1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 犯人が「戻ってくるかも」1人暮らし女性が空き巣犯と対面、恐怖で震えた|泥棒に入られた

犯人が「戻ってくるかも」1人暮らし女性が空き巣犯と対面、恐怖で震えた|泥棒に入られた

  • 2024.4.1
  • 1161 views

この作品は、紅ほっぺ(@beni_taihenne)さんが独身時代に体験した空き巣被害について描かれています。ビッキングに成功した犯人と玄関で、まさかの対面をした紅ほっぺさん。すっかり酔いも覚めて、落ち着きを取り戻しました。すると、さまざまな考えが思い浮かびさらに恐怖心が強まっていきました。『泥棒に入られた』第11話をごらんください。

紅ほっぺさんは、犯人はいつでも自分の家に空き巣に入られることを知り、強いショックをうけています。しかも、犯人の顔を間近に見たことで「戻ってくるかも」とさらに恐怖心が増しました。

空き巣にあったら?実体験から学ぶ防犯対策

このお話は、独身時代に一人暮らしをしていた紅ほっぺさんの実体験をもとに描かれています。

当時、2匹の愛猫と暮らしていた紅ほっぺさん。ある日、会社から帰宅すると、自宅が空き巣に荒らされていました。幸い、犯人は逃亡した後だったので遭遇することはありませんでした。その後、警察の調べで犯人は脚立をベランダに隠すなど計画的な犯行だったことがわかります。

2週間後、紅ほっぺさんが深夜に帰宅し、用を足していると玄関からカチャカチャと物音が聞こえました。不審に思い玄関に向かうと、ピッキングに成功した空き巣と対面してしまいます。犯人の顔を見たことで、さらに恐怖心が増した紅ほっぺさん。2度目の被害の後は愛猫たちを連れて実家に避難。その後、マンションを退去しました。

犯罪から自分や家族を守るためにも、日ごろから防犯意識を高めておくことが大切です。玄関をツーロックにするなど防犯設備を取り入れる、自宅に必要以上の現金を置かない等も対策になります。そしてもしも不審なことがあれば、ためらわず110番通報しましょう。

『泥棒に入られた』は、防犯対策の見直しや防犯意識の大切さを実感する作品です。

著者:kotti_0901

元記事で読む
の記事をもっとみる