1. トップ
  2. レシピ
  3. 【流山おおたかの森】2023年11月オープンの「鮨NOBU(ノブ)」で本格江戸前と和食を堪能

【流山おおたかの森】2023年11月オープンの「鮨NOBU(ノブ)」で本格江戸前と和食を堪能

  • 2024.2.28
  • 5571 views
出典:リビングかしわWeb

昨年11月、流山おおたかの森駅から徒歩3分にオープンした「鮨NOBU」。本格江戸前と和食をうたうお鮨屋さんで、ランチタイムに会食を楽しんできました。

鮨職人の技を感じるぜいたくランチ

出典:リビングかしわWeb

三段重

今回注文したのは要予約の「NOBUのお昼ごはん」。三段重・豆腐料理・メイン・船場汁・デザートというコースです。

まず、デーンと三段重が来てびっくり。一段目は新タマネギのすり流しともずく寒天寄せ。二段目はケールのグリーンサラダ。自家製のドレッシングが効いていました。

三段目はおばんざい5種。玉子焼き・ホタルイカの酢味噌かけ・アサリと昆布の佃煮・ブリの南蛮漬け・セリとタコのナムルの品々に、鮨職人の丁寧な仕事ぶりが感じられました。

出典:リビングかしわWeb

手作りあったか豆腐(写真は4人分)

コンロに乗った銀色の鍋は「出し豆腐」。カツオ節をたっぷりかけていただきます。

「握り」や「ちらし」数種から選べるメイン

出典:リビングかしわWeb

おまかせ握り3,608円(コース料金)

メインは握り3種、ちらし4種から選びます。上の写真はおまかせ握り。赤酢が使われた酢飯は、やや赤みを帯びています。酸味がきつくないので、鮨ネタのうまみが生きるようです。

出典:リビングかしわWeb

海鮮上ちらし3,388円(コース料金)

海鮮上ちらしは具がたっぷり。自家製の海苔の佃煮が添えられていました。

握りとちらし、どちらにも付いた船場汁は薄味ながら、ふんだんに入った野菜の滋味が感じられます。

出典:リビングかしわWeb

わらび餅と抹茶

デザートの手作りわらび餅はほんのり温かかったです。

木の温もりの店内にカウンター・テーブル席・個室

出典:リビングかしわWeb

今回利用した掘ごたつの個室

予約が要らないランチメニューもちらしと握り、それぞれ各種あるようです。例えば海鮮ちらし1,408円、おまかせ握り1,958円など、全て「季節のすり流しともずく寒天寄せ」「船場汁」「デザート」付きとのこと。

出典:リビングかしわWeb

テーブル席

店内にはカウンター席はもちろん、さまざまなタイプのテーブル席、個室3室などがありました。ゆっくりおいしいお鮨が食べられる、オススメのお店です。

元記事で読む
の記事をもっとみる