1. トップ
  2. ファッション
  3. 《ワークマン》大バズ決定の神ママバッグ!「凄い良い!」高機能に驚きの声続出です~

《ワークマン》大バズ決定の神ママバッグ!「凄い良い!」高機能に驚きの声続出です~

  • 2024.2.26
  • 40063 views

先日行われた2024年ワークマン春夏新製品発表会で、ママさんにおすすめの新作リュックが登場しました!

機能性とスタイリッシュさが融合したアイテムで、アウトドアから街中まで幅広いシーンで活躍してくれること間違いありません。

そこで今回は、様々な機能やスタイルに注目しながら、ワークマン新作リュックの魅力を紐解いていきましょう♪

ママさんに嬉しい多機能がつまったリュック

忙しい子育ての日常に嬉しい多機能がつまった、撥水マルチユースマザーズリュックが登場しました!撥水加工も施された、上品な光沢生地で高級感たっぷり。急な雨にも安心して持ち歩けます。

外ポケットや内ポケットもとにかく充実していて、赤ちゃん拭きシートや哺乳瓶、子供の着替えやオムツなど、子育て中の必需品をしっかり収納できますよ♪

軽量で赤ちゃんの抱っこ紐と一緒に使える設計になっているのが嬉しいポイント◎外ポケットはスクエア型でサイズ感も大きく、マチ幅もあります。

サイドにはボトルポケットがあり、水筒やペットボトルが収納可能。そのボトルポケットには、小さな穴があって、タオルハンカチを入れるといつでも使うことができますよ。

また、内側のボトルポケットには保冷素材がプラスされており、真夏でも冷たいドリンクも楽しめる仕様に。背中にあるファスナーから荷物を取り出せるストラップも備わっているため荷物の出し入れもスムーズ!

カラーは、ブラック、ベージュ、カーキのどんなコーディネートにも馴染む3色で展開。シンプルでスポーティーさを抑えたデザインになっているので、普段きれいめなコーデが好きな方にもおすすめ◎

大容量でありながらとにかく軽いので、長時間の外出やお出かけでも快適に使用できます。子育てに忙しいママさんにとっては、頼れる相棒となることでしょう♪

■撥水マルチユースマザーズリュック 3,900円(税込)

お仕事にもアウトドアにも最適なリュック

あれこれまとまるマザーズ&ファザーズリュックⅡは、お客様の声にリクエストして復活したアイテムとのこと!多忙な日常を送るママさんはもちろん、パパさんの出勤や出張にもおすすめの神リュックです。

男女兼用に使えるように、ということでカラーはネイビー、ブラック、ベージュの3色展開。このリュックのベージュカラーは、撥水マルチユースマザーズリュックのものより黄色みが強い色味になってます。

外ポケットが濡れにくいPVCポケットになっているため、急な雨にも安心して使用可能!また、開口部が広く荷物が入れやすい設計。

開閉はマジックテープ仕様なので、必要な時にサッと取り出しやすいのが嬉しい♡

リュックの裏側は、蒸れにくいエンボス加工が施されており、長時間の使用でも快適な着用感を実現しています。暑い季節でもムレにくく快適に使えそう!

左に見えるファスナー付きのポケットは、荷物の取り出しがスムーズに行える単独ポケット。長財布も入るくらいのサイズ感だそう。

リュックの両サイドには、もちろんボトルポケット付き!さらに、ボトルポケットの上には移動できるストラップが付いています。ここには、折りたたみ傘や子供の抱っこ紐を付けてもいいかも♪

リュックの中身を見てみましょう。開き口は大きく開けられるのが好ポイント◎中はポケットがとっても充実していますね。まさに、マルチユースに最適です。

内ポケットは2段階になっていて、サイドにはボトルポケットもあります。内ポケットのマチがあるタイプなので、消毒シートなど幅があるアイテムの収納にぴったり!

荷物が潰れないように、ぶら下がりポケットやメッシュ素材のポケットも搭載。これにより、大切な荷物や文書類をシワやダメージから守ることができます。

日常はもちろん、オフィスやアウトドアなどあらゆるシーンで活躍するでしょう♪

■あれこれまとまるマザーズ&ファザーズリュックⅡ 3,900円(税込)

いかがでしょうか?今回は、2024年ワークマン春夏新製品発表会で見つけた、春夏新作のリュックを紹介しました!

今季は、ワークマンの新作リュックが旅行やアウトドア、日常のスタイリングにおいて、欠かせない存在となることでしょう。

機能性とスタイリッシュさが融合したこのリュックは、持ち物の収納力や使い勝手の良さだけでなく、ファッションのアクセントとしても優れた一品です。

因みに発表会では来場者さんがかなりこのバッグの周りに集まり、大注目の的でした♪

※掲載商品は取材時点のものであり、お取り扱いがない場合があります。

元記事で読む
の記事をもっとみる