1. トップ
  2. 恋愛
  3. 不倫相手との子を出産しました… 夫を騙して再び不倫に走った女性の「最悪のあやまち」【後編】

不倫相手との子を出産しました… 夫を騙して再び不倫に走った女性の「最悪のあやまち」【後編】

  • 2024.2.28
  • 6505 views

沙月さん(仮名・29歳)の高校時代からの友人である尚美さん(仮名)は、昔から人間関係のトラブルを起こしがちなタイプだったそう。尚美さんは結婚し、落ち着くかと思いきや不倫に走ります。さらには不倫相手との子どもと思われる赤ちゃんを妊娠。相手に認知してもらえなかった尚美さんは、夫の子どもと偽って出産を迎えたといいます。その後、どんな結末に向かっていったのでしょうか…。

不倫相手との子どもと思われる赤ちゃんを出産

「尚美が出産して、彼女の家庭がどうなっていくのか心配でした。不倫相手とはこの一件で関係が切れていたようですが、もし夫側が子どもと血縁関係がないと分かったらどうなるのかと…。
しかし、幸い子どもは尚美似。成長していくほどによく似てきました。私もたまに顔を見に家に行きましたが、尚美の夫も子どもにデレデレ。とても可愛がっていました。ただ、裏の事情を知っている私にとってはやや複雑な気分でした」

友人が二度目の不倫

「尚美の子どもが3歳になると、保育園に通い始めました。すると尚美が、“そろそろパートでも始めようかな”と言い始めたんです。ある休日、“面接を受けに行くから子どもを預かって欲しい”と言ってきました。尚美の子どもは一応私に懐いてはいてくれるものの、まだ小さいので心配でしたが、“2~3時間で戻ってくる”というので預かることにしたんです。
そして尚美が戻ってきたところで、“お腹すいてるでしょう?”と聞くと、“食べてきたから大丈夫”と言います。面接を受けていたはずなのにおかしいな…と思いました。よくよく聞くと、“男性と会っていた”と告白。なんと尚美は、また別の男性と不倫を始めていたんです」

とうとう夫に不倫がバレて…

「それから、何度か子どもを預かる機会がありました。本人は、“パートをしている”と言うものの、不倫相手と会っているのは明らかでしたね。
しかし、そんな生活は長く続きませんでした。突然、“不倫がバレた”と尚美から連絡がきたのです。夫に行動を怪しまれ、LINEでのやり取りを見られてしまったそう。夫は激怒し、“離婚する”と言っているとのこと。もともと夫婦関係は壊れていたも同然だったため、尚美としても、離婚は受け入れるつもりでいたようです。
ただ、ここでひとつ大きな問題が…。夫側が、親権が欲しいと主張してきたのです」

親権の行方

「もとを正せば、子どもはかつての不倫相手の子である可能性が高いわけです。もし夫が親権を取ったとして、将来、子どもが自分と血縁関係がないと分かったらどうなるのか…。夫も子どもも不幸になるのは確実でしょう。さらに、その責任は尚美にあり、どんな状況に追い込まれるのか、想像して恐怖をおぼえました。
そのため、なんとか尚美が親権を取れるように、私も努力しました。とりあえず不利になる要素を排除するため、経済面を整えようと、一緒に就職先を探すことに。知り合いの会社を紹介し、事務職として採用が決定しました。最終的に尚美は子どもを引き取ることができ、無事に離婚となりました。
今のところは平穏な生活を送っていますが、尚美のおかした罪は重いです。そして、傍にいながら黙って見ていた私も、その罪は深く、背負っていかなければいけないのだと思っています」

“不倫相手の子を出産した友人を持つ女性の告白”をご紹介しました。
友人の不貞行為を認識していながら、傍観していたことに反省と後悔を抱いている、と語ってくれた沙月さん。仲が良い人のあやまちこそ、勇気をもって正さなければならない場面もあるのでしょう。
©kapinon/Adobe Stock ©ponta1414/Adobe Stock

文・塚田牧夫

元記事で読む
の記事をもっとみる