1. トップ
  2. 恋愛
  3. 『150万円のお振込みをお願いいたします』突然届いた”慰謝料請求”に違和感。会って話を聞いた結果…

『150万円のお振込みをお願いいたします』突然届いた”慰謝料請求”に違和感。会って話を聞いた結果…

  • 2024.2.27
  • 4047 views

皆さんは、信じられないトラブルに巻き込まれた経験はありますか? 今回は「空き巣の犯人から慰謝料請求された結果」にまつわる物語とその感想を紹介します。 イラスト:エトラちゃんは見た!

弟の部屋に空き巣が入り…

ある日、主人公が管理しているアパートに空き巣が入ります。 空き巣が入った部屋は弟の部屋で、主人公は驚愕。 しかし犯人は何も盗まず、なんと部屋でケガをして救急搬送されました。 それから数日後、主人公のもとに「150万円のお振込みをお願いいたします」と弁護士から慰謝料請求の連絡がきます。 依頼主は空き巣に入った犯人で、ケガを負った慰謝料を請求すると言い出したのです。 直接会って話をすると、高圧的で中身のない会話に違和感を覚えた主人公。 その状況に呆れた弟は、弁護士である自分の名刺を差し出し…。

名刺を求めるも…

出典:エトラちゃんは見た!

相手の弁護士の名刺を求めたのです。 しかし弁護士は名刺もなければ、弁護士バッジも持っておらず…。 弁護士が偽者だと知って、呆れる主人公なのでした。

読者の感想

自分が空き巣に入ってケガをしたにもかかわらず、慰謝料請求をするなんて非常識な犯人に呆れてしまいます。 家主の弟が本物の弁護士だったなんて、スカッとしました。 (30代/女性)
弟が弁護士で、偽者の弁護士を見抜けてよかったですね。 空き巣に入っておいて慰謝料を請求するなんて、とんでもない発想だなと呆れました。 (20代/女性)

※本文中の画像は投稿主様より掲載許諾をいただいています。 ※作者名含む記事内の情報は、記事作成時点でのものになります。 ※実際に募集した感想をもとに記事化しています。 ※こちらのお話は体験談をもとに作成しています。 (Grapps編集部)

元記事で読む
の記事をもっとみる