1. トップ
  2. エンタメ
  3. 「スーパースターは別格だ!」大谷翔平の“衝撃ホームラン”に韓国も感嘆「“7億ドルの男”が…」

「スーパースターは別格だ!」大谷翔平の“衝撃ホームラン”に韓国も感嘆「“7億ドルの男”が…」

  • 2024.2.28
  • 12195 views

やはりスーパースターは別格だった。“7億ドルの男”大谷翔平(29)が、ロサンゼルス・ドジャースの一員として臨んだオープン戦デビュー戦で本塁打を放った。

ドジャースは2月28日(日本時間)、米アリゾナ州グレンデールのキャメルバック・ランチでシカゴ・ホワイトソックスとのオープン戦を行った。チームとしてはオープン戦5試合目で、大谷は同日が初のオープン戦出場だった。

大谷はキャンプ期間、ライブBPを通じてコンディションを調節してきた。

そして今回、自身初のオープン戦では5回まで3打席に入り、3打数1安打、1本塁打、2打点、1三振、1併殺打を記録した。試合はドジャースが9-6で勝利した。

3打席目で快音…高まる韓国開幕戦への期待

「2番・指名打者」で先発出場した大谷は、1回一死で迎えた初打席でホワイトソックスの先発投手ギャレット・クロシェ(24)を相手にした。

初球はボール、2球目は空振りでストライクとし、3球目はファウル。そして、1ボール2ストライクで迎えた4球目で161kmのストレートを見逃し、三振で最初の打席を終えた。

次に、3回無死一、三塁のチャンスで2打席目に立った大谷だが、ホワイトソックス3番手ジャスティン・アンダーソン(31)が初球に投じたスライダーを打ち返すも二塁方向に飛び、併殺打で打ち取られた。

そして、1-4で迎えた5回の3打席目では5番手ドミニク・レオン(32)と対戦。フルカウントから6球目、153kmのストレートを逃さず捉え、左スタンドへ飛び込む2ラン本塁打を放った。大谷の一発で、ドジャースはホワイトソックスに3-4と1点差に迫った。

3度打席に立った大谷は同回限りで交代。ドジャースは7回にクリス・オーキー(29)の適時打、ライアン・ウォード(26)の1点二塁打で5-5の同点に追いつき、8回にドリュー・アヴァンス(27)の犠打で逆転。オーキーもダメ押しの3ラン本塁打を放ち、逆転勝利に成功した。

大谷翔平
(写真提供=OSEN)大谷翔平

大谷はメジャーリーグで“二刀流”として活躍し、新しい歴史を書き下ろした。昨年まで打者として通算716試合に出場し、打率0.274、46本塁打、100打点、OPS 0.965、投手として86試合(481.2回)に登板して38勝19敗、防御率3.01を記録した。

2018年にア・リーグ新人王に輝き、華々しいメジャーデビューを飾った大谷は、2021年に打者として155試合出場、打率0.257、46本塁打、100打点、OPS 0.965、投手として23試合(130.1回)に登板、9勝2敗、防御率3.18を記録し、満場一致でア・リーグMVPを受賞した。

2022年にはア・リーグ本塁打新記録(62本塁打)を達成したアーロン・ジャッジ(31、ニューヨーク・ヤンキース)に押され、MVP投票で2位を記録。ただ、2023年には打者として135試合出場、打率0.304、44本塁打、95打点、OPS 1.066、投手として23試合に登板して10勝5敗、防御率3.14を記録し、2度目の満場一致MVPを受賞した。

満場一致でのMVPを2度も受賞したのは大谷がメジャー史上初めてだ。

2023年シーズンを終えてFAとなった大谷は、ドジャースと10年7億ドル(日本円=約1051億5247万円)の超大型契約を締結し、球界を驚かせた。マイク・トラウト(32、ロサンゼルス・エンゼルス)の12年4億2650万ドル(約632億391万円)の延長契約はもちろん、サッカーアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(36、インテル・マイアミ)がバルセロナ時代に結んだ6億7400万ドル(約1010億3630万円)契約をも上回るプロスポーツ史上最大の契約となった。

大谷は今年から2034年までドジャースでプレーする。彼はドジャースの年俸負担を減らすため、毎年200万ドル(約3億66万円)のみを受け取り、残りの金額は契約終了後に後払いとする契約を提案した。

その後、ドジャースは山本由伸(25)を12年3億2500万ドル(約489億895万円)の契約で獲得した。契約期間、金額ともにメジャー投手史上最高記録だった。

昨年9月に右肘の手術を受けた大谷は、今季は打者のみに専念する計画だ。

リハビリを無事に終えた大谷は、来月に韓国ソウルの高尺(コチョク)スカイドームで行われるサンディエゴ・パドレスとのMLB開幕2連戦への出場を準備している。

キャンプの打撃練習から多くの本塁打を放っている大谷は、オープン戦のデビュー戦でも驚異的な一発を放ち、チームメイトから祝福を受けた。

なお、大谷や山本らが来韓する「MLBワールドツアー・ソウルシリーズ2024」では、ドジャース対パドレスによるMLBレギュラーシーズン開幕戦のほか、LGツインズやキウム・ヒーローズ、若手主体の韓国代表「チーム・コリア」との練習試合も行われる予定だ。

(記事提供=OSEN)

元記事で読む
の記事をもっとみる