1. トップ
  2. レシピ
  3. 【喫茶店の味】ミルクセーキの作り方&レシピ3選〜懐かしいクリームソーダやナポリタンレシピも!

【喫茶店の味】ミルクセーキの作り方&レシピ3選〜懐かしいクリームソーダやナポリタンレシピも!

  • 2024.3.1
  • 960 views

昔ながらの喫茶店のメニューにもある「ミルクセーキ」。

やさしい甘さでホッと落ち着き、どこか懐かしさが感じられる飲み物です。昨今は昭和レトロブームの影響もあり、喫茶店メニューへの関心が高まっていますね。

そこで今回は、ミルクセーキの基本の作り方&アレンジレシピをご紹介。おうち喫茶店気分を味わえるドリンク・フードレシピも、あわせてチェックしてみてくださいね!

■ミルクセーキとは?

ミルクセーキとは、牛乳に卵や砂糖などを加えてから、ミキサーなどでかき混ぜて作るドリンクです。やさしい甘みが感じられ、大人から子どもまで幅広い年代に愛されています。卵を使った「フレンチスタイル」が定番ですが、卵を使わずアイスクリームを加えて作る「アメリカンスタイル」は暑い日に人気です。

ヨーロッパやアメリカで誕生し、日本に入ってきたのは明治後期~大正前期頃と言われています。「ミルクシェイク」が「ミルクセーキ」と訛って伝わり、本格的に喫茶店で飲まれるようになったのは昭和に入ってからです。

また、ミルクセーキは長崎の喫茶店で独自に進化し、かき氷を混ぜてフローズンデザートとして楽しむ「食べるミルクセーキ」が誕生しました。

■ミルクセーキの基本の作り方

卵黄を使うシンプルなミルクセーキです。砂糖の代わりにハチミツを加えて、まろやかな味わいに。レシピではカリウム豊富なプルーンを使用するため、むくみの解消も期待できます。

懐かしい味わい ミルクセーキ 簡単混ぜるだけ5分で完成 by杉本 亜希子さん

【材料】(1人分)

プルーン(種無し) 3個

卵黄 1個分

牛乳 200ml

ハチミツ 適量

セルフィーユ 適量

【作り方】

1、ミキサーにセルフィーユ以外の材料を入れてかくはんし、グラスに注いでセルフィーユを飾る。

■ミルクセーキのアレンジレシピ3選

・ホットミルクセーキ

寒い日はミルクセーキをホットで楽しみましょう。牛乳・卵黄・砂糖を混ぜ合わせて、火にかけるだけのシンプルな工程です。やさしい甘さがしみわたり、体も心もホッと落ち着きます。

・カボチャミルクセーキ

ビタミンEを多く含むカボチャを使い、美容効果が期待できる一杯です。カボチャはレンジで加熱し、ほかの材料と一緒にミキサーでかくはんします。スープ感覚で飲めるので、朝食にもおすすめです。

・バナナミルクセーキ

バナナの甘さが効いた濃厚なミルクセーキにシナモンの風味をプラス。香り高く、カフェのようなおしゃれな仕上がりです。バナナは粗く潰して食感を残すことで、満足感がアップしますよ。

■喫茶店の定番ドリンクレシピ6選

喫茶店で定番の「クリームソーダ」や「ミックスジュース」も、簡単におうちで再現できちゃいます。古き良き時代を彷彿とさせる味をぜひ堪能してください。

・昭和のクリームソーダ

市販のかき氷シロップを使って、宝石のようなクリームソーダの色を再現! グラスに氷を敷き詰め、かき氷シロップと炭酸水を8分目を目安に注ぎ、軽く混ぜます。氷はたっぷり入れることでアイスクリームがキレイに浮かびますよ。

・メロンクリームソーダ

より喫茶店風に仕上げるなら、果汁入りの「メロンシロップ」がおすすめ。風味豊かで本格的な味わいを楽しめます。脚付きグラスや金属製コースターを用意すると、よりレトロな雰囲気を演出できますよ。

・ピーチクリームソーダ

シロップは使わず、本物の桃とリキュールの甘さを活かすレシピです。ソーダの爽快感に桃のフルーティーな香りがマッチ。果肉の食感がほど良く残り、飲みごたえも抜群です。

・イチゴクリームソーダ

イチゴシロップと牛乳を炭酸で割り、仕上げにイチゴをトッピングして春気分を先取り! イチゴの甘酸っぱさとミルキーな味がミックスされて、まるでスイーツのような味わいを楽しめます。

・ミックスジュース

生のフルーツだけでなく、缶詰も使うことでより昭和の懐かしさを演出。フルーツの爽やかさが喉に心地良く、甘みと酸味が絶妙です。氷の代わりにバニラアイスを入れることで味が薄まらず、ひんやりと仕上がりますよ。

・フレッシュイチゴミックスジュース

女子が大好きなイチゴ×アボカドの最強コンビ! イチゴはビタミンC、アボカドはビタミンEなどを豊富に含み、アンチエイジングや美肌効果が期待できます。トロリと濃厚な味わいで満足感もあり、朝の一杯に最適です。

■喫茶店の定番フードレシピ4選

休日の朝や昼に喫茶店風メニューを作ってみませんか? ノスタルジックな雰囲気に浸れますよ。

・コーヒーゼリー

寒天とゼラチンの絶妙な配合で、理想の食感を再現。インスタントコーヒーなど手軽な材料で作れます。シンプルな工程なのでお菓子作り初心者にもおすすめです。さっぱりといただけるのもポイント。生クリームやアイスクリームをトッピングするとおしゃれに仕上がりますよ。

・パンケーキ

昔ながらのベーシックなパンケーキです。ホットケーキミックスがなくても、家にある薄力粉で簡単に作れます。生地をざっくりと混ぜることが、ふんわり厚めに焼くコツ。やさしい甘さが口の中で広がります。バターやハチミツをトッピングしてシンプルに召し上がれ。

・ナポリタン

喫茶店風の懐かしい味を出すには、ケチャップがマスト! 具材とケチャップを混ぜ合わせたら、水分が飛ぶまでしっかりと炒めましょう。ケチャップ効果で甘みが増して、美味しく仕上がります。やや太めのパスタ麺を選ぶと、ソースがよくからみますよ。

・ピザトースト

トマトソースにオレガノを加えるのが味の決め手。清涼感のある香りが効き、グッと本格的な味わいに仕上がります。食パンは5枚切りなど厚めのものを使うのが◎。外はカリッ、中はもっちり食感を楽しめますよ。

懐かしい喫茶店メニューを新鮮に感じる方もいるのではないでしょうか。おしゃれなBGMをかけて部屋の照明を少し暗くすると、より雰囲気が高まりますよ。ミルクセーキをはじめ、今回ご紹介した喫茶店メニューはどれも簡単に作ることができます。材料をそろえてぜひ作ってみてくださいね。

(川原あやか)

元記事で読む
の記事をもっとみる