1. トップ
  2. 恋愛
  3. 【要注意!】それ「愛情」ではなく「執着」かも!?恋の危険サイン3つ

【要注意!】それ「愛情」ではなく「執着」かも!?恋の危険サイン3つ

  • 2024.2.29
  • 4662 views

恋人とのつきあいで「私たち、本当に愛し合っているの?」と疑問を抱いたことがありませんか? 最初はお互いに愛し合っていて楽しかったけど、最近になってイライラしたり、不満を覚えることが増えたという場合、注意が必要です。 今回は、そんな「別れの兆候がある危険なカップル」の特徴について紹介します。

互いに疑ってしまうとき

恋人と別の時間をすごしているとき「彼は浮気をしているんじゃないか?」と思うことはありませんか? または、あなたが彼に真実を話しているにもかかわらず、まったく信じてもらえず、冷たくされることはありませんか? 恋人と良好な関係を築き、共にすごす時間が増えるごとに信頼は高まるものです。 ですが、相手を疑い始めたり、相手に冷たくされたりするようなら、それは「愛し合っていない」のかもしれません。 人と人との関係は、信頼を築くことが大前提です。

束縛と干渉が増える

大切な人への愛情は「自分の見える範囲にいてほしい」「相手のすべてを把握したい」と思う気持ちに変わることもあります。 ですが、それが行動に表れた場合、束縛や干渉につながります。 そのような干渉、束縛は相手への信頼を欠いている証拠です。 それが「愛ゆえ」の行動であることを理解できますが、本当に相手を尊重している証拠にはならないのです。 あなたが本当に相手を愛すなら、相手を信頼し、相手の自由を認めましょう。 もしそうでないなら、それはただ相手を「自分の所有物」にしたいだけなのかもしれません。

相手に会いたいと感じない

どんなに忙しくても、愛する人には会いたいと思うものです。 ですが、恋人と「会いたい」と思わないとき、別れの前触れかもしれません。 このような気持ちは、一時的なマンネリによるものかもしれませんが、それでも自身の感情を見つめなおしてみてはいかがでしょうか?

虚しさを感じたら、その関係を見直すとき

「愛」を感じられない関係を続ける意味はあるのでしょうか? 苦しみや虚しさだけが残るなら、勇気を持ってその関係を見直すことで、新たな幸せが見つかるかもしれません。 自分の気持ち、彼の気持ち、それぞれ向き合って考えてみてください。 (Grapps編集部)

元記事で読む
の記事をもっとみる