1. トップ
  2. 心理・占い
  3. 「どこから描く?」あなたは勘のいい人?悪い人?【心理テスト】

「どこから描く?」あなたは勘のいい人?悪い人?【心理テスト】

  • 2024.5.26
  • 74265 views
未定義

サスペンスドラマの途中でも犯人がわかったり、話の途中でもオチに気がつく人っていますよね。頭の回転が速く先回りして考えることができるのかもしれません。勘がいい人は自分の直感を信じて行動でき、反対に勘の悪い人はいくら説明されても中々理解するのが難しく、周りとペースを合わせることも難しいのではないでしょうか。そこで今回は、あなたは勘のいい人か?悪い人か?を心理テストで探ってみましょう。

どこから描きますか?直感でお答えください。



1.①(上)から

2.②(右)から

3.③(下)から

4.④(左)から



1.①(上)からを選んだ人は「やや勘の悪い人」

①(上)からを選んだ人は、やや勘の悪い人かもしれません。落ち着いていればわかったことでも、焦った判断で誤解や検討違いをしやすい人ではないでしょうか。周りをよく見ていれば気がつけたり、話を最初からしっかり聞いていればよかったりと、何かと惜しい失敗が多いかもしれません。

①(上)から描いていくことは、意識していることを無意識な行動に置き換えていることを投影します。自分の決断や意思を色々考えながら、最終的にはその場の勢いや何となくで決めることが多いのはないでしょうか。相手からの話に勘違いをしてしまうことも少なくないかもしれません。

能力は決して劣っているわけではなく、落ち着いていれば今以上に評価されるのではないでしょうか。どこか優柔不断なところがあり、決断力を持てば勘の鋭さが増すかもしれません。日頃から意識して決断する癖をつけるとよいのではないでしょうか。

2.②(右)からを選んだ人は「勘の悪い人」

②(右)からを選んだ人は、勘の悪い人かもしれません。普段から悪いことばかり起き、何をしても上手くいかない気持ちになっている人ではないでしょうか。あなたを助けようとしてくれる人がいても本心から信じられず、辛い状態から抜け出せないでいるのかもしれません。

②(右)から描いていくことは、過去の失敗体験や不安な気持ちに振り回されやすいことを投影します。普段から自分に自信がなく、疑心暗鬼になってしまい、目の前で説明されたことでも理解するのに時間がかかってしまうのではないでしょうか。周りとペースが合わないことで余計に自信を失い、勘が悪くなってしまうかもしれません。

辛いことが重なりすぎていてあなたの判断を歪めている可能性があるので、大きく環境を変えてみてはいかがでしょう。目先のことを工夫しようとしても、自信を失い続けているとモチベーションが上がりにくいかもしれません。心機一転、生活を大きく変化して、気持ちを切りかえてみてはいかがでしょう。

3.③(下)からを選んだ人は「勘のいい人」

③(下)からを選んだ人は、勘のいい人かもしれません。普段から聞き上手で、相手の話を聞いている最中に、話のオチや本質を理解することができる人ではないでしょうか。何をしても器用に達成し、成長も早いかもしれません。

③(下)から描いていくことは、無意識な考えを意識化しやすいことを投影します。上手く言葉で説明できない「何となく」といった考えを、物事の本質や未来を予測する力に変えやすいのではないでしょうか。頭の回転が速く、トラブルなどを事前に回避することも多いかもしれません。

会話上手なところはビジネスでもプライベートでも重宝されていそうです。能力が優秀であるだけでなく、難しい人とのコネクションも容易く持てるかもしれません。勘がいいだけではなく、人を惹きつける魅力も備えているのではないでしょうか。

4.④(左)からを選んだ人は「やや勘のいい人」

④(左)からを選んだ人は、やや勘のいい人かもしれません。自分の好きなことや得意な分野は器用にこなすことができ、一を聞いて十を知る人ではないでしょうか。自分の専門分野であれば、成功体験も多く、どんどんインプットしているかもしれません。

④(左)から描いていくことは、あなたが過去の体験を活かそうとすることを投影します。自分の知識や経験を活かし、今の状況における判断材料として活用できているのではないでしょうか。人から聞いた内容も含めて、自分に関連があることについての勘がいいのかもしれません。

何にでも勘を働かせることができるわけではないので注意しましょう。得意なことの成長が早いのであり、「自分は何でもできる」と勘違いしてしまうと、痛い目を見るかもしれません。あまり失敗を経験することは少ないかもしれませんが、上手くいきやすい人だからこそ謙虚な姿勢が大切なのではないでしょうか。



ライター:Kazuki.W
臨床心理士、公認心理師として、みなさんの心の内側を紹介していきます。自分自身が気がついていない心の中を見ていきましょう!