1. トップ
  2. レシピ
  3. 家に帰ると…私「泥棒…?」部屋が荒らされている!?通帳の位置も変わっていて…→後日発覚した”よく知る”犯人の正体に我慢の限界!!

家に帰ると…私「泥棒…?」部屋が荒らされている!?通帳の位置も変わっていて…→後日発覚した”よく知る”犯人の正体に我慢の限界!!

  • 2024.4.14
  • 7986 views

皆さんは、義家族の行動にイラッとした経験はありますか? 今回は部屋が荒れていた女性のエピソードとその感想を紹介します。 (CoordiSnap編集部) イラスト:アカネ

朝ごはんをチェックする義母

主人公が義母に追い込まれたときの話です。 同じ敷地内の隣に住む義母は、毎日朝早くチャイムも鳴らさずに家に入り込んできます。 さらに「今日はなにかしら〜」と言って、朝ごはんをチェックするのです。 主人公は働きながらも料理をしていましたが…。 義母は「残りものなんか出して…毎日料理しなさい!」とイヤミを言ってきます。

部屋が荒らされていた

出典:CoordiSnap

ある日、仕事から帰ると部屋が荒らされていて、主人公は「泥棒…?」と驚きました。 すぐに貴重品や通帳などがあるか確認すると、位置が変わっていたのです。 義母のしわざだと思った主人公は、義母に抗議。 すると義母は「今度このお金で海外旅行しましょ!」と言うのです。 夫も味方になってくれず、我慢の限界がきた主人公なのでした。

読者の感想

イヤミを言ってくるだけでなく、勝手に部屋を荒らして通帳を見る義母が信じられません。 さらに海外旅行まで要求してくるなんて腹が立ちますね。 我慢の限界がきてしまった主人公に共感しました。 (40代/女性)
主人公の家は義母の家ではないですし、好き勝手しすぎだなと呆れました。 頼みの綱の夫すら味方になってくれないなんて、主人公が気の毒だなと思います。 (20代/女性)

※この記事はユーザーのエピソードをもとに作成しています。 ※実際に募集した感想をもとに記事化しています。

元記事で読む
の記事をもっとみる