1. トップ
  2. 人気ドラマ『アットホーム・ダッド』開始から20周年 突如休業した人気芸人も キャストの現在

人気ドラマ『アットホーム・ダッド』開始から20周年 突如休業した人気芸人も キャストの現在

  • 2024.4.16
  • 92 views
(左から)阿部寛、篠原涼子 クランクイン! width=
(左から)阿部寛、篠原涼子 クランクイン!

2004年4月にドラマ『アットホーム・ダッド』(フジテレビ系)が放送開始して、今月で20周年だ。本作は、突然リストラされたCMディレクターが夫婦逆転の生活になり、「主夫」として家事や子育てに奮闘する姿を描くホームコメディードラマ。今回は、そんな『アットホーム・ダッド』に出演したメインキャストたちの現在をまとめた。

【写真】20周年『アットホーム・ダッド』出演後、一躍トップ女優になった逸材とは

■ 阿部寛

本作の主人公、大手広告会社のCMディレクターだったのに、ある日リストラされ、専業主夫となる山村和之を演じたのは、阿部寛だった。1980年代にモデルとして活動スタートした阿部は、ドラマ『TRICK』(テレビ朝日系)や本作での成功で一躍人気俳優に。その後も『結婚できない男』(フジテレビ系)、『ドラゴン桜』シリーズ、『下町ロケット』シリーズ(ともにTBS系)など多数の人気作で主演を飾った。昨年は豪華出演者と巨額の制作費で話題となった日曜劇場『VIVANT』(TBS系)に参加し、今や日本を代表する俳優の一人だ。私生活では2007年11月に一般女性と結婚。2011年6月に第1子長女、2012年11月に第2子次女が誕生している。

■ 篠原涼子

和之の妻・美紀を演じたのは篠原涼子だった。歌手やバラエティ番組のイメージが強かった篠原だが、この時本作と同クールに『光とともに…〜自閉症児を抱えて〜』(日本テレビ系)で連続ドラマ初主演を務め、メインキャストで起用された2作がどちらもヒットし、女優として大きく飛躍した。その後も、主演した刑事ドラマ『アンフェア』(フジテレビ系)シリーズや、超有能な派遣社員を演じたドラマ『ハケンの品格』(日本テレビ系)が大ヒットした。2005年12月に俳優の市村正親と結婚し、2008年5月に第1子となる長男、2012年2月に次男を出産したが、2021年7月に離婚を発表している。2003年以降、シングルリリースしていなかったが、昨年自身のヒット曲をセルフカバーした「恋しさと せつなさと 心強さと 2023」を発表し、年末の『第73回NHK紅白歌合戦』に1994年以来28年ぶり2回目の出場を果たしている。

■ 宮迫博之

和之の専業主婦仲間・杉尾優介を演じたのは、蛍原徹とのお笑いコンビ・雨上がり決死隊(当時)の宮迫博之だった。当時コンビとしても『アメトーーク!』(テレビ朝日系系)、『ワンナイR&R』(フジテレビ系)などがヒットし、人気芸人の仲間入りを果たした宮迫だが、本作以前からドラマにたびたび出演をし、今では珍しくない“俳優芸人”の先駆け的な存在だった。その後も芸能活動は順風満帆だったが、2019年6月、闇営業騒動により芸能活動を自粛し、翌月7月には所属していた吉本興業から契約を解消されたと発表した。自粛中だった2020年1月よりYouTuber活動を開始し、テレビ復帰がないまま2021年8月にコンビ解散となった。焼き肉店「牛宮城」をオープンするなど起業家としての顔も持つ。

MC業で大活躍も突如休業、姿を消した人気女性芸人も出演

■ 中島知子

優介の妻・笙子を演じたのは、松嶋尚美とのお笑いコンビ・オセロ(当時)の中島知子だった。1998年スタートの『笑う犬の生活』(フジテレビ系)でブレイクし、『中井正広のブラックバラエティ』(日本テレビ系)などでMCとして活躍。ところが、2011年4月放送の番組を最後に体調不良を理由に無期限休養を発表。2013年4月をもって松竹芸能とのマネジメント契約が終了し、オセロも解散した。その後、メディアに姿を見せない時期が続いたが、2021年よりテレビ大分で冠番組『中島知子のおうちで作れる!本格中華のススメ』がスタート。その後、2021年12月、かつてレギュラー出演していた『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)の特番に約16年ぶりに出演し、以後、全国区の番組にもたびたび出演している。

■ 川島なお美

和之と美紀の娘が通うひかり幼稚園の保護者たちのボス・岩崎真理江を演じたのは川島なお美さんだった。1980年代より『お笑いマンガ道場』(日本テレビ系)に出演するなどタレントとして活動していた川島さんだが、その美ぼうを武器に女優としても活動し、ドラマ『失楽園』(日本テレビ系)で見せた古谷一行さんとの激しいベッドシーンが話題に。2009年2月にパティシエ・鎧塚俊彦氏と結婚した。52歳だった2013年8月に健康診断で肝内胆管ガンが判明。手術するも2014年7月に再発が分かり、闘病を続けていたが、2015年9月に胆管がんのため死去。54歳だった。

■ 永井大

和之と優介が通うスポーツクラブ講師・大沢健児を演じていたのは永井大だった。2000年に永井マサル名義で、スーパー戦隊シリーズ『未来戦隊タイムレンジャー』(テレビ朝日系)に浅見竜也/タイムレッド役で出演し、主演ドラマデビュー。空手で国体に出場した経歴を武器に、筋骨隆々の肉体やアクションをこなすことも。出演する映画『邪魚隊/ジャッコタイ』が来月公開を控えている。私生活では、『サラリーマン金太郎2』(TBS系)で共演した女優の中越典子と2014年12月に結婚。2017年5月に第1子となる男児、2018年11月に第2子となる女児が誕生している。

元記事で読む
の記事をもっとみる