1. トップ
  2. グルメ
  3. 【東京・最新】人気の日本茶専門店17選|こだわり茶葉の煎茶やほうじ茶から、おしゃれな新感覚の日本茶ドリンクまで!老舗の抹茶スイーツも

【東京・最新】人気の日本茶専門店17選|こだわり茶葉の煎茶やほうじ茶から、おしゃれな新感覚の日本茶ドリンクまで!老舗の抹茶スイーツも

  • 2024.4.15
  • 2529 views

最近見かけることが増えてきた、こだわりのお茶を提供してくれる日本茶専門店。今回は『るるぶ&more.』でご紹介したなかから、東京でおいしい日本茶が楽しめるお店をご紹介します。茶葉の産地や銘柄にこだわった煎茶やほうじ茶から、注文ごとに点てられる抹茶、バリスタによる日本茶ミルクティーなど新感覚のお茶ドリンクまで、どれも専門店ならではの味わいが楽しめるお店ばかり。時間をかけて丁寧に入れた日本茶を堪能しながら、ホッとひと息つく時間を過ごしてみては?

Shop.1【浅草】和モダンな古民家で楽しむひととき/八十八 浅草

るるぶ&more.編集部

東京メトロ浅草駅から徒歩約5分、台東区立隅田公園のほど近くにある日本茶スタンド「八十八 浅草(はとや あさくさ)」。京都の名店「八十八良葉舎(はとやりょうようしゃ)」の2号店となり、東京への出店は初めてとのこと。古民家を改装した和風のたたずまいは、浅草の街の雰囲気にぴったりです。

るるぶ&more.編集部

「八十八 浅草」で驚くのは、注文ごとに抹茶を点ててもらえるところ!ラテの注文でも、茶碗と茶せんを使って目の前でお茶を点てる様子を見ることができます。

通常、スイーツに用いられる抹茶は二番茶やそれ以降のものが多いそうですが、「八十八 浅草」では風味が豊かな一番茶にこだわっているのだとか。素材にこだわるからこそ、抹茶そのもののおいしさを楽しめるのですね!

左から「抹茶ラテ壱(泡抹茶・黒糖トッピング)」1100円、「浅草プリン(白玉トッピング)」750円
左から「抹茶ラテ壱(泡抹茶・黒糖トッピング)」1100円、「浅草プリン(白玉トッピング)」750円

看板メニューで、SNSでも話題の「抹茶ラテ」は、宇治田原産の抹茶のオーソドックスな味が楽しめる「壱」700円と、城陽産の焙煎茶葉の香ばしさが楽しめる「弐」900円の2種類から選ぶことができます。今回は「壱」をセレクトし、「泡抹茶」350円と「黒糖」50円をトッピング。

そして「浅草プリン」は、ここ浅草店でしか食べられない限定メニュー。抹茶プリンの上に抹茶のソースがかかっていて、これまた抹茶尽くし!今回は「白玉」150円をトッピング。ひと口いただくと、白玉はもちもち!ほろ苦い抹茶ソースとプリンがマッチしていて、抹茶好きにはたまりません。

新緑のように美しい緑の「抹茶ラテ」を片手に、隅田川沿い散策や浅草観光をしてみてはいかがでしょうか?

■参考記事:日本茶スタンド「八十八 浅草」で浅草店限定スイーツや抹茶尽くしのドリンクを堪能!(配信日:2023.03.06)

Shop.2【三軒茶屋】さまざまな交流が生まれる令和の“茶屋”/THREE

るるぶ&more.編集部

三軒茶屋駅から徒歩で約5分のところにある「THREE(すりー)」は、シーシャ(水タバコ)が楽しめるカフェ&バー。緑に囲まれ、木の温もりあふれる空間では、こだわりのお茶を使用したドリンクやスイーツに加え、オリジナルカクテル&オリジナルフレーバーのシーシャとのペアリングなどが楽しめます。

写真下左から「ほうじ茶プリン」800円、「抹茶テリーヌ」1000円、写真上左から「ほうじ茶ラテ」700円、「Maccha Latte No.1」1000円
写真下左から「ほうじ茶プリン」800円、「抹茶テリーヌ」1000円、写真上左から「ほうじ茶ラテ」700円、「Maccha Latte No.1」1000円

メニューは、お茶と関わりが深い三軒茶屋にちなんで、日本茶を使ったドリンクやスイーツが充実。なかでもおすすめは、福岡県八女市産の最上級の抹茶を使用した「Maccha Latte No.1」。できたての豊かな香りや味わいを楽しんでもらいたいとの思いから、注文ごとに目の前でお茶を点てています。甘さをつけることもできますが、まずはそのまま、抹茶のやわらかな苦み、深いうま味とまろやかなミルクのコクとの絶妙なバランスを楽しんで。

そのほか、宇治の抹茶とホワイトチョコレートで作る「抹茶テリーヌ」や、鹿児島県薩摩川内産の「雁が音(かりがね)ほうじ茶」を使用した「ほうじ茶ラテ」、ミルクで煮出したほうじ茶を使用した「ほうじ茶プリン」もおすすめ!

どのメニューも1日を通して注文できるので、夜カフェとして利用したり、休日などに昼間からカクテルやシーシャを楽しんだりしてもOKですよ。

■参考記事:昼も夜も通いたい!三軒茶屋「THREE」で楽しむ抹茶ドリンク×スイーツ、カクテル×シーシャのペアリング(配信日:2024.01.04)

Shop.3【芝公園】練り切りと日本茶のセットでほっとひと息/TERA CAFE SHIEN -ZOJOJI-

るるぶ&more.編集部

増上寺の鐘楼堂の奥にある「TERA CAFE SHIEN -ZOJOJI-(てらかふぇ しえん ぞうじょうじ)」。東京タワーと大殿が並ぶ姿と空高く澄み渡る青空とのコントラストに、清々しい気分になりますね。

るるぶ&more.編集部

こちらが入口。古民家風で風情がありながらも、洗練された雰囲気です。もとはそばや甘味が食べられる食事処「芝縁(しえん)」だったところを、和モダンな雰囲気のカフェにリニューアル。たくさんの緑とお寺の静粛な雰囲気が相まって、時間がゆっくり流れます。

和菓子セット「練り切り+お好みのお茶」1600円
和菓子セット「練り切り+お好みのお茶」1600円

こちらは、練り切りとお茶の和菓子のセット。お茶は、「天然玉露 朝霞」「SHIEN茶」「しずく茶」「無農薬ほうじ茶」「無農薬アールグレイ茶」の5種類から選べます。すべて佐賀県の嬉野茶を使用。練り切りは、江戸の老舗和菓子店「榮太樓總本鋪」のもの(味は季節による)。タイミングによっては何種類かあり、選ぶこともできるそう。

無農薬の嬉野抹茶を使用したアフォガードや宇治抹茶のモンブランなど、お茶を使った和スイーツが揃っていて、ちょっと気持ちをリセットしたいときに、増上寺参拝も兼ねてぜひ訪れてみては。

■参考記事:増上寺の境内にある和カフェ「TERA CAFE SHIEN -ZOJOJI-」のお茶と和スイーツでほっとひと息(配信日:2023.09.24)

Shop.4【錦糸町】日本茶ミルクティーを新体験!/And Tei

るるぶ&more.編集部

錦糸町駅から徒歩10分ほどの「And Tei(あんど てい)」。カフェやコーヒースタンドなどの立ち上げやメニュー開発をする傍ら、日本茶バリスタとしても活動する倉橋佳彦さんが、日本茶をミルクティーという新しい飲み方で提案するお店です。

るるぶ&more.編集部

「日本茶ミルクティー」は、好きな茶葉、ミルク、甘さを選ぶことができます。全国の生産者を訪れて厳選した茶葉は、有機ほうじ茶、有機玄米茶、国産紅茶、国産烏龍茶の4種類。牛乳を合わせると日本茶の風味や香りが消えてしまうため、オーツ(オーツ麦)、ソイ(大豆)、スプラウト(黄えんどう豆)と3種類のプラントベース(植物性)ミルクを使っています。

「有機玄米茶ミルクティー」750円、「塩こうじプレーンスコーン」400円
「有機玄米茶ミルクティー」750円、「塩こうじプレーンスコーン」400円

フワフワで口当たりのよさも「日本茶ミルクティー」の特徴。高温のお湯で入れたお茶にミルクを注ぎミルクスチーマーでフォームミルクに。茶葉を入れたままスチーマーにかけることでミルクにもお茶の香りが付くそうです。合わせるのはサクサク、ホロホロの「塩こうじプレーンスコーン」。甘さ控えめで、噛むほどに小麦の味が広がりますよ。

「And Tei」での体験を入口に、自分なりの日本茶の世界をどんどん広げてみては?

■And Tei(あんど てい)
住所:東京都墨田区太平4-22-6 1F
TEL:非公開
営業時間:10~18時
定休日:不定休

■参考記事:日本茶ミルクティーを新体験。ニューオープンしたカフェ「And Tei」へ(配信日:2022.04.22)

Shop.5【駒沢大学】畳の魅力やお茶のおいしさを再発見!/TEA TATAMO!駒沢店

るるぶ&more.編集部

駒沢大学駅から駒澤大学方面へ向かって徒歩約5分、国道246号沿いにある「TEA TATAMO!(てぃー たたも)駒沢店」。長野県で3代続く畳店がプロデュースしているカフェで、三軒茶屋店に続く2店舗目。若い世代の人たちにも日本の伝統文化である畳の魅力や、海外でも人気が高まっている抹茶のおいしさを伝えたいとしてスタートしたブランドです。

すべての人に安心・安全に楽しんでほしいという思いから、手に触れるものや口に入るものは、オーガニック素材を中心に使用。イートイン席には、有機栽培されたイグサで作ったオリジナルの畳ベンチが設置されています。

「特撰抹茶アイスラテ」800円
「特撰抹茶アイスラテ」800円

ドリンクに使用するのは、静岡県産の無農薬栽培の茶葉を粉末状にしたもの。お茶そのものを粉末にしているから、おいしさはもちろん、茶葉に含まれる栄養素を丸ごと摂取できるのもうれしいポイントです。

なかでも一番人気は「特撰抹茶アイスラテ」。茶葉本来のおいしさを味わえるよう、注文ごとに一杯ずつ点ててくれます。甘さは「無糖」、「微糖」、「甘め」の3段階から選べますが、おすすめは断然「無糖」。抹茶の濃厚なうま味や香り、ほろ苦さが、牛乳の自然な甘さと溶け合います。

駒沢公園からも近いので、お散歩がてらぜひ立ち寄ってみてくださいね。

■TEA TATAMO! 駒沢店(てぃーたたも こまざわてん)
住所:東京都世田谷区駒沢1-17-14
TEL:080-7486-3321
営業時間:11~23時
定休日:無休

■参考記事:畳を生かした和カフェ「TEA TATAMO!駒沢店」の日本茶ドリンクでホッとひと息(配信日:2023.11.05)

Shop.6【表参道】抹茶を楽しむなら!隠れ家カフェでお抹茶体験/宇治園

るるぶ&more.編集部

表参道駅から徒歩7分ほどの裏路地にある「裏参道ガーデン」は、“五感で楽しむ古き良き日本”をテーマに現在3つのお店が入った和のフードコート。昭和22年(1947)に建てられた古民家をリノベーションした趣あるたたずまいは、まるで昭和にタイムスリップしたみたい!

抹茶ティラミス 抹茶体験セット 1200円
抹茶ティラミス 抹茶体験セット 1200円

「裏参道ガーデン」の一角にある「宇治園(うじえん)」は、明治2年(1869)、京都府山城町で創業した老舗お茶専門店が手がける和スイーツのお店。こちらでは、誰でも気軽に抹茶体験をすることができるんです!

抹茶が入った茶碗にお湯を注いで、茶せんを縦方向に動かしシャカシャカ点てると…緑色の繊細な泡に。抹茶を口に含むとふわりと奥深い香りに包まれて、ほっこりした気分になれます。セットのティラミスは、濃厚な宇治抹茶とマスカルポーネクリームが相性抜群!

抹茶体験と本格抹茶スイーツが楽しめる「宇治園」。表参道散策の合間に、ほっとひと息つきたい時におすすめです。

■参考記事:表参道で抹茶を楽しむなら!隠れ家カフェ「宇治園」で抹茶を点てる和体験にワクワク!(配信日:2018.06.03)

Shop.7【丸の内】お茶屋さんが手がける抹茶ドリンク&スイーツ/一〇八抹茶茶廊 新丸の内ビル店

るるぶ&more.編集部

「一〇八抹茶茶廊(いちまるはちまっちゃさろ)」は、抹茶の多彩な魅力を多くの人に知ってもらいたいとの思いから、お茶屋さんが手がけた抹茶ドリンク・スイーツ専門店。

左から「今川焼き(あずき粒あん)」216円、「抹茶ラテ(アイス)」432円
左から「今川焼き(あずき粒あん)」216円、「抹茶ラテ(アイス)」432円

すべて有機にこだわった抹茶ドリンクはもちろん、国産の新鮮な抹茶を練り込んだ生地で、甘さ控えめの小豆粒あんや抹茶カスタード、季節のあんこを包んでその場で焼き上げた「今川焼き」などの絶品スイーツもいただけますよ。

■一〇八抹茶茶廊 新丸の内ビル店(いちまるはちまっちゃさろう しんまるのうちびるてん)
住所:東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング地下1F
TEL:03-6273-4130
営業時間:10~21時(土曜は11時~、日曜・祝日は11~20時)
定休日:施設に準ずる

■参考記事:東京・新丸ビルのおすすめカフェ&レストラン7選! スイーツから本格ディナーまでこだわりメニューを紹介(配信日:2022.11.27)

Shop.8【御成門】“茶バリエ”が点てる「本気の抹茶ラテ」/CHAYA 1899 TOKYO

「濃茶ラテ(温/冷)」3~4gは600円、5gは650円、6gは700円
「濃茶ラテ(温/冷)」3~4gは600円、5gは650円、6gは700円

御成門駅から徒歩約6分の「ホテル1899東京」1階にある「CHAYA 1899 TOKYO(ちゃや いちはちきゅうきゅう とうきょう)」。目玉は、全国のお茶どころから厳選した上質な抹茶、ほうじ茶、和紅茶(国産紅茶)などを使った、日本茶専門店ならではの本格派ドリンクです。

一番の注目は「濃茶ラテ(温/冷)」。茶釜付きの専用カウンターで日本茶のプロ“茶バリエ”が注文ごとに1杯1杯、目の前で抹茶を茶せんで点てミルクに加えてくれます。抹茶の量は3~6gまで1g単位で選べ、お店のおすすめは4g。よりずっしりした重厚感あふれる風味を楽しみたいなら6gをどうぞ。

るるぶ&more.編集部

日本茶ドリンクに合わせたいのは、抹茶の風味がしっかりと感じる「抹茶パン」や、お酒でしっとりと焼き上げた「酒茶ケーキ」、茶道でも使われる上質な宇治産抹茶をたっぷり濃く3.5%も使った「濃茶ジェラート」など。セットでドリンクを注文すれば、ドリンクが100円割引に!

ぜひ、こだわりの“日本茶専門店カフェ”で、自分の好みにあった“my抹茶ラテ”を楽しんでみては?

■参考記事:本気の抹茶ラテやスイーツ、パンなどこだわりの「日本茶専門店カフェ」がオープン(配信日:2020.02.21)

Shop.9【三越前】100%宇治産!シングルオリジンの極上抹茶/IPPUKU & MATCHA

左から「宇治抹茶&ほうじ茶のテリーヌセット」700円、「抹茶ラテ」680円
左から「宇治抹茶&ほうじ茶のテリーヌセット」700円、「抹茶ラテ」680円

三越前駅から歩いてすぐにある抹茶専門店「IPPUKU & MATCHA(いっぷく あんど まっちゃ)」。
こちらでは100%京都・宇治産のシングルオリジン(単一品種・単一茶園)にこだわった抹茶を提供しています。定番人気の「抹茶ラテ」は、無糖かてんさい糖入りが選べますが、抹茶好きの方には、抹茶本来の味わいが楽しめる無糖がおすすめ。

お店の看板スイーツ「宇治抹茶テリーヌ」と「ほうじ茶テリーヌ」は、口に入れた瞬間、しっとりと濃厚な口どけに感動!ちょうどよい甘さがほろ苦い抹茶の風味を包みます。

「抹茶パフェとシングルオリジン宇治抹茶」2800円
「抹茶パフェとシングルオリジン宇治抹茶」2800円

お店奥には、抹茶をよりゆっくりと味わえるよう茶室を完備。目の前で丁寧に点てられる抹茶とともに、スイーツをカウンター席でいただけます。

茶室で一番人気は「抹茶パフェ」(写真左)。「抹茶テリーヌ」が挟まれたマカロンに、抹茶とほうじ茶のアイスがのった豪華な一品です。その下にはクリームチーズとイチゴソース、濃厚抹茶クリームがたっぷり!(フルーツソースは季節によって変わります)

極上の抹茶で、忙しい日常を忘れてほっとひと息ついてみてくださいね。

■IPPUKU & MATCHA(いっぷく あんど まっちゃ)
住所:東京都中央区日本橋室町2-1-1 日本橋三井タワー 1F
TEL:03-6262-3224
営業時間:11~20時
定休日:不定休、施設に準ずる

■参考記事:抹茶好き必見!宇治産茶葉にこだわった「IPPUKU & MATCHA」のドリンク&スイーツ(配信日:2021.04.09)

Shop.10【日本橋】お茶×海苔のアフタヌーンティーが話題!/山本山 ふじヱ茶房

るるぶ&more.編集部

「山本山 ふじヱ茶房(やまもとやま ふじえさぼう)」は、「お茶と海苔の魅力を直感で感じられる茶房」がコンセプトの日本茶専門の茶房。“日本最古の茶商”である山本山が全国から厳選した日本茶を最高の状態で提供しているほか、上質な国産海苔を使った“海苔が主役の料理”や、お茶にちなんだ甘味メニューを提供しています。

「茶菓講」5500円 (金~日曜、および祝日のみ提供)※2日前まで要予約
「茶菓講」5500円 (金~日曜、および祝日のみ提供)※2日前まで要予約

「茶菓講」は、お茶と海苔を使ったメニューが主役のアフタヌーンティー。山本山の「抹茶 上喜撰」を練りこんで作った「抹茶わらび餅」をはじめ、粉茶を練りこんで作った「煎茶クッキー」や、山本山の焼海苔を醤油に漬け込んで作った自家製のタレがかかった「海苔みたらしだんご」など、オリジナルメニューで構成されています。
※茶菓講の内容は、季節によって変更になります。また、食材の仕入れ状況によっても内容が変更になる可能性があります。

お茶や海苔は繊細なため、調理する際には加熱温度に気をつけなければ、上品な味や香りが消し飛んでしまいます。「山本山 ふじヱ茶房」ではお茶や海苔を熟知したスタッフが、使用するそれぞれの素材の特性を生かしてメニューを開発。形は変われど、変わらぬお茶と海苔の味を体験できます。

お茶を愉しむために作られた空間で、慌ただしい日常を忘れて憩いのひと時を過ごしてみては?

■山本山 ふじヱ茶房(やまもとやま ふじえさぼう)
住所:東京都中央区日本橋2−5-1 日本橋髙島屋三井ビルディング1F
TEL:03-3271-3273
営業時間:売店 10時30分~18時30分、喫茶 11~18時(17時30分LO)
定休日:不定休

■参考記事:「山本山 ふじヱ茶房」のお茶×のりのアフタヌーンティーが話題!老舗茶房のオリジナルメニューが楽しめる(配信日:2020.10.23)

Shop.11【築地市場】ごちそうMATCHAドリンクメニューが進化!/ATELIER MATCHA

るるぶ&more.編集部

築地市場駅から徒歩2分ほど。縁側風のテラス席を構えた開放的な造りの「ATELIER MATCHA(あとりえ まっちゃ)」は、江戸時代から続く京都宇治の製茶問屋「山政小山園」が手がける、プレミアムな抹茶をカジュアルに楽しむことができる抹茶カフェです。

「MATCHA わらび餅しるこ」890円
「MATCHA わらび餅しるこ」890円

注目は、まるで飲むデザートのような満足感のある「ごちそうMATCHAドリンク」の数々。人気メニュー「MATCHA わらび餅しるこ」は、わらび餅やホイップクリーム、あんこなどが入ったパフェのような一品です。抹茶とあずきという相性抜群の組み合わせは、やはり間違いのないおいしさ!粒あんの上にかのこ豆が載っていて、豆の食感も味わうことができます。下にあるわらび餅は甘めで、弾力もありつつ軟らかな食感。ほかがシンプルなので、甘さがほどよいバランスになっています。

「MATCHAのサードウェーブを世界へ」をミッションとして掲げる「ATELIER MATCHA」。銀座の地から上質な抹茶の真のおいしさを世界に発信していく、今後の進化にも目が離せません!

■ATELIER MATCHA(あとりえ まっちゃ)
住所:東京都中央区銀座8-18-4東銀座ビル1F
TEL:03-5801-5991
営業時間:8~18時(17時45分LO)
定休日:火曜

■参考記事:本格抹茶カフェ「ATELIER MATCHA(アトリエ マッチャ)」が銀座に移転オープン!(配信日:2023.11.28)

Shop.12【渋谷】ゆったり1人時間が過ごせる!渋谷の穴場カフェ/京都宇治 藤井茗縁

るるぶ&more.編集部

「東急プラザ渋谷」6階にある、宇治茶の伝統を守り続けている老舗茶園のお茶が味わえるおしゃれな茶寮(カフェ)、「京都宇治 藤井茗縁(めいえん)」。広々とした店内からは、渋谷の街並みを望むことができます。

「薄茶」1100円(茶菓子付き)/京都宇治 藤井茗縁
「薄茶」1100円(茶菓子付き)/京都宇治 藤井茗縁

こちらでは「玉露」や「煎茶」「玄米茶」「雁ヶ音」「ほうじ茶」など、さまざまなバリエーションのお茶を用意。品質の高い本格的なお茶を気軽に味わえるので人気です。
さらに、宇治茶といえばはずせないのが「抹茶」。「抹茶」は注文してからしっかり点てて提供されますよ。

混雑する渋谷のなかで、1人で入りやすい穴場的のスポット。ぜひ行ってみてくださいね。

■参考記事:渋谷のカフェ難民におすすめ!ゆったり1人時間が過ごせる穴場カフェ(配信日:2020.02.16)

Shop.13【西荻窪】濃厚な抹茶のうま味に感動!“茶リスタ”がいれる「抹茶ラテ」/Saten Japanese Tea

るるぶ&more.編集部

西荻窪の日常に溶け込んだ日本茶を提供する日本茶スタンド「Saten Japanese Tea(さてん じゃぱにーず てぃー)」。オープンさせたきっかけの一つは抹茶ラテ。オープン前には、抹茶ラテに合う抹茶と牛乳の組み合わせを数十種類模索。そうしてできあがったのが牛乳の白と抹茶の緑のコントラストが美しいこの抹茶ラテなんです。

使う抹茶は京都・宇治の辻喜(つじき)のもの。注文が入ってから1杯ずつ丁寧に点てられる抹茶を低温殺菌牛乳に注いで完成!抹茶本来の苦みやうま味を大事にしたいとシロップなどは入れずに、ノンシュガーなのがポイントです。飲んでみると、しっかりとした抹茶の苦みと牛乳のまろやかさがとてもマッチ!

るるぶ&more.編集部

ほかにも、茶葉それぞれの味わいを楽しんでほしいと、単一農家、単一品種のシングルオリジンの日本茶も提供。

日本茶のおいしさを再発見できるドリンクやスイーツが豊富な「Saten Japanese Tea」で、お茶の魅力に浸るひとときを味わってくださいね。

■参考記事:濃厚な抹茶のうま味に感動!“茶リスタ”が淹れる「Satén Japanese Tea」の「抹茶ラテ」(配信日:2018.10.07)

Shop.14【原宿】ヴィーガン和スイーツで日本の魅力を再発見!/かふぇ茶色

るるぶ&more.編集部

個性的なアパレルショップやカフェが並ぶ流行の発信地キャットストリート。原宿側から入ると、少しだけ左手に外れた路地裏に、日本茶とヴィーガン和スイーツが楽しめるという「かふぇ茶色」があります。

扉を開けると、波紋が描かれた白い玉石が敷き詰められていて、まるで京都のお庭のよう。靴を脱ぎ畳のタイルのうえでゆったりくつろげる癒やしの空間になっています。和モダンな雰囲気のインテリアは、すべてアメリカ出身のオーナー、ジェームズ・ブラウン氏が手掛けたものです。

左から「味噌団子」520円、「抹茶ラテ」590円
左から「味噌団子」520円、「抹茶ラテ」590円

京都で食べた味噌団子からインスピレーションを受けて開発したというのが人気メニュー「味噌団子」。300年以上の歴史を誇る京都の日本茶専門店、一保堂茶舗の茶葉を使用した「抹茶」と「ほうじ茶」、そして「水キャラメル」という3種類の味わいを食べ比べできるセットです。

一保堂茶舗の茶葉を使用した「抹茶」は490円。味噌団子とのセット「旨味」であれば900円で楽しめます。写真はプラス100円で新潟県産ライスミルクを加えてラテにしたもの。クセがなくサラサラとした口当たり、抹茶の心地よい苦みが、お米由来のやさしい甘さを引き立てています。

ブラウン氏の柔軟なアイディアとセンスが合わさって、これからも新しい和スイーツが続々と誕生していきそうな予感♪ これからも通うのが楽しみな「かふぇ茶色」でした。

■参考記事:原宿「かふぇ茶色」のヴィーガン和スイーツで新しい角度から日本の魅力を再発見!(配信日:2022.02.23)

Shop.15【渋谷】渋谷の街を見下ろしながら、日本茶を飲み比べ!/神楽坂 茶寮 渋谷スクランブルスクエア店

るるぶ&more.編集部

渋谷スクランブルスクエア14階にある「神楽坂 茶寮(かぐらざか さりょう)」。お茶にこだわり素材とのバランスを追求した和スイーツや、だしと野菜を味わう身体にやさしいお食事メニューが揃うお店です。

店内は、和の雰囲気を感じる落ち着いた雰囲気。窓際の席からは渋谷の街を見下ろすことができますよ。

るるぶ&more.編集部

「日本のお茶セット」で選べるお茶は、静岡の「佐々木製茶株式会社」、京都の「丸久小山園」、鹿児島「仁田尾の知覧茶園」の厳選された茶葉。煎茶や玄米茶、ほうじ茶のほか、最近は和紅茶も人気なのだとか。茶葉が入った急須に、自分でお湯を注いで蒸らしてからいただくので、好みの蒸らし具合でいれたてのお茶を味わうことができます。抽出する時間を調整して、いろいろな味わいを楽しむのもよさそうです。ぜひ自分好みのお茶を見つけてみたいですね。

■神楽坂 茶寮 渋谷スクランブルスクエア店(かぐらざか さりょう しぶやすくらんぶるすくえあてん)
住所:東京都渋谷区渋谷2-24-12渋谷スクランブルスクエア14F
TEL: 03-6433-5751
営業時間:10~23時
定休日:無休

■参考記事:2021年のトレンド!“日本茶かき氷”を渋谷スクランブルスクエアで食べ比べ【#編集部のおでかけキロク】(配信日:2021.08.23)

Shop.16【渋谷】「伊藤園」が手がける和カフェでできたてお抹茶フードを!/ocha room ashita ITOEN

るるぶ&more.編集部

渋谷スクランブルスクエア10階にある「ocha room ashita ITOEN(おちゃるーむ あした いとうえん)」。お~いお茶で有名な「伊藤園」が手がける飲食・物販店舗で、抹茶ドリンクや抹茶わらびもちのほか、抹茶を使用した軽食など、このお店ならではのフードメニューも揃います。

るるぶ&more.編集部

点てたてを提供される御抹茶や、オーダーごとに粉から作るできたて抹茶わらびもちは、抹茶好きな方におすすめです。

■ocha room ashita ITOEN(おちゃるーむ あした いとうえん)
住所:東京都渋谷区渋谷2-24-12渋谷スクランブルスクエア10F
TEL: 03-6803-8112
営業時間:10~21時
定休日:無休

■参考記事:2021年のトレンド!“日本茶かき氷”を渋谷スクランブルスクエアで食べ比べ【#編集部のおでかけキロク】(配信日:2021.08.23)

Shop.17【築地】実演に歓声あがる!さわやか抹茶ラテ/MATCHA STAND MARUNI

るるぶ&more.編集部

築地市場は移転したものの、まだまだ海鮮系のお店を中心に賑わう築地場外市場エリア。その中で目を引くのが、日本茶専門店「MATCHA STAND MARUNI(まっちゃ すたんど まるに)」です。

一番人気はアイスの抹茶ラテ。ホットだとミルクの甘みが出てしまうので、アイスのほうが抹茶独特のおいしさをより感じられるんだとか。目の前で抹茶をたて、きび糖シロップを混ぜたら、真っ白のミルクに鮮やかな緑の抹茶がゆっくり注がれていきます。その白と緑が混ざり合うコントラストがとってもきれい!

店内では緑茶・ほうじ茶・玄米茶の粉末やティーバッグ、茶葉のほか、抹茶碗や茶筅などの茶道具、急須や鉄瓶などの茶器も販売。

ぜひさわやかな抹茶ドリンクを飲みながら、日本の茶文化を身近に感じてみてくださいね。

■MATCHA STAND MARUNI(まっちゃ すたんど まるに)
住所:東京都中央区築地4-14-18
営業時間:8~16時
定休日:水・日曜

■参考記事:築地で目立ちまくり!“実演に歓声あがる”夏におすすめの抹茶ラテ(配信日:2020.07.02)


●店舗・施設の休みは原則として年末年始・お盆休み・ゴールデンウィーク・臨時休業を省略しています。
●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。内容の変更が発生する場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。
●この記事は、『るるぶ&more.』の過去に掲載した記事をもとに作成しています。


元記事で読む
の記事をもっとみる