1. トップ
  2. 恋愛
  3. 電車で…女子高生「助けて!この人が!」男性「お…俺!?」しかし女子高生の”違和感のある証言”に…弁護士「なるほど…」

電車で…女子高生「助けて!この人が!」男性「お…俺!?」しかし女子高生の”違和感のある証言”に…弁護士「なるほど…」

  • 2024.4.16
  • 19813 views

皆さんは、生活のなかで思わず驚いてしまったことはありますか? この記事では、読んでいて驚いてしまうような物語とその対処法を紹介します。 ※この物語はフィクションです。 (CoordiSnap編集部) イラスト:モナ・リザの戯言 ※本文中の画像は投稿主様より掲載許諾をいただいています。 ※作者名含む記事内の情報は、記事作成時点でのものになります。

周りに責められパニック

電車に乗りながら、同棲中の彼女と連絡をとっていた主人公。 そのとき、突然女子高生が「助けて!この人が!」と主人公を指さしました。 心当たりのない主人公は「お…俺!?」と驚愕していると…。

出典:モナ・リザの戯言

罪を着せられ、パニックのまま電車を降ろされた主人公。 女子高生に示談金10万円を要求された主人公は、彼女に電話で助けを求めました。 すると彼女は「その子に触らないで」と言い、警察と弁護士を連れて駅に駆けつけたのです。 女子高生は警察に、主人公が右手で触ってきたと証言しますが…。 主人公は右手でスマホを触っていたと主張。 弁護士は「なるほど…」と呟くと、主人公の手の繊維鑑定を提案します。 本当に触られていれば手からスカートの繊維が出ると言われ、女子高生は顔面蒼白。 主人公は「それで触るなって言ったんだね」と彼女の助言に納得したのでした。

読者から募集した「電車で罪を着せられそうになったとき」の対処法

○警察を呼ぶ やましいことは何もしていないのに、突然罪を着せられるなんて恐怖です。 自分の無実を証明するためにも示談金は支払わず、警察を呼んで徹底的に戦います。 (30代/女性)
○証拠の提出を求める 無実の罪を着せられるのは怖いですね。 犯罪を証明するためには証拠が必要だと思うので、被害者や周囲に証拠の提出を求めます。 (40代/女性)

※こちらの記事はみなさんから寄せられたアンケートをもとに作成しています。 ※記事内の行為は犯罪です。絶対に真似をしないようにしてください。

元記事で読む
の記事をもっとみる