1. トップ
  2. ダイエット
  3. フェイスラインが若返る!顔たるみ撃退マッサージ

フェイスラインが若返る!顔たるみ撃退マッサージ

  • 2024.3.8
  • 10739 views

年齢を重ねると、気になってくるのがフェイスラインです。

「首との境目がぼやけてきた」「二重アゴになってきた」などと、お悩みの人も多いのではないでしょうか。

エステティシャンやヘッドメディカルアドバイザーをの資格を持つ筆者が、すっきりフェイスラインに導くマッサージをお伝えします。

■フェイスラインが老け見えする原因は?

老け見え印象になる顔のたるみ。代表的な原因には、以下のようなものがあります。

・むくみ

・筋肉の衰え

・姿勢

・血行不良

・大幅な体重の増減

顔のたるみは年齢だけのせいでなく、普段の生活でケアできることがたくさんあります。

若々しい印象を与えるすっきりフェイスラインを保てるよう、日々、ケアを行いましょう。

■フェイスラインが若返る!おすすめマッサージ

日々のケアが大切とはいえ、忙しい40・50代は、毎日その時間を確保するのが大変ですよね。

そこで、ちょっとしたスキマ時間にできる、顔たるみにおすすめのマッサージをご紹介。血行促進や、日常で凝り固まった筋肉をほぐす作用も期待できます。

どの動きをしていても、呼吸が止まらないように、ゆっくり深呼吸しながら行うのがポイントです。

(1)首ほぐし

マッサージを行う前に、まずは首周りの詰まりをほぐします。

首を大きく「右回り」「左回り」に、1周5秒くらいかけてゆっくり回転させます。(左右それぞれ3〜5回程度)

続いて、パソコンやスマートフォン操作による前傾姿勢で縮みがちな前面を伸ばします。

図のように、鎖骨の下辺りに両手を乗せて軽く抑え、首をゆっくり上に向けて首の前面をしっかり伸ばして戻します。(3秒ほどかけて伸ばし、2秒ほどで戻す×3〜5回)

前面が伸びたら、胸に手を置いたまま首を左右に傾け、左右の首前面が伸びる感覚があればOKです。(3秒ほどかけて伸ばし、2秒ほどで戻す×左右各3〜5回目安)

(2)すっきりフェイスラインに!胸鎖乳突筋マッサージ

首には「胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん)」という太い筋肉があります。

この筋肉は、顔・首・肩・背中といった幅広い部分とつながっています。

しっかりほぐしてあげることで、上半身の血流アップ&老廃物の排泄が期待できます。

手を後ろで組んで、ゆっくりと横を向きます。

胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん)が浮き上がるのがわかったら、手を添えて前後に揺らすだけで完了です。(5秒程度×左右各3〜5回目安)

(3)しっかり引き上げ!側面アプローチ

フェイスラインをケアする筋肉は頭皮ともつながっているので、こちらもケアしていきましょう。

耳の後ろ下側から耳のカーブに沿って上に上がり、側頭部まで円を描きながら、左右それぞれゆっくりとほぐしていきます。(耳の後ろ5秒程度+側頭部5秒程度×左右各3〜5回目安)

(4)合わせて行いたい!筋トレ&二重アゴ撃退

(1)〜(3)だけでも、もちろんOKですが、時間があるときは、一緒にフェイスラインの筋トレをしておくのもおすすめです。

首をぐっと上に上げて、天井に向けて舌を突き出します。このとき、舌を天井につけるようなイメージでしっかり伸ばします。目安としては、アゴ下の筋肉周辺にじんわりと刺激があればOKです。

余裕がある人は、舌を左右に動かしてみると、さらにすっきりとしたフェイスラインが期待できます。(5秒程度×3〜5回目安)

続いて、二重アゴ撃退トレーニングを行いましょう。首をまっすぐ立ててて、おでこに手を当てます。

首は前に突き出すイメージで力を入れ、手は顔が突き出るのを抑えようとしてみてください。アゴ下がプルプルしてきたらOKです。(5〜10秒程度×3回目安)

普段の生活で固まった筋肉をほぐす&鍛えることで、顔のたるみの原因として挙げた「むくみ」「筋肉の衰え」「姿勢」「血行不良」へアプローチできますので、ぜひスキマ時間を活用して行ってみてくださいね。

(ヘルス&ビューティーコンシェルジュ 西川美佐子)

元記事で読む
の記事をもっとみる