1. トップ
  2. 恋愛
  3. これはダメなの...?【嫌われない】ボディタッチはどこまで?

これはダメなの...?【嫌われない】ボディタッチはどこまで?

  • 2024.4.11
  • 1578 views

ボディタッチはコミュニケーションの一環として、親近感や信頼感を表現する手段です。しかし、その境界線を誤ると、相手に不快感を与えてしまうことも。
今回は、嫌われないためのボディタッチの境界線についてお伝えします。

第3位:「偶然なら問題ナシ」

ボディタッチのうち、最も許容されやすいのは「偶然の接触」です。電車での揺れによる軽いタッチや、会話中に手が軽く触れ合う程度なら、多くの人は何とも思わないでしょう。


しかし、偶然を装った意図的なタッチは相手に不信感を抱かせる原因にもなりますので、その点は十分に注意が必要です。

第2位:「初対面は嫌」

初対面の人とのボディタッチは、基本的には避けた方が無難です。握手やお辞儀など、文化やシチュエーションに応じた挨拶の方法があるため、無理に相手に触れる必要はありません。


初対面でのボディタッチは、相手によっては距離感を狂わせる行為と受け取られかねないので、相手のリアクションをよく観察しましょう。

第1位は...

第1位は、「ベタベタしないで。」


最も嫌われるボディタッチは、「ベタベタする行為」です。これには、長時間の抱擁や肩を組む、かなりな頻度でのタッチなどが含まれます。


親しい間柄でも、このような行為は相手のプライバシーを侵害する恐れがあります。親密さの度合いや相手の態度に注意しつつ、適切な距離感を保つことが大切です。

まとめ

ボディタッチはコミュニケーションを円滑にするための一つのツールですが、その使用には相手の感情や文化的背景を考慮する必要があります。相手の心地よさを第一に考えたボディタッチを心がけましょう。


(ハウコレ編集部)



元記事で読む
の記事をもっとみる