1. トップ
  2. 恋愛
  3. アプローチの“ザックリ予防”に!ミスが出にくい構え方とは…?

アプローチの“ザックリ予防”に!ミスが出にくい構え方とは…?

  • 2024.2.26
  • 82 views

アプローチが苦手でザックリが多いことが悩みの人は、ザックリしくい打ち方を練習しておきましょう。

ポイントは、ウエッジのソールのトゥ寄りを接地させること。

ソールが滑りやすい打ち方を練習する

ザックリする人は、腰を落としすぎたりハンドダウンな構えになっていているケースがほとんど。その結果、ソールのヒール寄りが地面に当たるスイングになっています。こうなるとバンスが使えずに刺さりやすくなります。

かなりボールの近くに立ってハンドアップにし、少しヒールを浮かせるように構えます。そして、胸の真ん中を中心に振り子のようにスイングすれば、自然とバンスも使えてザックリはしません。

ボール位置はスタンスの真ん中。ハンドファーストにする必要も打ち込む必要もありません。ソールが少しボールの手前に落ちるくらいの感覚でOKです。

ボールに近づいてクラブを吊って構える

アプローチの“ザックリ予防”に!ミスが出にくい構え方とは…?
ボールが真ん中です

ボールに近づいて立ってハンドアップにする。クラブを吊るように持ち、少しヒールが浮くように構えよう

ハンドダウン・ハンドファーストがミスの元凶

ハンドダウンや、ボールを右に置いて強いハンドファーストになる構えは、バンスが使えずザックリしやすい

スイングの支点はみぞおち

みぞおちあたりに支点をイメージ。そこを中心とした振り子のようなスムーズで左右対称になるスイングを心がける

いかがでしたか? アプローチに悩んでいる人は参考にしてみてください。

レッスン=柳橋章徳

●やぎはし・あきのり/1985年生まれ、茨城県出身。2023年6月より稲見萌寧とコーチ契約を結び、1年3カ月ぶりの復活優勝に貢献したツアープロコーチ。自身のYouTubeチャンネル「BREAKTHROUGHGOLF」でも上達できる斬新な情報を発信中。

構成=鈴木康介
写真=田中宏幸
協力=取手国際ゴルフ倶楽部

元記事で読む
の記事をもっとみる