1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 「見られてる?」すれ違う人たちの視線が私に。自意識過剰すぎ?と思ったら…!?

「見られてる?」すれ違う人たちの視線が私に。自意識過剰すぎ?と思ったら…!?

  • 2024.3.1
  • 7466 views

これは、忘れもしない私が経験した恥ずかしすぎるエピソードです。ある夏のお盆休み、遠方の祖母宅へ遊びに行った帰りのこと。飛行機は午前の便を予約しましたが、朝が苦手な私は、慌てて空港へ。そんな中、ある事件が起こったのです。

体が重い…これは気持ちのせい?

蒸し暑い夏の朝。「そろそろ起きなくて大丈夫なの?」という祖母の声で、ようやく目が覚めました。
楽しかったお盆休みも終わってしまい、明日からまたいつもの日常が始まってしまうこともあって、気持ちも体もとても重い朝でした。しばらく布団の上でゴロゴロしていましたが、飛行機の時間も迫っていたので、なんとか重い腰をあげて支度をすることに。

なんだか体が重だるく、これは気持ちからくるものだろうな……と思いつつ、帰省の準備を進めていました。そして、飛行機の時間が迫っていることに気づき、最後はスーツケースに荷物を詰め込んで慌てて祖母宅を出発することに。祖母宅を出発したときは間に合うかヒヤヒヤしたものの、なんとか無事に空港へ到着しました。

ほっとしたのも束の間、みんなの視線の先は…

間に合った!と安心したとき、なんだかまた体の重だるさを感じた私。それと同時に、今までは急いでいて気がつかなかったのですが、すれ違う人から何やら視線を感じるのです。「自意識過剰かな?」と思いましたが、1人、2人というわけではなく、振り返ると何人かと目が合って、なんだかみんな気まずそうな表情……。

そんな光景を不思議に思いながらも、荷物を預ける前にトイレを済まそうと化粧室へ。そこで私はやっと、みんなが私を見ていた理由に気がつきました。なんと、生理が始まっており、ナプキンをつけていなかったために下着はおろか、ワンピースにまで経血が漏れて染み渡っていたのです。

不幸中の幸い?

経血がついたワンピースを眺めて、私は血の気がさーっと引いていくのを感じました。

「そりゃみんな、私のこと見ていたわけだ……」。

普段なら慌ててしまったかと思いますが、なぜかそのときの私は妙に冷静で、淡々とスーツケースから下着と着替え、生理用品を取り出し、そのまま着替えて生理用品を着けることに。スーツケースを持ち歩いていたおかげで、無事に危機を脱することができたのです。

その後、私は予定通りの飛行機に搭乗できました。最初は急いでいたこともありスーツケースを持ち歩く煩わしさも感じていましたが、こんなにスーツケースを持ち歩いていたことに感謝するなんて……。

ただ、「時間に追われていなかったら、生理が始まっていたことにもう少し早く気づけたかもしれない……」という後悔があります。とはいえ、今でも私は朝が苦手で、相変わらず出発はぎりぎりでマイペースに生きています。

変わったことといえば、この一件がきっかけで生理予定日が近づいてきたら、明るい色の服を避けて黒色のボトムスを選ぶようになりました。万が一のとき、恥ずかしい思いをもう二度としないために……そんな思いを常に抱いています。

著者/杉野 ひまわり
イラスト/たこ
監修/助産師 松田玲子

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

ベビーカレンダー編集部/ムーンカレンダー編集室

元記事で読む
の記事をもっとみる