1. トップ
  2. 恋愛
  3. 高級寿司屋で『20万円』分を勝手に注文したママ友!?「ごちそうさまでした(笑)」⇒しかしその後“1本の連絡”に…「へ?」

高級寿司屋で『20万円』分を勝手に注文したママ友!?「ごちそうさまでした(笑)」⇒しかしその後“1本の連絡”に…「へ?」

  • 2024.2.27
  • 9896 views

今回は、物語をクイズ形式で紹介します! クイズの解答を考えてみてくださいね。

義実家は高級寿司屋

主人公の義実家は地域密着型の高級寿司屋です。 それに目をつけたママ友が主人公に割引サービスをねだってきました。 当然主人公は断りますが…。 後日、ママ友は10人のママ友と一緒に20万円分の飲食をして、主人公のおごりだと嘘をつき支払いをせずに帰ったのです。 主人公が咎めても、地域密着型なのを理由に「客商売は評判が大事」と言うママ友。 そして「ごちそうさまでした(笑)」と笑って支払いを拒否します。 無銭飲食を許せない主人公がある反撃にでると、ママ友は焦って連絡をしてきました。

焦るママ友

出典:Youtube「Lineドラマ」

焦るママ友に、平然と「あら?」と答える主人公。 主人公がした反撃が、ママ友にきいているようです。

ここでクイズ

義実家の寿司屋で無銭飲食をしたママ友。 主人公がした反撃とは? ヒント! 世間は狭いようです。

反撃は

出典:Youtube「Lineドラマ」

正解は…

正解は「ママ友の夫の同級生だった義兄にすべてを話した」でした。 義実家でママ友の無銭飲食について相談した主人公。 すると義兄とママ友の夫が中学校の同級生だったことが判明します。 義兄はその場でママ友の夫に電話を入れ、ママ友がしたことを伝えました。 夫が義兄と知り合いだと知らなかったママ友はそれを聞いて「へ?」と驚き…。 夫に無銭飲食のことを伝えたことに激怒し、主人公に逆ギレしてきたママ友。 「あんなお店つぶしてやるんだから!」と騒ぎ、主人公を脅して謝罪を求めます。 しかし、主人公の一言でママ友は手のひらを返すのでした。 ※本文中の画像は投稿主様より掲載許諾をいただいています。 ※作者名含む記事内の情報は、記事作成時点でのものになります。 ※こちらのお話は体験談をもとに作成しています。 (Grapps編集部)

元記事で読む
の記事をもっとみる