1. トップ
  2. 恋愛
  3. 夫「朝ごはんはいらない」妻「用意する前に言って!」→夫のあきれた理由に激怒した妻は【体験談】

夫「朝ごはんはいらない」妻「用意する前に言って!」→夫のあきれた理由に激怒した妻は【体験談】

  • 2024.2.28
  • 10443 views

ある日、夫の朝ごはんを用意したのに「いらない」と言われたことがありました。体調が悪かったり時間がなかったりという理由があると思っていたのですが、夫の理由を聞いてあぜんとしました。朝ごはんを用意した私の気持ちや労力を考えもしないことに腹が立つとともに悲しかったです。私の作るごはんに文句を言う夫との食生活で私の気持ちの変化について紹介します。

妻が作るごはんに文句ばかりを言う夫

結婚当初から夫は私が作るごはんに対してあまりよく思っていませんでした。たしかに結婚当初は今を思うと、包丁使いなどは少し危ないようなところはありました。しかし、料理は好きだったため、結婚前から実家で簡単なごはんを作っていました。そのため、まったくの初心者ほどではなかったと思います。それでも、かぼちゃなど硬い野菜を切るときは「怖い」と夫から言われていました。

調理だけでなくでき上がった料理に対してもおいしいと言ってくれず、味が薄いとかチャーハンがパラパラしてないなど文句ばかり言います。おいしいと言ってくれたことは結婚して20年のうち2回ほどで、そのときも子どもたちに「珍しくおいしいから、食べてごらん」と言いながらでしたので、うれしくはありませんでした。

ただ、リクエストしてくる料理もあったので、おいしいと思ってもおいしいと言わないものもあったのかもしれません。また、夫は義母が料理が得意ではなく、あまり家庭料理になじみがないまま育ったため、外食が好きで、私の味付けが外食とは異なるので嫌なのかもしれません。

朝ごはんを見た夫がごはんをいらないと言った理由

外食や中食が当たり前だった義実家でしたので、私は節約のためにもなるべく家でごはんを食べることを夫に話していました。夫も了承していたのですが、ある日の朝のごはんで私は夫に少し怒りを感じてしまったことがあります。

それは、朝ごはんにパンと卵、コーヒーを用意したのですが、朝食を見るなり夫が「朝ごはんはいらない」と言うのです。たしかに夫は朝は食欲がないので少量しか食べません。しかし、「調子悪い?」と私が尋ねると、夫からの返答は「朝マックが食べたい」とありました。

私が用意したものと変わらないと思いつつ、理由が体調面ではなかったので、ふつふつと頭に血がのぼるのを自分でも感じました。夫には「朝マック食べたいときは、用意する前に言ってほしい」とだけ伝えて、もくもくと朝食を済ませたことを覚えています。

夫の朝食をしっかり用意することをやめた

朝ごはんがいらないという件から、夫の朝食が残っても困るのでコーヒーとパンのように残っても困らないものを用意することに。

夫が食べたいと言ったときだけ、卵やウインナーを焼くことにしました。それを見て夫も体調が悪いときには食べなかったり残していたりすることもあり、私も頑張らなくてもいいと気持ちに余裕ができました。

朝マックを食べたいからと、用意していたものをいらないと言うことに対しては腹が立ちましたが、ずっと毎日同じものを食べることも苦痛かもしれません。

夫の朝マック食べたいという声については、私だってたまには朝マック食べたいと思ったことも事実です。マンネリ化しないように工夫することや、強制しないことも大切だなと気付いた体験です。

まとめ

いつものように家族の朝食を用意したときに、夫からいらないと言われて腹が立ちましたが、毎日同じようなものも飽きてしまうと気付きました。

毎日同じようなごはんで飽きたということは、なかなか言えないと思いますが、いきなりいらないと言われるよりかは、タイミングを見計らって伝えてくれればよかったのにと思います。

夫がもっと意見を言いやすい状況や環境にしていき、不満は早めに解決していくことがお互いのためかもしれないと考えています。

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

マンガ/さくら

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!


著者:Y.N.

ベビーカレンダー/ウーマンカレンダー編集室

元記事で読む
の記事をもっとみる