1. トップ
  2. 恋愛
  3. 保育園トラブル「刺激しないで」園の対応が納得できない

保育園トラブル「刺激しないで」園の対応が納得できない

  • 2024.3.1
  • 1467 views

親の目が届かない場所でのお友達トラブル、困りますよね。わが子が加害側になってしまった場合には、なおさら気を揉みます。今回ご紹介する作品は、たぷりく(@taprikoo)さんのフォロワーさんの体験談です。保育園で娘がお友達の腕を引っ掻いてしまい、相手の保護者に謝罪した主人公。しかし、翌日も同じ子ともめてしまい、相手の親が大激怒。他の保護者の目もある園庭で、大声で怒鳴られてしまいました。ショックを受けて帰宅すると、保育士から着信が入ります。保育園やママ同士の対応の難しさを考えさせられる『保育園でのトラブル』をご紹介します。ダイジェスト版でどうぞごらんください。

保育園からの着信

保育園で娘がお友達とトラブルを起こしてしまい謝りに行った主人公。他の親子もいる前で、相手のお母さんから攻撃的な言葉をぶつけられてしまいました。

そのことで保育園から謝りの電話がかかってきました。先生は何か伝えたいことがあるようです。

この電話から、子ども同士のトラブルに関連した親トラブルについて考えさせられる展開に。

本当はわが子が被害側だった、なのに我慢しないといけない?

当初は主人公の娘・さらちゃんがこはるちゃんにいじわるをしたように見えていましたが、保育士の目撃情報によると、昼間はこはるちゃんがさらちゃんを倉庫に閉じ込め、いじわるをしていたようです。

先生はこはるちゃんの保護者が怒鳴っているとき、その話をしませんでした。理由は、こはるちゃんの親が精神的に病んでいる状態だからということ。

しかし、園庭で怒鳴られるというつらい目にあった主人公は、その説明に納得できません。この事情をパパに相談することにしました。

ママ同士が対等な関係でないと、子ども同士の関係性にも影響するようで心配です。

一方パパは、今回のトラブルを機に、こはるちゃんの親との関わりには注意したほうが良いと話します。確かに、冷静に話せない面がある方とのお付き合いは気を付けたいですね。

残りの園生活を考えた、ママの対応方法

パパからの助言は頭に入れつつ、今後の関係を考え、あえてこはるちゃんの親と積極的にコミュニケーションを取るようにした主人公。その甲斐あってか、相手のお母さんも少しずつ心をを開いてくれ、良好な関係を築くことができました。トラブルに対する謝罪の言葉もあったそうです。

子ども同士の付き合いがある保育園では、大小あれどトラブルはつきものです。主人公のように周囲の人と必要なコミュニケーションを取りながら、子どもが安心して園生活を送れるような対応ができるといいですね。

著者:ママリ編集部

元記事で読む
の記事をもっとみる