1. トップ
  2. 恋愛
  3. 4万バズ!共感しかない「子の朝食と母の朝食」見た目の差に「愛だ」「懐かしい」

4万バズ!共感しかない「子の朝食と母の朝食」見た目の差に「愛だ」「懐かしい」

  • 2024.4.12
  • 15867 views

この記事ではX(旧Twitter)でバズった投稿を紹介します。今回紹介するのはバビチョ(@babicorian)さんが投稿していた母子での朝食の違いです。子どもに朝ごはんを食べさせる時、どうにかしてスムーズに食べてもらおうと工夫した経験がある方はいるはず。しかし、子どもの朝食に全力を注いだ結果、ママの朝食は思いもよらない形になることも…。子育て中のママならきっと共感できる、バズ投稿をごらんください。

朝ごはんの見た目に、大きな違い

朝ごはんは1日のスタートを切るための大事な食事です。とはいえ、朝食をあまり食べたがらない子もいると思います。どうにか食べもらうために好きなものを出すようにしたり、子どもが喜んで食べるための工夫をしたりしている方もいるはず。子どもの好みを考えつつ、栄養面も補うのは大変なことですよね。

投稿者・バビチョさんは、お子さんの朝食とともに自分の朝食の写真をXに投稿していました。母子の朝食はそれぞれどんな違いがあるのでしょうか。

←子の朝食

私の朝食→

お子さんのお皿にはキャラクターの型抜きがされたチーズ入りのサンドイッチ。一方でバビチョさんのお皿にはサンドイッチを作った時の余りだと思われる食パンの耳やパンの切れ端とチーズが載っています。

中途半端に残ったパン、捨てるわけにはいきませんよね。親が食べちゃおうと考える気持ちに共感しかありません。

この投稿に「愛だ…」というコメントがついていました。他にも「わたしもそうでしたー!なつかしいです」という声もありました。どうにかして子どもがご機嫌に食事をしてくれるように頑張る姿が想像でき、育児のリアルが伝わる投稿ですよね。

バビチョさんからお子さんへの愛にほっこりとした気持ちになるとともに、子育て中のパパやママに今日もお疲れ様と言いたくなる、温かい投稿でした。

著者:こびと

元記事で読む
の記事をもっとみる