1. トップ
  2. レシピ
  3. 【神奈川県藤沢市】地域で自分らしく生きることについて考える交流会「トマトとピザと藤沢の話」開催!

【神奈川県藤沢市】地域で自分らしく生きることについて考える交流会「トマトとピザと藤沢の話」開催!

  • 2024.2.28
  • 97 views

藤沢市民活動推進機構は、3月6日(水)に、藤沢市市民活動支援施設交流機会提供事業として、「トマトとピザと藤沢の話」を開催する。

地域で自分らしく生きることについて考えてみる

「トマトとピザと藤沢の話」は、藤沢産のトマトを育てているゲストから話を聞き、ゲストと参加者とが一緒に地域で活動すること、自分らしい生き方について考える交流会。

今回の交流会は、「社会や地域に貢献したいという意欲はあっても、どうしたらよいかわからない」「地域と繋がりがないなどの理由から、一歩を踏み出せていない」という人々に、ゲストの話を聞くことによって、参加者自身が自分の生き方や地域との関わり方を前向きに考える機会にしてもらいたいとの思いから開催される。

ゲストの佐藤智哉氏について

ゲストの佐藤智哉氏は、湘南佐藤農園代表、「畑のキッチン」オーナーシェフ、藤沢市認定農業者として活動している。

全国の農家の平均年齢が67歳と言われる中、湘南佐藤農園は30~40代のメンバーが活躍しているのが特徴だ。全員サラリーマンを経験してから農業をしているので、柔軟な発想で既存の農業と先進の農業を融合させた形を模索しながら、日々農業をしているという。

また、小田急江ノ島線の善行駅から歩いて13分という恵まれた立地を最大限に活かした、都市近郊型農業を実践。湘南の太陽を浴びながら毎日笑顔で仕事をしている姿は、農業の魅力に溢れている。

さらに事業承継後、新しい形の農業を実践し、売上は事業承継後の7年で8倍にまで成長。2021年にはピザのキッチンカー「畑のキッチン」をオープン。2022年6月に、小田急江ノ島線善行駅前に店舗をオープンした。

今後さらに新しい事にチャレンジしていく中で、「一緒に農業がしたい!」という熱い想いの人がいれば、仲間に迎え入れていく予定だという。

イベント概要

開催時間は19:00~20:30。会場は、藤沢市市民活動推進センターのフロア。参加費は無料で、定員は30名となっている。

参加の申込などの詳しい情報は、詳細ページで確認を。

藤沢市民活動推進機構について

藤沢市民活動推進機構は「NPOを支援するNPO」。まちの活性化のために、NPOや行政、企業など他セクターとの連携をとりながら、より効果の高い公益事業を展開する団体の支援と関連事業をしている。

自分の生き方や地域との関わり方について考える交流会「トマトとピザと藤沢の話」に、参加してみては。

■藤沢市市民活動推進センター 住所:神奈川県藤沢市藤沢1031 アーバンセンター藤沢 2F

詳細ページ:https://fujisawa-npo.jp/11735

(yukari)

元記事で読む
の記事をもっとみる