1. トップ
  2. 恋愛
  3. “フェース向き”を変えるだけ!OBをすぐに防ぐコツを解説

“フェース向き”を変えるだけ!OBをすぐに防ぐコツを解説

  • 2024.2.27
  • 91 views

ラウンドの日が近いのに、ドライバーの調子が悪くて方向性が安定していないときは、フェースの向きでアジャストする応急処置をオススメします。

フェースの向きだけ変えて打つ

“フェース向き”を変えるだけ!OBをすぐに防ぐコツを解説
スライスが出るならかぶせる
“フェース向き”を変えるだけ!OBをすぐに防ぐコツを解説
フックが出るなら開く

ボールが狙いよりも左に行くならフェースを開いて、右に行くならフェースを閉じて構え、そのままスイングして最終的には狙ったところに飛ぶフェースの向きを見つけます。

まずはフェースを極端に「開く」「閉じる」からはじめて、いま出ている球と反対に曲がる球を打ちましょう。そこから少しずつスクエアに戻していき、ちょうどいい弾道が出るフェース向きを覚えておくのです。

ポイントは、手元の位置もグリップもスイングも変えずに、フェースの向きだけを変えてクラブを握ること。そもそも不調であることを受け入れて、いい球を打とうとか飛ばそうとしない謙虚な気持ちを忘れないでください。

いかがでしたか? ドライバーのフェースの向きを意識して練習してみましょう。

レッスン=柳橋章徳

●やぎはし・あきのり/1985年生まれ、茨城県出身。2023年6月より稲見萌寧とコーチ契約を結び、1年3カ月ぶりの復活優勝に貢献したツアープロコーチ。自身のYouTubeチャンネル「BREAKTHROUGHGOLF」でも上達できる斬新な情報を発信中。

構成=鈴木康介
写真=田中宏幸
協力=取手国際ゴルフ倶楽部

元記事で読む
の記事をもっとみる