1. トップ
  2. レシピ
  3. 【カルディ】人気すぎて「お1人様10点まで」!!ヤバい新作登場!「一気に食パン3枚も食べちゃったよ…」

【カルディ】人気すぎて「お1人様10点まで」!!ヤバい新作登場!「一気に食パン3枚も食べちゃったよ…」

  • 2024.4.4
  • 331 views

こんにちは。カルディのスパイスコーナーに夢中になってしまう、ヨムーノライターの蘭ハチコです。

スパイスからカレーを作るほどカレー好きの私。カルディで大人気のあの商品に、カレー好きのアンテナをびんびんに立たせる新しいシリーズが出たというじゃありませんか。

それは数々のメディアで、たびたび話題になる商品の辛口バージョン。テレビで紹介されると、店頭ではなかなか見つけづらくなるため、見つけたら買っておくことをおすすめします。

カルディオリジナル「ぬって焼いたらカレーパン 辛口」

ヨムーノ

商品名:ぬって焼いたらカレーパン 辛口 価格:332円(税込) 重量(内容量):110g エネルギー:1食(12g)あたり 90kcal


それがこちらの「ぬって焼いたらカレーパン」の『辛口』です。この「ぬって焼いたら〜」のシリーズは、カレーパンをはじめメロンパン、明太トーストがあり、どれも人気商品。

私は食パンに甘いジャムを塗らないので、この総菜系のスプレッドは特にお気に入りなんです。

開封すると、早くもカレーのよい香りが鼻をかすめました。カレーって香りだけで、食欲を刺激されますよね。あぁ、もう我慢できないので、さっそく作っていきましょう。

スパイス感がアップしたカレーパン!

ヨムーノ

食パンにクリームを塗るのですが、ここで欲張って塗りすぎないように注意。塗りすぎると、サクサク食感が出にくく、焦げやすくなります。

またクリームが溶けて垂れると発火するおそれがあるので、オーブン皿にのせてオーブントースターで焼いてくださいね。

ヨムーノ

通常のトーストより焦げやすいため、様子を見ながら加熱しましょう。そういう私は少し焦がしてしまいましたが、ご愛嬌ということで(笑)。

ちょっとの焦げなら気になりません。そんなことより、ただようスパイスの香りに食欲は待ったなし!引き寄せられるように、かぶりつきます。表面のザクッと感は、カレーパンそのものではありませんか。

ノーマルの「ぬって焼いたらカレーパン」と比べるとスパイシーな仕上がりで、より本格カレーの味が楽しめる印象です。辛口とはいえ、すごく辛いわけではありません。

玉ねぎの旨味もちゃんと感じられ、あとから少し辛みが追ってくる程度。

ヨムーノ

家庭で作る日本風のカレーが好きな方はノーマル、インド料理屋さんのスパイスカレーが好きな方は辛口の方が口に合うでしょう。

うちでは、ダイエットをかねて8枚切りの薄切り食パンを買うのですが、これに限っては厚切りの方がよかったかもしれません。

薄切りだとザクッと感はあるのですが、カレーパン特有のフワッと感がないんです。丸ごと衣で覆われて油を吸ったパン生地を再現するには、厚めのパンがぴったりなはず。

これを読んだ方は、ぜひ5枚切りの食パンで食べてみてください。

チーズを挟むのもあり

ヨムーノ

カレーパンと一緒に食べたくなるのはチーズ。もちろん、この商品にも合います!

食パン2枚を用意し、1枚にとろけるチーズを乗せて少しだけ加熱して、チーズをとろけさせてから、クリームを表面に塗ったもう1枚をオン。

チーズをサンドするようにトーストします。

ヨムーノ

サクッとした表面に、とろっとコクのあるチーズが最高にマッチ。スパイシーさもまろやかになるので、買ってみてちょっと辛いな、と感じた方はチーズを合わせてみてください。

目玉焼きやハムを挟んでもおいしそうです。

実は、ここまでで一気に合計3枚もたいらげてしまいました。それくらいヤミツキになる、魔法のスプレッドです。


・今回の味評価 ★★★★☆ 理由:毎日、同じ味の食パンだと飽きてしまう朝食に変化をつけられる。ノーマルよりもスパイス感が強くなり、個人的にはこちらの方が好み。ただ思ったほど『辛口』ではなかったので、☆1つマイナス。


カレーパンといえばパン屋さんで買うイメージがあり、自宅ではなかなか作りません。それが食パンに塗るだけで手軽に味わえるのは、うれしいですね。

またオンラインストアでは、1人10個までと個数制限が設けられるほど人気のよう。

「ぬって焼いたらカレーパン」、私は『辛口』派になりました。ぜひ、食べ比べしてみてくださいね。

※価格などの情報は記事公開当時のもので、変更となる場合があります。また店舗により在庫の状況も異なりますのでご了承ください。

ライター:蘭ハチコ

業務スーパーとカルディに毎週通う!webライター

業務スーパーとカルディに毎週通い、お得に美味しく適度な手抜きをして生活しています。海外グルメとお酒のおつまみには目がないwebライターです。「美味しいものは人を幸せにする」と信じています。毎日がちょっと幸せに過ごせる、お得で美味しい素敵なモノをご紹介します♪

元記事で読む
の記事をもっとみる