1. トップ
  2. レシピ
  3. 【横浜市】地元で旅行気分♪ 子どもと一緒に広々お風呂で癒されるプチトリップで楽しい一日を

【横浜市】地元で旅行気分♪ 子どもと一緒に広々お風呂で癒されるプチトリップで楽しい一日を

  • 2024.4.15
  • 72 views

こんにちは

短いようで長い春休みが終わって、いつもの日常を取り戻しつつある我が家です

春休み前半はお天気がぐずついていたのでなかなかお出かけができず、おうち遊びがメインになっていましたが

新学期が始まる少し前に家族でプチトリップしてきました。

「どこか行きたいね。希望はある??」と聞いたら

長女(小2)が「前に行った温泉!!」

…温泉?夏に行って以来旅行はしていないしどこだろう?と、よく話しを聞いてみると

『大きくて黒い温泉でゲームセンターがあって、楽しいところ!!』

先月に家族で行ったスーパー銭湯『天然温泉 極楽湯』のことを言っているのに気づきました。

『また?先月言ったよね?』と聞くと『また行きたいの!』

娘はもともとお風呂好き。すっかり気に入ったようです。

長男(年中)も『また大きいお風呂行きたいなー』と時おり言っていたのを思いだしました。

長男は風呂上がりのゲームコーナが目当てのようです。

※撮影・撮影の許可をいただいております

入口のイルミネーションで子ども達もテンションアップ!

早速『極楽湯』へ出発!

入口のイルミネーションですでに子どもたちのテンションは最高でした。

極楽湯は全国に店舗があり、私たちは横浜芹が谷店にお邪魔しました。

最寄り駅からは少し離れていますが、自家用車の方は大型駐車場が完備してあります。

今回私たちは車で向かいました。また、JR東戸塚駅から無料の送迎バスも運行しています。

末っ子2歳は本日はおばあちゃんのおうちでお留守番です。

黒いお湯の天然温泉

長女と私がペアになり、長男は夫に任せてそれぞお風呂タイム。

春休みの真っ只中でしたが、平日ということもあって洗い場もしっかり確保できました。

ここのお風呂は炭酸ガスを溶け込ました黒湯が特長です。娘がまだ幼稚園の時には黒いお湯に入ることを怖がっていたんですが、

今は『お肌がつるつる~』と歌うように話していました。さすが母より女子力高めです。

こちらの極楽湯芹が谷店は6種類の黒湯があります。

■漢方湯

■岩風呂

■壺風呂

■炭酸泉

■あつ湯

■寝湯

長女はすべてのお風呂に入りたいので、上記のあつ湯以外はすべてコンプリートしました。

漢方湯以外は露天風呂なので、まだまだ肌寒い外気と熱々のお風呂で日常をバタバタを忘れさせてくれるような時間。

下に弟がいるのでなかなか長女と二人っきりの時間がとれないので、お風呂では長女とゆっくり過ごせました。

浴室にベビーバスが用意されていたので、赤ちゃん連れには嬉しいサービスです

※パンフレット掲載の許可をいただいております

出典:あんふぁんWeb

お風呂上がりのゲームコーナーへ

ゆったり温まった後は子どもたちはお目当てのゲームコーナとカプセルトイコーナーへ

UFOキャッチャーやクレーンゲームがあり、景品がもらえるタイプのゲームなので子どもたちは夢中で遊んでいます。

廊下にはカプセルトイが20台ほど並んでいて、お風呂に関連するおもちゃが当たるので温泉気分が高まります。

長男はゲーム大好き
長女はカプセルトイが大好き

キッズメニューあり!美味しいごはんで満足

食事をとるスペースもあり、キッズメニューもありました。

子ども達は前回はキッズラーメンとキッズうどんをいただいたので、今回は大人メニューが食べたいとのことで、

冷たいおうどんと天ぷらのセットをいただきました。写真を撮るひまもなくあっという間に完食!!

子どもが好きそうなフライドポテトや手羽先などもあります。

キッズメニュー
フライドポテト400円
手羽先3本520円

心も身体も癒されて 子ども2人と大人2人でお会計は・・・

すっかり、春休みの疲れも取れて心も身体も癒されました。

子ども2人+大人2人で入館料と貸しバスタオルと販売タオルをそれぞれ購入して、夕食をおなかいっぱ食べて総額1万4760円でした。(ゲームコーナーで利用した分は別です)

子どもたちは旅行気分で楽しい思い出ができました。

お風呂もご飯も大満足でしたが、スタッフの方々がとても丁寧な対応で館内は掃除が行き届いていて清潔感がありピカピカです。

今回は利用しませんでしたが、貸座敷もあり(有料)小さいお子様連れの方はこちらでのんびりするのもおすすめです

子ども大人も楽しいプチトリップの参考にしていただけたら嬉しいです。

天然温泉 極楽湯 横浜芹が谷店

■住所 神奈川県横浜市港南区芹が谷5-54-8

■電話番号 045-820-4126

■営業時間 9:00~翌2:00(最終入館受付:翌1:30)

■入館料

おとな(中学生以上) 平日:930円 土日祝:1030円

こども(4歳~小学生まで)平日:500円 土日祝:500円

3歳以下無料

■販売品

販売タオル:220円

貸しバスタオル:220円

■貸座敷(営業時間 9:30~翌1:00)

一部屋 (1時間)平日:600円 土日祝:900円

出典:あんふぁんWeb

極楽湯公式ホームページ

<あんふぁんメイト matsu>

夫・長女7歳(小2)・長男4歳(幼稚園年中)・次男2歳 おでかけ、遊び、食べたいものなどみんなの希望が違ってもみんなが楽しい毎日を目指す

元記事で読む
の記事をもっとみる