1. トップ
  2. 恋愛
  3. 政治的スタンスは「遺伝子で生まれつき」決まっていた⁈双子研究で判明

政治的スタンスは「遺伝子で生まれつき」決まっていた⁈双子研究で判明

  • 2024.4.12
  • 65 views
ある種の政治的立場は「遺伝子によって生まれつき」決まっていた⁈ 双子研究から判明
ある種の政治的立場は「遺伝子によって生まれつき」決まっていた⁈ 双子研究から判明 / Credit: canva

支持政党の傾向など政治的スタンスというのは、個々人の性格や日々の情報収集、あるいは自らの社会的・経済的な状況によって左右されると思われています。

しかし意外にも、政治的立場のいくつかは「生まれつき」決まっているのかもしれません。

ノルウェー国立公衆衛生研究所(NIPH)とオスロ大学(UiO)は最新研究で、政治的立場が私たちの遺伝子と深く結びついている証拠を見つけたと報告しました。

中でも特に「右翼的権威主義」「社会的支配志向性」の2つ(後述します)は遺伝的な影響を受ける可能性が高いという。

もしかしたら世襲議員の大半が親と政治的立場を同じにするのも、遺伝子と関係しているのかもしれません。

研究の詳細は2024年2月22日付で学術誌『Journal of Personality』に掲載されています。

目次

  • 「右翼権威主義」と「社会的支配志向性」とは?
  • ある種の政治的立場は「生まれつき」決まっている⁈

「右翼権威主義」と「社会的支配志向性」とは?

「右翼権威主義」と「社会的支配志向性」の2つは、人々の政治的な態度と行動を予測する因子として、広く研究されてきた心理特性です。

まず右翼権威主義には、大きく分けて3つの特徴があります。

1つ目は強い権威や権力に服従する傾向、2つ目は社会規範やルールを破ったり反対する個人および集団に対する高い攻撃性、3つ目は伝統的な権威や価値観に過度に固執する傾向です。

右翼権威主義の傾向が強い人々は、国の権力や秩序、伝統を重視し、これらの公約を掲げる政党や政策を支持する態度を取ると予測されます。

一方の社会的支配志向性は、集団間の不平等や格差を支持する個人の性向を指します。

例えば、「あの集団は他の集団に比べて劣っているから不平等も仕方ない」という考えや、「この集団は他より優れているから優遇される価値がある」といった考えです。

社会的支配志向性の傾向が強い人々は、社会的・経済的な地位が低いとされるグループへの差別を含め、格差をより広げるような政党や政策を支持する態度を取ると予測されます。

要するに「世の中には勝ち組と負け組があり、それは自己責任だ」と考えるような態度です。

社会的支配志向性の傾向が強いと、世の中の格差を認める
社会的支配志向性の傾向が強いと、世の中の格差を認める / Credit: canva

この2つの心理特性は政治的態度の予測因子として十分に認知されている一方で、遺伝的な影響をどのくらい受けるのかは知られていません。

そこで研究チームは、2つの心理特性が「先天的な遺伝子」と深く結びつくのか、それとも「後天的な性格特性」と深く結びつくのかを明らかにすべく、双子研究を行いました。

双子研究は、個人に見られるある性質が、生まれつき備わっている先天的な気質なのか(Nature)、それとも生まれた後の養育や教育で獲得される後天的な気質なのか(Nurture)を調べる上で、とても有効な方法です。

双子研究では、理由合って異なる家庭環境で育った双子を比べるという方法もありますが、通常そうした人見つけることは非常に困難なので、同じ家庭で育った一卵性双生児と二卵性双生児を見比べるという方法が取られます。

もし、一卵性双生児(遺伝的に100%同じ)では高い頻度で一致する要因が、二卵性双生児では見られなかった場合、その性質は遺伝的な影響で形成された可能性が非常に高いと考えることができます。

逆に、どちらでも一致していたら、その性質は育成環境の影響を強く受けていると考えられます。

チームはこの検証を「右翼権威主義」と「社会的支配志向性」で行いました。

ある種の政治的立場は「生まれつき」決まっている⁈

本調査は1945〜1960年の間にノルウェーで生まれた双子のペア、延べ2000人近くを対象にデータを収集しました。

参加者にはそれぞれ、性格特性のビッグファイブ(開放性、誠実性、外向性、協調性、神経症的傾向)・右翼権威主義・社会的支配志向性の測定を行ってもらいます。

その後、2つの心理特性に関連する政治的態度を評価するために、具体的な4つの政策について賛成か反対かを7段階で評価してもらいました。

その4項目は「移民の強制送還」「発展途上国への資金援助の削減」「庇護希望者の国への受け入れ拡大」「厳格な入国管理の実施」です。

双子は同性のペアを無作為に選んでおり、このデータについて、一卵性双生児と二卵性双生児間の相関パターンを比較分析しました。

その結果、右翼権威主義と社会的支配志向性の傾向は、主に生まれつきの遺伝的要因との関連が高く、性格特性のビッグファイブは個人の一般的な態度や行動の形成に影響を及ぼしますが、政治的スタンスとの関連性は低いことが示されました。

この結果を受けて、チームは「私たちの政治的スタンスは”単に性格特性の延長上にある”という従来の考えとは異なり、遺伝子の重複によって説明されることを示唆している」と述べています。

政治的立場のいくつかには「遺伝子」が関係しているかも
政治的立場のいくつかには「遺伝子」が関係しているかも / Credit: canva

さらに、右翼権威主義と社会的支配志向性の傾向は、相互に有意な遺伝的関連性を持っており、これらの心理特性の根底に共通する遺伝的基盤があることも示されたとチームは話しています。

つまり、右翼権威主義の傾向が強い人は、遺伝的に社会的支配志向性の傾向も強くなる可能性があるようです。

もちろん、すべての政治的考えや立場が遺伝子で決まるわけではありませんが、少なくとも権威や集団格差に対する態度には、後天的な環境因子よりも生まれつきの気質が強く影響する可能性があり、政治スタンスを心理学方面から説明する理論に疑問を投げかけています。

チームは今回の研究について、ノルウェーの中年成人にデータを限定している点で限界があることを認め、さまざまな文化的集団や年齢層を対象に調査を拡大する必要があると述べています。

参考文献

Right-wing authoritarianism appears to have a genetic foundation
https://www.psypost.org/right-wing-authoritarianism-appears-to-have-a-genetic-foundation/

元論文

The genetic underpinnings of right-wing authoritarianism and social dominance orientation explain political attitudes beyond Big Five personality
https://doi.org/10.1111/jopy.12921

ライター

大石航樹: 愛媛県生まれ。大学で福岡に移り、大学院ではフランス哲学を学びました。 他に、生物学や歴史学が好きで、本サイトでは主に、動植物や歴史・考古学系の記事を担当しています。 趣味は映画鑑賞で、月に30〜40本観ることも。

編集者

海沼 賢: ナゾロジーのディレクションを担当。大学では電気電子工学、大学院では知識科学を専攻。科学進歩と共に分断されがちな分野間交流の場、一般の人々が科学知識とふれあう場の創出を目指しています。

元記事で読む
の記事をもっとみる