1. トップ
  2. 『光る君へ』ファーストサマーウイカ、“ききょう”から“清少納言”へ 誕生の瞬間に反響「名付けキター!」

『光る君へ』ファーストサマーウイカ、“ききょう”から“清少納言”へ 誕生の瞬間に反響「名付けキター!」

  • 2024.4.15
  • 75 views
大河ドラマ『光る君へ』第15回「おごれる者たち」より (C)NHK width=
大河ドラマ『光る君へ』第15回「おごれる者たち」より (C)NHK

吉高由里子が主演を務める大河ドラマ『光る君へ』(NHK総合ほか)第15回「おごれる者たち」が14日に放送され、ききょう(ファーストサマーウイカ)が清少納言という名前を授けられる瞬間が描かれると、ネット上には「清少納言爆誕」「名付けキター!」といった声が集まった。

【写真】ききょう(ファーストサマーウイカ)に清少納言の名を授けた人物 『光る君へ』第15回「おごれる者たち」場面カット

道隆(井浦新)は、強引に定子(高畑充希)を中宮にし、詮子(吉田羊)を内裏の外へと追いやった。そこから2年後、一条天皇(塩野瑛久)は麗しく成長。道隆の独裁にも拍車がかかる。さらに道隆は息子・伊周(三浦翔平)らに身内びいきの人事を行い、定子のために公費を投じ始める。道長(柄本佑)は兄のやり方に納得がいかない。

そんなある日、まひろ(吉高)のもとにききょうが姿を見せる。ききょうは定子の女房になることが決まったと報告。道隆の妻・貴子(板谷由夏)から直々に、定子の話し相手になってほしいと以来されたと説明し、喜びを分かち合いたかったと告げる。ききょうが内裏で女房として働くことを目標としていたことを覚えていたまひろは、わざわざ報告に来てくれたことを喜ぶ。

その後、内裏を訪れたききょうは定子と対面。ききょうは初めて目にする定子の美しさに思わず見惚れてしまう。自身の名前を名乗った定子が、ききょうを見ると「清…少納言」とポツリ。続けて「今よりそなたを清少納言と呼ぼう」と語りかける。

そばで聞いていた貴子は「さすが中宮様」と称賛しつつ、ききょうの父の姓が清原で、夫は小納言の役職だったことを指摘。これにききょうは、すでに夫と別れたことやその元夫は小納言ではなかったと指摘。しかしききょうは自分で「清…少納言」と改めて口にすると「素敵な呼び名ですので、ぜひそれでお願いいたします」と笑顔で答え、定子を喜ばせるのだった。

ききょうが清少納言と名付けられる瞬間が描かれると、ネット上には「清少納言爆誕」「歴史に残る才女の名が誕生した!!」などの反響や「清少納言の名付けキター!」「誕生の瞬間を見た」といったコメントが相次いでいた。

元記事で読む
の記事をもっとみる