散歩、手土産、地元パン、クラシックホテルや建築、暮らしなどを主なテーマに、書籍・雑誌・ウェブに執筆。著書に『歩いて、食べる東京のおいしい名建築さんぽ』(エクスナレッジ)、『乙女の東京案内』(左右社)など。

〈銀座スイス〉のカツカレー誕生秘話

ときは終戦後まもない1948(昭和23)年。日本の西洋料理の礎を築いた〈宝亭〉で総料理長を務めた岡田進之助氏が開いた洋食店〈銀座スイス〉で、新たなメニュー「カツカレー」が誕生した。発案者は、〈銀座テーラー〉帰りによく立ち寄っていたという巨人軍の名選手・千葉茂氏。あるとき千葉氏は、短時間で一気にがつんと食べたいと「カレーライスにカツレツをのせてくれ!」と注文。当時はトッピングという発想がない時代。店側も周りの客も驚いたが、体の大きな野球選手がもりもり頬張る姿が評判を呼び、いつしか正式に店のメニューに加わった。

少しずつ形を変えながら、「千葉さんのカツレツカレー」は、すりおろし野菜と挽肉で作る辛みが効いた欧風カレーに、カラッと揚げた肉厚の国産豚ロースカツと、キャベツを添える現在のスタイルに定着。洋食店ならではの歯切れのいいカツと濃厚なカレーを、みなぺろりと平らげる。カレーには生姜が皮ごと入っているそうで、食べ進めるうちに体がぽかぽか。「カツ」と「勝つ」をかけて験担ぎに食べに来る人も多いというけれど、たしかにみるみる力が湧いて、なんでもひょいっと乗り越えられそう。ここぞというときのお守りとしても味わいたい、「勝利の味がする」伝統メニューだ。

銀座スイス

住所:東京都中央区銀座3-4-4 大倉別館2F
TEL:03-3563-3206
営業時間:11:00~21:00(20:30LO)
定休日:不定休
席数:42席

千葉さんのカツレツカレー2,420円。ディナーメニューには最上級ロースを使うプレミアム(3,500円)も登場。昔ながらのグラタンやビーフクロケットも人気。

銀座発祥グルメ

〈資生堂パーラー〉アイスクリームソーダ編

〈煉瓦亭〉オムライス編

〈銀座木村家〉あんぱん編

〈銀座 よし田〉コロッケそば編

〈ビヤホールライオン 銀座七丁目店〉ビヤホール編

photo_Norio Kidera text_Minori Kai edit_Kana Umehara

No. 1231

春のウキウキ気分を盛り上げてくれる、ハレの街・銀座。新店のスイーツ巡りも、この街発祥の老舗グルメ探訪も。最旬アートスポット体験や、本格バーデビューだって。銀座に足繁く通い、街を愛する各界著名人や、「銀座通」がとっておきの楽しみかたやおすすめスポットなどなど、銀座の活用術を指南します。 いつもよりちょっとだけ特別、でも背伸びしすぎない、私たちがしたいことが全部この街に詰まっています。だからこそ、今こそ、銀座を目指して。 さらに周辺には、懐かしくも新しい、進化する下町エリアが。銀座から電車に少し揺られれば、新しい出合いが待っている。今いちばん注目の下町「木場」をスタートに、「門前仲町」、「蔵前」、「馬喰横山」、「人形町」、「小伝馬町」、「東京駅」をナビゲートします。東京イーストサイドを巡る、春の冒険へいざ出発!

 

元記事で読む
の記事をもっとみる