1. トップ
  2. 恋愛
  3. 【山梨県北杜市】英語やアートに触れる!小学生対象の「ISCA TOKYOサマーキャンプ2024 in 山梨」開催

【山梨県北杜市】英語やアートに触れる!小学生対象の「ISCA TOKYOサマーキャンプ2024 in 山梨」開催

  • 2024.4.8
  • 84 views

ISCA(イスカ)サテライトスクールの「ISCA TOKYO(イスカ 東京)」は、7月29日(月)~31日(水)の2泊3日で「ISCA TOKYOサマーキャンプ2024 in 山梨」を実施する。

世界の名門芸術大学への合格率が97%

「ISCA(International School of Creative Arts)」は、2009年に欧州の芸術大学・ロンドン芸術大学(University of the Arts London)の付属校として設立され、現在は独立して運営されている英国のインターナショナルスクール。

ロンドン芸術大学はもちろん、アメリカのパーソンズ、イタリアのマランゴーニなど、世界の名門芸術大学への合格率が97%という驚異的な数字を誇るクリエイティブ・アーツ&デザイン専科の高校として、高い評価を得ている。

全国から問い合わせのある人気コース

「ISCA TOKYO」では、今年も「ISCA」から経験豊富な現役講師を迎え、サマーキャンプを開催。開催地は2023年に引き続き山梨県北杜市で、新進気鋭の現代アーティストが集まるスタジオ「GASBON METABOLISM」でのアートワークや、自然豊かな宿泊施設「清泉寮」など、東京のスタジオとは違う空間で、子ども達の心と頭のアドベンチャー(知的好奇心)を刺激し、創造と表現の楽しさを引き出していく。

今年で4回目となるサマープログラムは、北は北海道、南は九州から参加の問い合わせがある人気のコース。実際に参加した子どもやその保護者からは、「学校の美術の授業とはまったく違う、初めての体験」「アートに対する考え方が変わった」という声が挙がっており、オリジナリティ溢れるコンテンツとなっている。

レッスンは基本英語だがサポートもあり

レッスンは基本的にすべて英語で行われるが、スタジオには日本人チューターたちがスタンバイしており、子どもたちのコミュニケーションをサポートしてくれる。チューターたちは、全員ロンドン芸術大学「セントラル・セント・マーチンズ」を卒業した現役アーティストたち。子どもたちは英国式指導の中、日本とは全く違うアートの考え方、表現方法を学べる。

また、普段英語を全く使っていない子どもたちでも、知っている単語を並べるだけで活発なコミュニケーションが成立することも体験可能。「ISCA」の長年の経験とノウハウは、アートをベースに子どもたちが「ワクワク」する体験を提供し、本来持つ表現力を引き出す手伝いをしてくれる。

申込フォームから受付しよう

サマーキャンプの定員は20名で、受講料は都内集合・解散の場合200,000円、現地集合・解散の場合185,000円。

受講料には、アートレッスン、材料費、各施設までの移動費、宿泊費、食費がすべて含まれる。集合・解散場所(都内は新宿駅を予定、現地は清泉寮を予定)までの交通費は個別負担だ。

また、世界紛争・テロ・天災・コロナウィルス感染再拡大による入国制限など、不測の事態によりISCA本校講師のレッスン提供が不可能になった場合には、「ISCA」より認定を受けた日本人講師により、英語でのレッスンを実施する。

「ISCA TOKYOサマーキャンプ2024 in 山梨」が気になる人は、申込みフォームから受付をして、貴重な体験に参加してみては。

■アートスタジオ「GASBON METABOLISM」 住所:山梨県北杜市明野町浅尾新田12

■宿泊先「清泉寮」 住所:山梨県北杜市高根町清里3545

「ISCA TOKYOサマーキャンプ2024 in 山梨」公式サイト:https://isca.tokyo/summercamp2024 申込みフォーム:https://forms.gle/tMDmCKT9JMn6JviDA

(佐藤ゆり)

元記事で読む
の記事をもっとみる