1. トップ
  2. 医師「心雑音がありますね」→健康診断で...2年続けて指摘された女性。検査で発覚した"恐ろしい病気"とは

医師「心雑音がありますね」→健康診断で...2年続けて指摘された女性。検査で発覚した"恐ろしい病気"とは

  • 2024.4.16
  • 21432 views

年に1度の健康診断で、心臓について医師から指摘を受けた女性。特に治療は必要ないとのことですが、翌年に...。

健康診断で「心雑音がありますね。」と言われ...。

undefined
undefined
undefined
undefined
undefined
undefined
undefined
undefined

投稿者の女性は、健康診断で「心雑音がある」と診断されました。さすがに不安になり、近所にある循環器系の開業医で心エコーしてもらうも「治療するほどではないですよ」との診断が出て、ホッとひと安心。

ところが翌年の健康診断でも再度「心雑音」を指摘されたのでした。またか...。と意気消沈しつつも、今度は呼吸器専門の開業医で検査してもらうことに。ところが、この病院では詳しく検査できず、総合病院への紹介状を書いてもらうことになりました。

総合病院ではさまざまな工程を経て、かなり詳しく検査をしてもらいました。そして出た検査結果は...「僧帽弁逸脱症」!?何やら聞き慣れない言葉に緊張が走ります。医師いわく「僧帽弁逸脱症」とは、心臓の僧帽弁がきちんと塞がらずに血液が逆流してしまう状態とのこと。しかし、特に治療は必要なく年1回の検査をして様子を見ることに...。

その後ネットで調べたところ、“放置すると心不全になる”という情報を目にし、気がつかないままで日常を過ごしていたら...と考えるだけでも、恐怖で体が震えてしまう女性なのでした…!

確かにとても怖い病気ですね...。病名が分かるまで4か所の病院をハシゴするはめになってしまいましたが、最悪の事態に至らずに本当に良かったです...!

作画:みきアカリ(@mikiakarij

※本記事は媒体独自に募集した体験談を元に構成しています。

の記事をもっとみる