1. トップ
  2. 恋愛
  3. アプローチの飛距離コントロールの方法!’’スタンス’’と’’アドレス’’が重要

アプローチの飛距離コントロールの方法!’’スタンス’’と’’アドレス’’が重要

  • 2024.4.4
  • 134 views

アプローチは振り幅が小さいので、明後日の方向に打つことはない。だから大事なのは方向性よりも距離感! しかし「飛距離の打ち分け方はさまざまな方法やレッスンがあってどれがいいかわからない」
「いろいろ試したけど何がいいのか定まらない」。そんなゴルファーには、この発想とテクニックが効く!

フェースを開いたときもオープンスタンスなりに振って厚くインパクト!

カット軌道ではなくスタンスの向きなりの“俺の振り幅”で打つ

アプローチの飛距離コントロールの方法!’’スタンス’’と’’アドレス’’が重要
ノーマルよりボール位置が左にあるように見えるが、フェースを開いたことでスタンスもオープンにしたためで、ボール位置はノーマル時と同じく体のセンターにセットしている

フェースを開いて飛距離を10ヤード抑えるときも、もちろん振り幅はノーマル(フェースをスクエアに向ける)と同じ。フェースを開き、ロフトが寝たぶんで飛距離を落とします。厚く当てるインパクト、ノーマル時よりもさらに重要。ロフトが寝ているクラブほど当たりが薄いと極端に飛ばなくなるので、クラブをしっかり加速させながらヒットしてください。

アドレスは微調整します。フェースを開くと右を向くので、スタンスをややオープンにして、スタンスの向きなりに振ることで目標に真っすぐ飛ばす。スタンスラインを左に向けてもカット軌道ではなく、スタンスなりに振っているので、振り幅も軌道もノーマル時と同様の“俺の振り幅”で打っているところがポイントです!

開けば開くほど飛距離はダウンしかし、ミスの確率はアップ

〝俺の振り幅〞のままもっとフェースを開けば、ベースとなる〝絶対距離感〞からマイナス15や20ヤード落とすこともできる。しかし、ミートの難易度は上がり、ミスの度合いも大きくなってしまう。遠藤も「20ヤード以内の近い距離は、別の打ち方で飛距離を調節したほうが無難です」という。

アプローチの飛距離コントロールの方法!’’スタンス’’と’’アドレス’’が重要
軌道はスタンス向きなりのイン・トゥ・イン

フェースを立てるときは強く打ちすぎ、加速しすぎに注意!

フェースを立てるのはスイングではなくアドレスで

アプローチの飛距離コントロールの方法!’’スタンス’’と’’アドレス’’が重要
ロフトを立ててヒットするとき、体が止まって手元が前に出すぎてしまうのは×。ヘッドが刺さるかトップが出やすいので、ヘッドを止めずにフィニッシュまで体をしっかり回していこう

フェースを立ててのプラス10ヤードも厚く当てますが、スイング中にフェースを立てるのはNG。インパクトの瞬間にフェースを立てようとすると、手元を前に出しすぎたり、ダウンスイングでクラブを急加速させてしまいがち。これはどちらもダフリ、トップや飛びすぎる原因になってしまいます。

フェースはアドレスで立てます。そして、立てて構えたフェースをインパクトで再現するだけ。振り幅やスイングテンポはこれまでと一緒です。アドレス時のフェースの立て方は、ハンドファーストを少し強めるか、ボールを半個から1個ぶん右に寄せる、のどちらでもOK。どっちで打ってもプラス10ヤードにならない人は、両方を組み合わせたアドレスをとってみてください。

① か② で+10ヤードまで飛距離が伸びないときは、①②を合わせた③を試してみよう

「俺の振り幅」飛距離管理シート

〝俺の振り幅で厚く当てる〞をマスターすると、以前よりも少し飛距離に変化が出る。「それは、インパクトが厚くなったことでエネルギーがしっかり伝わるようになったために飛ぶ。スピンがきちんと入るようになったから止まる。が理由ですが、どちらも球質がよくなった証拠です」と遠藤。

また「トータルの距離の内訳、キャリーとランの長さを覚えてください。それを考慮して寄せればもっとピンに寄るアプローチが打てます。SWだけでなく、AWのときも覚えておくとグリーンまわり攻略の引き出しが増えますよ」(遠藤)。飛距離管理シートに記入して、アプローチ上達に役立てよう!

いかがでしたか? 遠藤プロの解説を参考にしてみてください!

レッスン=遠藤将也
●えんどう・まさや/1994年生まれ、長野県出身。東京国際大学のゴルフ部を経て、PGAティーチングプロ資格を取得。首都圏の練習場やコースでのラウンドレッスンを行なっている。レッスンはインスタグラムアカウント「en. dwu_」のDMで受付中。

写真=相田克己
協力=サザンヤードカントリークラブ

元記事で読む
の記事をもっとみる