1. トップ
  2. 恋愛
  3. 【恋人ではない壁】異性の友達とできるボディタッチはどこまで?

【恋人ではない壁】異性の友達とできるボディタッチはどこまで?

  • 2024.4.16
  • 2737 views

異性の友達との関係は、時に微妙なバランスを要します。親密さを示すボディタッチもその一つですが、どこまでが許されるのか、どこからが相手にとって不快になるのか、その境界線は人によって異なります。


今回は、異性の友達とのボディタッチにおける「これくらいなら大丈夫」とされるランキングをお届けします。あくまで一般的な傾向に基づいたものですので、最終的にはお互いの関係性を考慮に入れてくださいね。

第3位:軽いハグや肩を抱く

友達同士であれば、お祝いの時や慰める時に軽いハグを交わすことは珍しくありません。また、写真を撮る際に肩を抱くなどの行為も自然なボディタッチとされています。


ただし、ハグの時間が長すぎたり、力が強すぎたりすると、相手を不快にさせることがあるため、その点には注意が必要です。

第2位:手をたたく、腕を軽く触れる

励ます時やおどけた様子で手をたたくことは、フレンドリーな印象を与えます。また、話している最中に腕に軽く触れることも、相手に不快感を与えずに、親しみを伝えることができるボディタッチです。


ただし、触れる回数や力加減には気をつけましょう。過度になると、友達としての範囲を超えてしまう可能性もあります。

第1位は...

第1位は、握手やハイタッチ


最も一般的で安全なボディタッチは、握手やハイタッチです。これらは、異性の友達間でも通常の挨拶として広く受け入れられています。


特にハイタッチは、成功を分かち合ったり、何かを祝ったりする際に、ポジティブな印象を与えることができます。

まとめ

異性の友達とのボディタッチは、その程度によって関係が左右されることがあります。ランキングを参考にしつつも、何より大切なのはお互いの快適さです。


ボディタッチを通じて、友情を深めることもできるでしょうが、相手の反応を見ながら、適切な距離感を保つことが重要です。今日からでも、友達との関係を見直し、より良い絆を築く一助として、この記事がお役に立てば幸いです。


(ハウコレ編集部)



元記事で読む
の記事をもっとみる