1. トップ
  2. 恋愛
  3. 【全国初】活性化のアイデアはUSEN!「まち中音楽」で仕事の効率もアップ?施設・お天気でジャンルも変える工夫も【北海道・奈井江町】

【全国初】活性化のアイデアはUSEN!「まち中音楽」で仕事の効率もアップ?施設・お天気でジャンルも変える工夫も【北海道・奈井江町】

  • 2024.4.13
  • 86 views

マチの活性化は今や北海道内共通の課題ですが、空知の人口5000人の町が選んだのは、「BGM」による地域の活性化でした。

29日昼すぎ。北海道奈井江町の憩いの場の「交流プラザみなクル」です。

Sitakke

どこからともなく聞こえてきたのはアコースティックのギターです。

これは、29日から奈井江町で始まった「まち中音楽」という新たな取り組みです。

奈井江町の三本英司町長は「マチの人たちが音楽を通じて元気になったり、子どもたちが音楽を通して広がる世界を感じてくれればいい」と話します。

そんな奈井江町がパートナーに選んだのは、60年以上、飲食店などの店舗向けBGMを提供する有線放送サービスの「USEN」です。

USEN MUSIC Enterpriceというサービスで、町内全ての公共施設に対して提供するのは全国初だといいます。

Sitakke

USENが、BGMで空間づくりをするのは奈井江町内の9つの公共施設。

JR奈井江駅前の広場では、あたりを爽やかなクラシックが包みます。

一方、奈井江町役場の企画財政課は、ゆったりとした音楽で作業もはかどりそうです。

Sitakke

施設や時間帯に応じて、音楽ジャンルを変えながら、町民の日常に音楽を届けます。

奈井江町職員からは「リラックスして落ち着いて仕事できますので、効率アップが見込めると思う」という声も聞かれました。

三本英司町長からは「雨が降っていれば少しでもモチベーションが上がるような、そんな音楽が流せたら元気がでるのかな」なんてアイデアも

「心と体のサポート」「集中力の向上」「円滑なコミュニケーション」などへの影響が期待される音楽。

奈井江町は今は、中心部だけのこの「まち中音楽」をエリアを広げながら、町民への情報発信にも活用したい考えです。

文:HBC報道部
編集:Sitakke編集部あい

※掲載の内容は「今日ドキッ!」放送時(2024年3月29日)の情報に基づきます。

元記事で読む
の記事をもっとみる