1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 「ちょっとお母さん…!」転んだ息子を家で手当てして2日後に受診→診断結果を聞いて後悔の嵐に…!

「ちょっとお母さん…!」転んだ息子を家で手当てして2日後に受診→診断結果を聞いて後悔の嵐に…!

  • 2024.2.28
  • 19528 views

息子が小学1年生のころの話です。息子は体操教室に通っており、毎週金曜日は帰りの早い夫にお迎えをお願いしていました。その日も体操教室に迎えに行ってくれた夫。帰宅途中2人でふざけていたそうで、息子は夫の脚に引っかかって転び、大泣きしながら帰ってきました。そこで家で手当てをしたのですが、これがとんでもない結果を招くことになってしまったのです――。

後悔先に立たず

大泣きしている息子の膝の傷を確かめると、皮膚がめくれていてとても痛そうでした。傷部分が土や砂で汚れていたのでどうにか洗おうと試みましたが、激しく泣き叫ぶのでその場では断念しました。

今思えば、これが良くなかったのでしょう。

翌日「キズパワーパッド」を買って貼ってみたものの、息子は痛みを訴え続けるばかり。そのまま2日ほど様子を見ていると、息子が「痛い」と言う回数も少なくなってきました。

しかし、木曜になって再び「痛い痛い」と言い始めた息子。

病院で「キズパワーパッド」を剥がすと、傷が真っ白でどろどろの状態に。傷から感染症が起こっていたようで、診察室でお医者さんに「なんでもっと早く来なかったの!」と怒られました。

お医者さんによると、ちゃんと洗わないまま「キズパワーパッド」を貼ってしまったことが、傷の悪化の原因だそうです。あとから確認したのですが、「キズパワーパッド」の使用方法にも同様のことが記載されていました。

たとえ子どもが泣き叫んでも、心を鬼にしてしっかり傷口を洗うべきだった、と今でも後悔しています。今後は、正しい怪我の処置方法をしっかり学ぼうと思います。そしてそれでも対応後に「何かおかしい」と感じたら、すぐに病院へ連れて行こうと心に誓いました。

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

イラスト/はたこ

監修/助産師 松田玲子


著者:田山河子

ベビーカレンダー編集部

元記事で読む
の記事をもっとみる